特集 PR

インストバンドに人間性は必要か? フェスを賑わすjizueが語る

インストバンドに人間性は必要か? フェスを賑わすjizueが語る

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人
2014/08/05

ただ依頼して、データ上でやり取りするだけじゃなくて、jizueの人間性まで知った上で歌詞を書いてもらったので、それがちゃんと出てると思います。(粉川)

―“真黒”にはShing02さんが参加されていて、今年の上半期は一緒にツアーも回られていましたが、もともと粉川さんがShing02さんの大ファンで、アプローチしていたところからつながっていったそうですね。今回の曲自体はどうやって作ったのでしょうか?

片木:Shing02さんが「今までにやったことのないものがやりたい」って言ってくれはったんです。「バンドでしか出せへんものが欲しい」って言われて、スタジオのラフ録りをいろいろ送って、「これでいこう」って言ってくれはったものを、固めて行った感じです。

―リリックの内容に関しては、どの程度話をしたんですか?

片木:年明けに九州ツアーを一緒に回らせてもらったんですけど、イメージとして、「縁とかつながり、タイミング、重なり合っていくこととか、そういうことを言葉にしたい」って、ざっくりイメージを伝えたら、「シンクロニシティ(=シンクロ / 真黒)」」という言葉が出てきたんです。

―jizueとShing02さんは、どこが一番シンクロしたんだと思いますか?

粉川:jizueの音楽をShing02さんが気に入ってくれたので、まず音楽でつながれたと思うんですね。それから一緒にツアーをして、打ち上げして、温泉も一緒に入って、お互いの人間性を知って、よりつながれたと思うんです。ただ依頼して、データ上でやり取りするだけじゃなくて、jizueの人間性まで知った上で歌詞を書いてもらったので、それがちゃんと出てると思います。

―ただ曲にラップを乗せるだけのコラボレーションではなく、ちゃんとお互いが尊敬と信頼を深めた上での、本気のコラボレーションだったということですよね。『shiori』っていうタイトルは、Shing02さんがSuburban(DJ FENCERとSOONYによるプロデュースユニット。2007年にShing02とのコラボ曲を発表し注目を浴びた)とやった曲“栞”ともかかってるんじゃないですか?

粉川:それもありますね。いろいろつながってます、今回(笑)。

―ちなみに、Shing02さんといえば、楽曲の中に社会性やメッセージ性を強く含んでいる方ですよね。もちろん、表現の仕方は人それぞれだと思いますが、jizueとしてはそういった部分をどのように考えていらっしゃいますか?

粉川:僕はそういうの大好きで、レベルミュージック(社会や権力に抵抗する音楽)ばっかり聴いてます(笑)。Shing02さんと一緒にやりたかったのは、その意味も強いです。この曲で、奇跡のシンクロを引き起こすのは、お金や権力じゃないって表現してもらえたかなと。ただ、そこはあんまり普段からはバンドとリンクさせ過ぎない方がいいと思ってて、それが全面に出てしまうと、足かせになってしまう部分もあるのかなって。

片木:バランスやな。エンターテイメント性、ショー的な要素、見て楽しいっていうのと、メッセージ性、社会性、どっちかに傾倒し過ぎてもよくないし、そのバランスを四人で取り合ってる感じはします。ただ、言葉をあえて使わないバンドだからこそ、Shing02さんのような、あれだけ自分の考えや思想を持ってる人に自分たちの言葉を代弁してもらえたっていうのは、すごくよかったなって思います。

井上:僕ももともとShing02さん好きですし、一緒にやれるなんて夢にも思ってなかったんで、それだけでもまさにシンクロだと、奇跡的だと思いましたね。でもそれは粉川がメンバーじゃなかったからきっとなかった話で、そう考えると、僕ら四人が出会えたことがまず一番のシンクロなわけで、逆にjizueに対してすごく運命を感じたりもしました。

片木:バンドが続くのって、実はすごいことですよね。もうすぐ8年目が始まるんですけど、周りのいいバンドが解散したり休止したりもしてる中、当たり前のように続いてきて、「もう8年?」って感じなので、改めて今回感慨深いところはありました。

左から:片木希依、粉川心、井上典政、山田剛

音楽って、やっぱり人じゃないですか? 嫌いな人がどれだけ素晴らしい音楽をやってても、心には響かないだろうし、好きな四人が出す音を一緒にまとめるっていう、これ以上の秘訣はないと思います。(山田)

―同郷でレーベルメイトでもあるNabowaが今年結成10周年じゃないですか? 先日取材をさせていただいて、バンドが続く秘訣を訊いたら、「一人ひとりが完璧じゃなくて、上手いこと補い合えてるから」っていうことを言ってらっしゃったんですね。これをjizueに置き換えると、バンドが続いてきた秘訣というのは、どこにあるとお考えですか?

粉川:僕たちは補い合ってるという感じはあまりなくて、尊敬し合ってるところでつながってる方が大きい気がしますね。

山田:みんな言うこと一緒だと思うんですけど、人が好きっていうのが大前提で、そこしかないですね。音楽って、やっぱり人じゃないですか? 嫌いな人がどれだけ素晴らしい音楽をやってても、心には響かないだろうし、好きな四人が出す音を一緒にまとめるっていう、これ以上の秘訣はないと思います。

井上:僕は毎回言ってますけど、ずっとこのメンバーで音楽したいなって思ってて、このメンバーといると、私生活でも音楽面でも、毎回面白いことが起きるんですよ。それが楽しくて、その繰り返しで今までずっとやってきたのかなって思うんです。この四人でおったら、自分の人生が楽しいって、じいちゃんになってもそう思ってたいですね。

片木:音楽とか好きなことに対してかけてる努力とか熱量はホント尊敬してて、かなわへんなって思いますね。男子三人は言葉にしない部分がめっちゃあるんですけど、言葉にして確認し合わなくても、行動で見せるというか、当たり前のこととしてやってるレベルがめっちゃ高いので、そこはずっと変わってないし、すごいなって思います。

左から:山田剛、井上典政、片木希依、粉川心

―男性陣は小学校からの幼馴染で、もうホントに長い付き合いでしょうからね。

井上:ですね……もう31歳ですしね(笑)。

片木:昔は朝まで飲んで熱い話とかしてたけどなあ(笑)。

山田:今はもうそういう話するの恥ずかしいですね。(井上と)二人でチャリ漕いでても、一切しゃべらへんもんな。

片木:老夫婦みたい(笑)。

―しゃべらなくても自然でいられるっていうのは、いい関係の証拠ですからね(笑)。

片木:あとはやっぱり一緒にいて面白いからですね。今回初めて1か月オフがあったんですよ。8年間ずっと週2でスタジオ入ってたんですけど、アルバムのマスタリングが終わって、「1回休もうか」ってなって、1か月スタジオ入らんかったら……毎日がめっちゃ面白くなかったんですよ(笑)。

―(笑)。

片木:自分の人生の大きな軸になってるんだなってことを改めて思ったので、これからも面白いことが続けばいいなって、すごく思いますね。

Page 3
前へ

イベント情報

『jizue new album 「shiori」 release tour』

2014年8月24日(日)
会場:京都府 METRO

2014年8月30日(土)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2014年9月4日(木)
会場:神奈川県 横浜 GrassRoots

2014年9月5日(金)
会場:東京都 タワーレコード渋谷店

『GOOUT CAMP』
2014年9月6日(土)
会場:京都府 スチール®の森

2014年9月7日(日)
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店

2014年9月12日(金)
会場:大阪府 チェルシーマーケット

『りんご音楽祭』
2014年9月13日(土)14日(日)
会場:長野県 アルプス公園

2014年9月15日(月・祝)
会場:鳥取県 米子Hasta Latina

2014年9月19日(金)
会場:愛知県 名古屋 UPSET

2014年9月20日(土)
会場:京都府 タワーレコード京都店

『ZETTAI-MU 19TH Anniversary 2014』
2014年9月20日(土)
会場:京都府 METRO

2014年9月27日(土)
会場:静岡県 Freakyshow

2014年10月3日(金)
会場:東京都 渋谷 WWW

2014年10月5日(日)
会場:富山県 New Port

2014年10月8日(水)
会場:兵庫県 神戸 cafe Fish!

2014年10月13日(月・祝)
会場:長野県 伊那 GRAMHOUSE

『ボロフェスタ2014』
2014年10月26日(日)
会場:京都府 KBSホール

2014年11月8日(土)
会場:愛知県 豊橋 grand space Quark

2014年11月16日(日)
会場:和歌山県 FAVORITE TRUNK

2014年11月22日(土)
会場:大阪府 CONPASS

リリース情報

jizue<br>
『shiori』(CD)
jizue
『shiori』(CD)

2014年8月6日(水)発売
価格:2,500円(税込)
DQC-1329

1. intro
2. bullet bull
3. photograph feat. 中嶋イッキュウ
4. shiori
5. rainy days and mondays
6. march of monkey
7. 真黒 feat. Shing02
8. fauve
9. wind
10. blessing

プロフィール

jizue(じずー)

2006年、井上典政、山田剛、粉川心を中心に結成、翌年より片木希依が加入。 ロックやハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンド で、地元京都を中心に人気を高め、『FUJI ROCKFESTIVAL 2012』、『GREENROOMFESTIVAL’14』といった大型フェスにも出演するなど、全国各地でその圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。これまでに『Bookshelf』、『novel』、『journal』の3枚のフルアルバムを発表し、そのどれもがロングセラーを記録。2014年5月に行ったカナダツアーも各地で大成功をおさめ、8月6日には4枚目となるフルアルバム『shiori』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」