特集 PR

しのさきあさこと矢追純一の「オカルトから始まる人生指南書」

しのさきあさこと矢追純一の「オカルトから始まる人生指南書」

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:三野新

楽しく、何も考えずに暮らすのがベストだと思っていて。だから「死」をテーマにした曲であっても、「楽しい」というのは絶対に伝えたかったんです。(しのさき)

―話は変わるんですけど、もともと宇宙人のバンド名の由来ってなんなんですか?

しのさき:最初はスペースキー3つで「   」にしたかったけど、ライブが決まったときにバンド名が必要ですよと言われて。その当時自分の中で身近な言葉が「宇宙人」だったので、適当にポンとつけただけなんです。

矢追:すごく印象的な名前ですよね。そんなバンド見たことない。

―しのさきさんがイメージする宇宙人って?

しのさき:ただ言葉が気になっていただけで、宇宙人について考えたことはないかも。でも、昆虫は宇宙人なんじゃないかと思いますね。蚊はどこかの惑星から来た、血を運ぶロボットなんじゃないかとか。あと、ミツバチはわからないことだらけらしいので、あいつは宇宙人だと思うんです。

矢追:確かに、昆虫は宇宙から来てるかもしれないね。海の中に原型がないような気がするし、何から進化したのかわからない。どこから来たんだろうね?

―矢追さんは、どうして宇宙を扱うようになったんですか?

矢追:最初は『11PM』というバラエティー番組を担当していたときに、テーマは勝手に選んでいいから何か作れって言われたんですよ。じゃあ、みんなに空を見せてあげようと思って、その道具としてUFOを使ったの。

―空を見せたい?

矢追:みんな下ばっかり見てるから。それじゃ金は拾えるかもしれないけど、気が滅入るじゃないですか。それで、本屋で空飛ぶ円盤の本を見つけて、これにしようと。その頃はUFOって言葉も一般的じゃなかったけど、「宇宙人が来てるかもしれないから、これを見ましょうよ」っていう番組を作ったのが最初。コンセプトは今でも同じです。みんなもっと空を見て、くだらないことにくよくよするのはやめようってことです。

―視聴者に空を見せるために、UFOをモチーフにした?

矢追:UFOがいようといまいと、あんまり人生に影響ないからね。それよりも、東京でも上を見れば空が広がってるから、少しでも気が晴れたらいいねって。そうすれば、その人の抱えている問題が、ちょっとは解消するかもしれないじゃん。

左から:矢追純一、しのさきあさこ

―そうだったんですね。矢追さんのUFOで空を見るという話と、『じじい』の「天国も含めて、今を一番楽しもうよ」という話と、ちょっと共通するものがありますね。

しのさき:私は、楽しく、何も考えずに暮らすのがベストだと思っていて。だから、曲を作るときに「楽しい」っていう部分は絶対に伝えたかったので、「死は怖くない」「今を楽しく生きよう」っていうのを詰め込みたかったんです。

矢追:そのコンセプトは素晴らしいですね。だいたいみんな、「未来には何かいいことが起こるはず」って考えて、今我慢したり苦労してることが多いと思うけど、それじゃいいことは起こらないからね。だって、未来っていうのは今の積み重ねなわけだから。今が楽しくなければ、未来が楽しくなるはずないでしょう? そのことに気づいたらもっと楽になると思いますよ。

しのさき:本当にそうだと思います。

左から:矢追純一、しのさきあさこ

―その姿勢がお二人には共通しているんですね。他に、聞いておきたいことはありますか?

矢追:いや、別にないかな。ただね、いい曲だね。魂もこもってるし、これは売れるよ。

しのさき:やったー。

―矢追さんのお墨付きが出ましたね。

しのさき:いただきました。今日はありがとうございました!

Page 4
前へ

イベント情報

宇宙人『じじい』発売記念イベント

2014年4月26日(土) OPEN 13:00 / 15:00(2回)
会場:神奈川県 アリオ橋本

『Beat Happening!SHIBUYA GREATEST MAX!』

2014年4月29日(火・祝) OPEN 17:30 / START 18:00
会場:東京都 渋谷LUSH
出演:
宇宙人
イツエ
the peggies
惑星アブノーマル
料金:前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

番組情報

『ライブB♪』
TBS「ライブB♪」

リリース情報

宇宙人<br>
『じじい』(CD)
宇宙人
『じじい』(CD)

2014年4月23日(水)発売
価格:1,234円(税込)
KICM-1496

1. じじい -導かれし宇宙-
2. じじい -おわりのはじまり-
3. じじい -そして伝説へ-
4. じじい -導かれし宇宙-(off vocal ver.)
5. じじい -おわりのはじまり-(off vocal ver.)
6. じじい -そして伝説へ-(off vocal ver.)

プロフィール

宇宙人(うちゅうじん)

しのさき あさこ(Vo)、こまつ けんた(Gt)、にいや ひでひろ(Ba)、わだ まこと(Dr)の4人のメンバーによるポップバンド。2008年に結成。2010年に「FUJI ROCK FESTIVAL'10」のROKIE A GO GOステージに出演。2012年5月、mini AL「慟哭」でキングレコード / スターチャイルドレコードよりメジャーデビューを果たし、同年11月には2nd mini AL「珊瑚」をリリース。不思議な世界観と中毒性の高いポップセンスで、じわじわと人気を拡大している。2013年5月には1st SINGLE、アニメ「惡の華」オープニングテーマ(宇宙人ver.)「惡の華」をリリース。2014年4月に2ndSINGLE「じじいい」をリリース。

矢追純一(やおい じゅんいち)

7月17日(ノアの箱舟がトルコのアララト山に漂着した日、つまり人類の始まりの日)生まれ。かに座。中央大学法学部法律学科卒業。同年4月日本テレビ放送網(株)入社。日本テレビ時代は「11PM」「木曜スペシャル」などを担当し、UFO及び超能力番組のディレクターとして活躍する。日本テレビ退職。 矢追純一オフィス主宰、(有)スペース・ラブ取締役。現在、地球環境問題、UFO問題を中心に、フリーのディレクター、 プロデューサーとして、テレビ、ビデオやラジオの番組制作、 及び出演で活躍中。さらに、著述、講演、レクチャー、そして取材などで世界中を奔走。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆