特集 PR

20世紀の芸術を変えたバレエ・リュスを、桜沢エリカが語る

20世紀の芸術を変えたバレエ・リュスを、桜沢エリカが語る

インタビュー・テキスト
萩原雄太
インタビュー撮影:永峰拓也

20世紀初頭に産声をあげ、現代のパフォーマンスアート界のみならず、絵画や音楽、ファッションなどあらゆる芸術運動に影響を与えているというバレエ団「バレエ・リュス」。「ロシアのバレエ団」というそっけない意味の名前に反して、今や、その活動は伝説的に語り継がれています。

プロデューサーであるセルゲイ・ディアギレフを中心に、驚異的な跳躍力を見せた天才ダンサー、ワツラフ・ニジンスキー。さらに美術ではピカソやマティス。デザイナーではココ・シャネル。現代音楽の祖とも言われるエリック・サティやストラヴィンスキーなど、当時最先端の才能とコラボレーションを行ない、総合芸術としてのバレエを築き上げていったバレエ・リュス。

いったい、バレエ・リュスとは何だったのか? その功績を衣裳美術を通して振り返る『魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展』(国立新美術館)の開催と同時期に、奇遇にも漫画『バレエ・リュス』を『FEEL YOUNG』誌で連載開始した漫画家の桜沢エリカさんにお話をうかがいました。

ピカソやマティス、ココ・シャネルまでが参加した「バレエ・リュス」とは何だったのか?

20世紀初頭、1929年に世界恐慌が訪れるまでの30年間は、アートシーンにとって重要な意味を持つ時代でした。キュビスムやダダイスム、シュルレアリスムといった、新しい美術の潮流。さらにドイツではバウハウスが設立され、ロシアでは「ロシア・アヴァンギャルド運動」が勃発。20世紀以降のアートの基礎となる運動が相次いで花開いていったのが、この時代だったのです。

そんな爛熟の時代、芸術を愛する若きロシア人が、芸術の都・パリでとびきり壮大な野望を実現しようとしていました。彼の名前は、セルゲイ・ディアギレフ。バレエカンパニー「バレエ・リュス」のプロデューサーであり、その「バレエ・リュス」の活動は、現代に至るまで影響力を及ぼしていると言われています。フランスを中心に、ヨーロッパやアメリカ大陸で、センセーショナルな注目を集めたバレエ・リュスは、バレエという枠内にとどまらず、さまざまな芸術ジャンルとコラボレーションを実施。当時、フランスでは「低俗なエンターテイメント」と見なされていたバレエを、あらゆる美が有機的に絡まる最先端の「総合芸術」へと昇華することが、彼の目的だったのです。

ジョゼ=マリア・セール ドレス(『女の手管』より)1920-24年 オーストラリア国立美術館
ジョゼ=マリア・セール ドレス(『女の手管』より)1920-24年 オーストラリア国立美術館

一流の才能がジャンルを超えて集結する磁場となったバレエ・リュス

今回、国立新美術館『魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展』の開催と偶然にも同時期に、女性向け漫画誌『FEEL YOUNG』において、漫画『バレエ・リュス』の連載を開始した桜沢エリカさんは、その魅力を、多彩なメンバーたちに見だしているそうです。

桜沢:以前からバレエを観に行くのが好きで、自分で習い始めたりもしていたんです。山岸凉子さんや槇村さとるさんといった大御所の方が描いていたバレエ漫画も大好きで、ずっと描いてみたいと機会を狙っていたんですが、ついに『FEEL YOUNG』の編集長から「バレエ・リュスを題材に描いてみない?」とお話をいただいて、実現することになりました。実際に資料を集めていろいろ調べてみると、バレエ・リュスの周辺にはピカソやマティス、ストラヴィンスキーやエリック・サティなど、さまざまなアーティストが存在していたことがわかりました。バレエ・リュスを描くことで、ディアギレフやニジンスキーといったバレエ団の関係者だけではなく、いつか描きたいと思っていたココ・シャネルのことまでも描けてしまうんです!

桜沢エリカ
桜沢エリカ

たとえば、寺山修司の主宰した劇団「天井桟敷」に横尾忠則や美輪明宏らが出入りしたように、あるいはアンディ・ウォーホルの「ファクトリー」にミック・ジャガーやルー・リード、トルーマン・カポーティなどの面々が出入りしたように、バレエ・リュスには、同時代の一流の才能がジャンルを超えて集結する磁場がありました。当時のヨーロッパを代表する芸術家たちは、まるで吸い寄せられるように一人のロシア人プロデューサーのもとに集っていったのです。

「バレエを観るとアガるんですよね(笑)。ダンサーのストイックに鍛え抜かれた、美しい身体の躍動をじっくりと観ることは、非日常的で貴重な体験だと思います」(桜沢)

ところで「バレエ」と言っても、チケット代が高かったり、今の日本ではなかなか本物を観る機会も少ない芸術の1つと言えるかもしれません。桜沢さんはバレエにどのような魅力を見出しているのかを聞いてみました。

桜沢:バレエダンサーのストイックに鍛え抜かれた、ある意味人間離れした身体の美しさや一挙一動は観ていて本当に感動しますね。そんな美しい身体の躍動をじっくりと観ることができるというのは、非日常的で貴重な体験だと思います。たとえば、バレエを観た後にミュージカルや演劇を観に行くと、演じている人の体つき、容姿……ぜんぜん違うなあと思ってしまうんです。バレエは言葉がないからこそ、身体だけで表現しなければいけない。だから、音楽や物語にも集中できるというのもありますね。

国立新美術館『魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展』展示風景
国立新美術館『魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展』展示風景

じつは数々の漫画作品において、特に身体にはこだわりを持って描き続けてきたという桜沢さん。バレエ鑑賞はそういった部分のクリエイティビティーにも影響を及ぼしているそうです。

桜沢:結婚するくらいまでは、漫画で一番力を入れて描いていたのは裸のシーンだったんです。身体の線を描くのが大好きだったんですね。結婚して子どもが生まれてからは、あまり裸のシーンを描くことがなくなったのですが、でもバレエを観るとアガるんですよね(笑)。だから今回の漫画『バレエ・リュス』でも、中性的な魅力が特徴であるニジンスキーをより筋肉質に描いてみたり、いろいろ工夫をこらしています。

Page 1
次へ

イベント情報

『魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展』

2014年6月18日(水)~9月1日(月)
会場:東京都 六本木 国立新美術館 企画展示室1E
時間:10:00~18:00(金曜と8月16日、23日、30日は20:00閉館、入場は閉館の30分前まで)
休館日:毎週火曜(ただし8月12日は開館)
料金:
当日 一般1,500円 大学生1,200円 高校生600円
団体 一般1,300円 大学生1,000円 高校生400円
※中学生以下および障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
※7月25日、7月26日、7月27日は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
※団体券は国立新美術館でのみ販売(団体料金の適用は20名以上)

講演会
『ディアギレフ——美を追い続けた男』

2014年7月6日(日)14:00~15:30
会場:東京都 六本木 国立新美術館 3階講堂
講師:鈴木晶(舞踊評論家、法政大学教授、早稲田大学大学院客員教授)
定員:250名(先着順)
料金:無料(要展覧会入場券)

講演会
『バレエ・リュスの功績』

2014年7月13日(日)14:00~15:30
会場:東京都 六本木 国立新美術館 3階講堂
講師:薄井憲二(公益社団法人日本バレエ協会会長)
定員:250名(先着順)
料金:無料(要展覧会入場券)

上映会
『バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び』

2014年8月16日(土)10:30、13:00、15:30
会場:東京都 六本木 国立新美術館 3階講堂
定員:250名(先着順、各上映回の入れ替えなし、整理券配布なし)
料金:無料(要展覧会入場券)
※字幕あり

解説会
2014年7月11日(金)、8月15日(金)18:30~19:00
会場:東京都 六本木 国立新美術館 3階講堂
講師:本展担当研究員
定員:250名(先着順)
料金:無料(要展覧会入場券)

書籍情報

『my dear life 素晴らしきかな女人生』
『my dear life 素晴らしきかな女人生』

2014年5月8日(木)発売
著者:桜沢エリカ
価格:864円(税込)
発行:祥伝社

プロフィール

桜沢エリカ(さくらざわ えりか)

10代でデビューして以来、コミック誌やファッション誌、WEBなど多方面で活躍。女性の心情をリアルに描写した漫画やイラストを多く手掛けるほか、そのファッションセンスも注目を集める。1991~93年、名作『メイキン・ハッピィ』(祥伝社コミック文庫)で人気が不動に。常にその時々のオシャレでカワイイものや場所に敏感で、軽やかで洗練された画風もその魅力を最大限に生かしている。粋なストーリー漫画を描く一方で『シッポがともだち』(集英社YOU漫画文庫)のようなエッセイ漫画にも定評があり、自身の出産体験は『贅沢なお産』(新潮文庫)、『今日もお天気』シリーズ(祥伝社)に詳しい。趣味は健康道追求、バレエ鑑賞、お買い物。最新刊は、これまでにハマったモノや経験を紹介した『my dear life 素晴らしきかな女人生』(祥伝社刊)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. 5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化 1

    5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化

  2. 福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開 2

    福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開

  3. 荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場 3

    荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場

  4. 石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告 4

    石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告

  5. 稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM 5

    稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM

  6. 生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも 6

    生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも

  7. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 7

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  8. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 8

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  9. 松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開 9

    松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開

  10. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 10

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ