特集 PR

「人生200歳まで」 京(DIR EN GREY)×千原せいじ対談

「人生200歳まで」 京(DIR EN GREY)×千原せいじ対談

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:豊島望
2014/06/29
  • 0
  • 6146

自分がやりたいことに対して何かいい結果を出そうとすると、ちょっと躊躇したりするやんか? そういうことはまったく考えへんねん。(せいじ)

―こうしてお話をうかがっていると、せいじさんはまわりの人に情を動かされて、それが自分の行動に結びついている方なんだなと思いました。

せいじ:うん。で、それが何でかっていうと、俺は自分から何にも生み出せないからね。それこそ、京くんは音楽が作れるやん? あるいは、京くんならここで紙を渡されたら、すぐに何かしらの絵を描けるんだと思うけど、俺は何もできないんよ。ましてや、なんでもいいから描いてと言われたら、ホンマに何もできへん。「これを描いてくれ」と言われたら、まだなんとかできるかもしれんけど。

―お笑いは?

せいじ:お笑いなんて、千原兄弟のネタはぜんぶ(千原)ジュニアが作ってるからね。

:でも、コンビ組むことになったのはせいじさんが誘ったからなんですよね? つまりそれは、ジュニアさんが何かを生み出せる人だとせいじさんが見据えていたってことですか?

せいじ:そうそう。そういう勘はすごい働くんや。だから、モノを作れる人はすげえなってずっと思ってる。

―じゃあ、そんなせいじさんにDIR EN GREYやsukekiyoの音楽はどう響いているんですか?


せいじ:京くんとはもう関係性が近いからなぁ。京くんの歌は、やっぱり京くんの歌という感じやね。

―せいじさんは京さんの人柄や性格をよく知っているわけですからね。

せいじ:そうそう。そっちを先に知ってたからね。でも、たとえば子どものときにテレビで見ていたアグレッシブな西川のりおさんが、実際に会うと、めっちゃ声ちっちゃかったり、そういうことってあるやん?

:え! めっちゃ声でかいイメージなんですけど。

せいじ:ぜんっぜん!

:それ、ショック(笑)。

せいじ:でも、そういうことってホンマによくあるからね。そういう意味で京くんの歌にショックを受けたってことはまったくないね。それに、京くんは自分とまったくタイプが違ってて、スイッチを完全に入れ替える人やろ? そこが自分とはまったく違っておもろいんよ。

左から:京、千原せいじ

―そのスイッチという見方だと、確かにお二人は真逆のような……。

せいじ:うん。俺スイッチあらへんもん。

:(笑)。僕は意識して分けてるつもりもないですけど、普段からライブみたいな感じだったら、ただの気狂いですからね。

せいじ:たしかにライブみたいに上半身裸で出てこられたら、敵わんもんな。

―(笑)。テレビに出る人だと、カメラが回るとスイッチが入るっていう話もよく聞きますけど。

せいじ:そう言われると、俺はカメラが回っているときに少し抑えているくらいやな。今のこの場も、けっこう気は使ってるんやで? だって、俺がふつうに喋り出したら、猛烈に下品やからな。

―(笑)。

せいじ:基本的に俺はやりたいことをやるってだけやし。それに、俺は思いついたらやるまでがめっちゃ早いから、立ち止まって考えたりせえへんのよ。たとえば自分がやりたいことに対して何かいい結果を出そうとすると、ちょっと躊躇したりするやんか? そういうことはまったく考えへんねん。

―その感覚は京さんとも近い感じがしますね。

:そうですね。僕もやりたいからやるだけだし、そのときの瞬発力は高いと思う。今はまたやりたいことがたくさん出てきちゃってるから、これからそれをまたカタチにしていくだけなんですけど、とにかく今は時間がなくて。僕は「これがひとつ終わったら、次はこれ」みたいにはできないんですよね。それぞれが散漫になっちゃうというか。

せいじ:ホンマ、それは整理してやってかなきゃあかんで。俺もやりたいことありすぎるからなぁ。たとえばそのアフリカに行く番組で行った国の中に、仕事抜きでもう1回行かなあかんと思ってる国がいっぱいあるのよ。そこにぜんぶ行くだけでも、けっこうかかるやろ? もう、間違いなく時間が足りないわ! お互い、200歳くらいまで生きなきゃ、辻褄合わへんな。

Page 4
前へ

イベント情報

DIR EN GREY
『TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE”?-』

2014年8月5日(火)
会場:東京都 新木場STUDIO COAST

2014年8月6日(水)
会場:東京都 新木場STUDIO COAST

2014年8月13日(水)
会場:福岡県 Zepp Fukuoka

2014年8月15日(金)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2014年8月16日(土)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2014年8月20日(水)
会場:大阪府 なんばHatch

2014年8月21日(木)
会場:大阪府 なんばHatch

2014年8月24日(日)
会場:北海道 Zepp Sapporo

2014年8月27日(水)
会場:東京都 Zepp Tokyo

2014年8月28日(木)
会場:東京都 Zepp Tokyo

2014年8月30日(土)
会場:東京都 新木場STUDIO COAST

『sukekiyo 二〇一四年公演「雨上がりの優詩」』

2014年9月13日(土)
会場:ロシア モスクワ TEATR CLUB

2014年9月15日(月)
会場:フィンランド ヘルシンキ Nosturi

2014年9月17日(水)
会場:フランス パリ Divan du Monde

2014年9月18日(木)
会場:イギリス ロンドンO2 Academy Islington

2014年9月20日(土)
会場:ドイツ ベルリン C-Club

2014年9月21日(日)
会場:ドイツ ボーフム Zeche Bochum

千原せいじ番組情報
『世界の村で発見!こんなところに日本人』

毎週金曜日21:00から朝日放送で放送
出演:
千原ジュニア
千原せいじ
森泉
大野拓朗

リリース情報

DIR EN GREY<br>
LIVE Blu-ray & DVD『DUM SPIRO SPERO AT NIPPON BUDOKAN』初回生産限定盤(Blu-ray)
DIR EN GREY
LIVE Blu-ray & DVD『DUM SPIRO SPERO AT NIPPON BUDOKAN』初回生産限定盤(Blu-ray)

2014年7月16日(水)発売
価格:11,880円(税込)
SFXD-0008~10

DIR EN GREY<br>
LIVE Blu-ray & DVD『DUM SPIRO SPERO AT NIPPON BUDOKAN』初回生産限定盤(DVD)
DIR EN GREY
LIVE Blu-ray & DVD『DUM SPIRO SPERO AT NIPPON BUDOKAN』初回生産限定盤(DVD)

2014年7月16日(水)発売
価格:10,800円(税込)
SFBD-0052~55

sukekiyo<br>
『IMMORTALIS』初回生産限定盤(2CD)
sukekiyo
『IMMORTALIS』初回生産限定盤(2CD)

2014年4月30日(水)発売
価格:4,104円(税込)
SFCD-0133~34

[DISC1]
1. elisabeth addict
2. destrudo
3. latour
4. nine melted fiction
5. zephyr
6. hidden one
7. aftermath
8. 烏有の空
9. the daemon's cutlery
10. scars like velvet
11. mama
12. vandal
13. hemimetabolism
14. 鵠
15. 斑人間
16. in all weathers
[DISC2]
1. aftermath Collaboration with キリト(Angelo)
2. 鵠 Remixed by PABLO(P.T.P)
3. zephyr Remixed by TK(凛として時雨)
4. in all weathers Remixed by Devilslug
5. nine melted fiction Remixed by 石井 秀仁(cali≠gari, GOATBED)
6. hemimetabolism Remixed by SUGIZO(LUNA SEA, X JAPAN)
7. scars like velvet Remixed by 室姫 深
8. the daemon’s cutlery Remixed by 人時
9. hidden one Remixed by HISASHI(GLAY)
10. mama Remixed by 橘 尭葉 / 妖精帝國
11. aftermath Remixed by acid android

sukekiyo<br>
『IMMORTALIS』通常盤(CD)
sukekiyo
『IMMORTALIS』通常盤(CD)

2014年4月30日(水)発売
価格:3,456円(税込)
SFCD-0135

1. elisabeth addict
2. destrudo
3. latour
4. nine melted fiction
5. zephyr
6. hidden one
7. aftermath
8. 烏有の空
9. the daemon's cutlery
10. scars like velvet
11. mama
12. vandal
13. hemimetabolism
14. 鵠
15. 斑人間
16. in all weathers

プロフィール

京(きょう)

京都府出身。1997年に結成された5人組ロックバンド、DIR EN GREYのヴォーカリストとして、すべての楽曲の作詩を手がけている。1999年のメジャーデビュー以来、アルバム、シングルの全作品がオリコンTOP10入りを果たしている。そのカテゴライズ不能なサウンド、圧倒的なライヴパフォーマンスは国内外で高く評価され、欧米でも作品のリリース、ツアーを行ない世界中で熱狂的なファンを獲得している。京はソロとしても詩集、写真集、絵、イラストを発表し、2013年末より新たなバンド、sukekiyoを始動させるなど、活動の幅を広げている。

千原せいじ(ちはら せいじ)

1970年京都府生まれ。1989年にお笑いコンビ「千原兄弟」を結成。ツッコミ担当。レギュラー番組にテレビ朝日系『こんなところに日本人』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)