特集 PR

根に持つ男の所信表明 浜野謙太(在日ファンク)×角張渉対談

根に持つ男の所信表明 浜野謙太(在日ファンク)×角張渉対談

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:豊島望

ハマケン率いる在日ファンクがいよいよメジャーに進出する。インストゥルメンタルバンドSAKEROCKのトロンボーン奏者であり、近年は俳優としても活躍の場を広げるハマケンこと浜野謙太がリーダーを務めるこのバンドは、ジェイムス・ブラウンのスタイルを受け継いだパフォーマンス、そして時事ネタなどを織り交ぜたシャレの効いた歌詞がウケまくり、今や大型フェスにも引っ張りだこ状態。彼らの活動を追ってきた方からすれば、まさに機が熟したうえでのメジャーデビューといった感じだろう。一方で当の本人たちに満ち足りた様子はなく、ニューアルバム『笑うな』でも彼らの反復するファンクネスはさらに研ぎ澄まされている。在日ファンクがお茶の間を賑わせる日もいよいよ近い。そんな期待が大いに膨らむ痛快なメジャーデビュー作だ。

さて、今回はそのアルバム『笑うな』のリリースを記念して、意外とありそうでなかった組み合わせの対談が実現した。1人はもちろん、在日ファンクの浜野。そしてその相手はSAKEROCKが所属するレーベル・カクバリズムの主宰者、角張渉。両者の対話は在日ファンクおよび浜野謙太の歩みを振り返るところからはじまり、終盤では「もしカクバリズムなら在日ファンクをどうする?」という興味深い話題にも発展した。さあ、ここからは旧知の仲を越えてもはや兄弟のような二人の会話をお楽しみください!

今振り返ると、在日ファンクで売れたいという思いが昔からあったんだろうなと思うんです。(浜野)

―今日はまず、角張さんが在日ファンクというバンドをどういう距離感で見てきたのかを知りたくて。

角張:もともとハマケンは、SAKEROCKのライブの中でも押し語り(サンプラーを使ったソロパフォーマンスのこと)をやってたし、その頃からすでに(ファンの間で名曲とされている)“ダンボール肉まん”とかを歌ってたんですよ。僕がよく覚えているのは、2007年頃にハマケンの誕生日イベントを大阪・梅田のシャングリラで企画したら、そのチケットがなぜか即座に売り切れたってこと(笑)。で、そのライブにハマケンは当時まだメンバーが流動的だった在日ファンクとして出演して、それがものすごくかっこ良かったんですよね。多分僕が在日ファンクを観たのは、そのときが初めてだったんじゃないかな。

右:角張渉
右:角張渉

浜野:そうですね。その頃から角張さんはライブにちょこちょこ来てくれるようになって。

角張:まず、在日ファンクはメンバーがいいんですよ。なんか初期のYOUR SONG IS GOODに近いというか、みんな働きながらバンドをやってたんだけど、生活と音楽活動のバランスがどうも不器用(笑)。それでもバンドがちゃんと一体になってる感じがすごく良くて、陰ながら「ハマケン、けっこう熱心にやってるな」と思ってましたね。

―2010年に在日ファンクはファーストアルバム『在日ファンク』を出すわけですが、浜野さんの中には当時から「メジャーデビュー」というビジョンはあったんですか?

浜野:あったと思います。そういえば昔、SAKEROCKのリハーサル中に角張さんに対して、「ねえ、どっかのレーベル紹介してよ。エイベックスとかつながりないの?」って言ったことがあるんですよね……(笑)。あとになってSAKEROCKのメンバーから「あれは角張さんに対して失礼すぎる!」と怒られちゃって。

角張:僕はたまにいろんな人からそんな感じで聞かれるけどね(笑)。

浜野:角張さんとの距離を近く感じ過ぎて、そんなふうに言っちゃったんだと思うんですけど(苦笑)。でも、その発言を今になって振り返ると、在日ファンクで売れたいという思いが当時からあったんだろうなとも思うんです。

在日ファンク
在日ファンク

角張:あの頃SAKEROCKは精力的に活動していたし、計画的にスケジュールを組んでいたからね。在日ファンクをやる時間もあったしね。

浜野:というか、いかんせん、僕だけが暇だったんですよ。SAKEROCKの大地くん(伊藤大地。SAKEROCKのドラム担当)は他のバンドのサポートでがんがん動いているし、星野くん(星野源。SAKEROCKのギター / マリンバ担当)も俳優の仕事で活躍してたし、まわりにいる人はみんな、いつもやたらと忙しそうにしてたんです。だから、SAKEROCKのリハとかレコーディング中って自分だけが暇みたいな感じで、「なんか、すげえムカつく!」って(笑)。角張さんだって、いつも電話ばっかりかけてたじゃん!

角張:そりゃ、電話くらい今でもしょっちゅうかけてるよ(笑)。

浜野:今でも、マネージャーがいろんなところに電話かけてるのを見ると、「なんだよそれ、俺のほうが暇だってことかよ……」って。

角張:それはあなたのために働いてくれてるんでしょ(笑)。

―(笑)。浜野さんは周囲の人たちが自分より忙しそうにしているのが、そんなに気になるんですか?

浜野:気になりますねぇ。「忙しくてマジで死にそう!」みたいな話を聞いてると、なんか自慢しているように聞こえてすごくイヤなんですよ……。

浜野謙太
浜野謙太

―でも、浜野さんだって在日ファンクを始めたことで、明らかに忙しくなったでしょう。

浜野:そうですね。特に今回のアルバムでようやく忙しくなってきた感じはあります。というのも、今回は曲作りで原点回帰を試みたというか、言ってしまえば、SAKEROCKでスキャットをやってた頃のような自由な感覚に戻りたかったんです。アルバムって枚数を重ねるごとにどんどん盛っていって、豪華に見せることはできるんですけど、そうは言ってもセカンドではちょっと背伸びした気がしてて。やっぱり、恐れずに自分と向き合って、素直にいいものを作ろうとすると、おのずとやるべきことは多くなっていくんですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

在日ファンク『笑うな』発売記念ツアー

2014年10月4日(土)
会場:福岡県 BEAT STATION

2014年10月5日(日)
会場:広島県 NAMIKI JUNKTION

2014年10月12日(日)
会場:大阪府 梅田CLUB QUATTRO

2014年10月13日(月祝)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2014年10月18日(土)
会場:香川県 高松 DIME

2014年10月19日(日)
会場:京都府 MUSE

2014年10月25日(土)
会場:長野県 松本 ALECX

2014年10月26日(日)
会場:石川県 金沢 AZ

2014年11月1日(土)
会場:宮城県 仙台 CLUB JUNK BOX

2014年11月2日(日)
会場:新潟県 GOLDEN PIGS REDSTAGE

2014年11月8日(土)
会場:岩手県 盛岡 CLUB CHANGE WAVE

2014年11月9日(日)
会場:秋田県 CLUB SWINDLE

2014年11月14日(金)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE 24

2014年11月16日(日)
会場:東京都 EX THEATER ROPPONGI

リリース情報

在日ファンク<br>
『笑うな』初回限定盤(CD+DVD)
在日ファンク
『笑うな』初回限定盤(CD+DVD)

2014年9月3日(水)発売
価格:3,780円(税込)
COZA-964

[CD]
1. 大イントロ
2. 根にもってます
3. ちっちゃい
4. 脈
5. 不甲斐ない
6. 場
7. パラシュート
8. 恥ずかしい
9. 断固すいません
10. 産むマシーン
11. 笑うな
12. 百年
[DVD]
1. 根にもってます(Short Movie)
2. 根にもってます(Making Movie)
3. 在日ファンク【所信表明】コメント(Long Version)(メンバーによるオーディオコメンタリー付き)

在日ファンク<br>
『笑うな』通常盤(CD)
在日ファンク
『笑うな』通常盤(CD)

2014年9月3日(水)発売
価格:3,024円(税込)
COCP-38724

1. 大イントロ
2. 根にもってます
3. ちっちゃい
4. 脈
5. 不甲斐ない
6. 場
7. パラシュート
8. 恥ずかしい
9. 断固すいません
10. 産むマシーン
11. 笑うな
12. 百年

在日ファンク<br>
『笑うな』アナログ盤
在日ファンク
『笑うな』アナログ盤

2014年9月3日(水)発売
価格:3,456円(税込)
COJA-9280

[SIDE-A]
1. 大イントロ
2. 百年
3. 根にもってます
4. 場
5. 脈
6. 不甲斐ない
[SIDE-B]
1. ちっちゃい
2. 産むマシーン
3. パラシュート
4. 恥ずかしい
5. 断固すいません
6. 笑うな

プロフィール

在日ファンク(ざいにちふぁんく)

SAKEROCKのトロンボーン奏者であるハマケンこと浜野謙太を中心に、2007年に7人組ファンクバンド、「在日ファンク」としてキャリアをスタートさせる。高祖ジェイムズ・ブラウンから流れを汲むファンクを日本に在りながら(在日)再認識しようと、音、思想、外観あらゆる面から試みる。2010年にデビューアルバム『ZAINICHI FUNK』をリリースし、現在までに2枚のフルアルバムと1枚のミニアルバムをリリース。2014年9月『笑うな』で日本コロムビアからメジャーデビュー。

角張渉(かくばり わたる)

カクバリズム主宰。1978年生まれ。YOUR SONG IS GOOD、SAKEROCK、イルリメ、キセル、cero、星野源、二階堂和美などアーティストが多数所属するインディーズレーベル、マネージメント会社の代表。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優