特集 PR

停滞しているもどかしさに光明を 渡會将士の「マンネリ」の壊し方

停滞しているもどかしさに光明を 渡會将士の「マンネリ」の壊し方

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:西田香織
2014/11/11

『Reach to Mars』がドカーンと売れてたら、今回のアルバムは『アルマゲドン』みたいな凱旋ソングになっていたかもしれないんですけどね。まあ、そこは慎ましくやろうと(笑)。

―なるほど。そこでFoZZtoneも火星を目指そうと。

渡會:そうそう(笑)。今回のアイデアにしても、『Reach to Mars』のツアー中、みんなでお酒を呑んでいるときになんとなく出てきたんです。『Reach to Mars』で火星に行ったやつらが、THE BEATLESの“All You Need Is Love”みたいにハッピーな音楽が流れる中で凱旋してくる。そんな感じになったら、ストーリーとしてもすごくいいんじゃないかなと。

―なるほど。でも、これは変な話ですけど、たとえば音楽業界の状況ひとつをとっても芳しいとは言えない中で、「今、地球に戻って来るってどうなんだろう?」とは思いませんでしたか。

渡會:確かにそれはちょっと思いましたね(笑)。でも、僕らはちょっとバカなところがあって、作品を出すときは毎回、ものすごく大きな反応を期待しちゃうんですよ。それこそ『Reach to Mars』をレコーディングしているときなんて、メンバーみんな「すげえ! これは間違いなく売れる!」みたいな感じで、めちゃくちゃはしゃいでたんです。でも、それがいざ世に出ると、まあ、これが順当な初動で(笑)。そこから地道に宣伝していく中で、ゆっくりと作品のことは知ってもらえたんですけど、そういう経緯もあって、今回の『Return to Earth』はちょっとダークな作品になったんです。

―(笑)。実はバンド内の心情も反映されていると。

渡會:もし『Reach to Mars』がドカーンと売れてたら、今回のアルバムは『アルマゲドン』みたいな凱旋ソングになっていたかもしれないし、実際にそういう妄想も膨らませていたんですけどね。まあ、そこは慎ましくやろうと(笑)。「火星から帰ってきた彼らはすっかり疲れ切っていて、すぐにまた地球上で普通の生活が始まった。彼らはそれがおかしいなと思いながらも、なんとか報われようともう一度もがいている」という感じで。

―現実はなかなか思い描いていたようにはいかないと(笑)。でも、そこでなんとか報われようとするところが、僕はすごくいいなと思って。

渡會:それもまた、勇気を与えますよね。あと、本当のことを言うと、これは4部作なんですよ。

―え、この3作以外にもう1作あるということですか。

渡會:はい(笑)。というのも、実は『Reach to Mars』のあと、通販とライブ会場限定でソロ名義のアルバムをリリースしているんです。ちなみにそのアルバムは、『I'm in Mars』というタイトルなんですけど。

渡會将士

―なるほど(笑)。「私は火星にいます」ですか。

渡會:で、その表題曲がわりと寂しげな感じなんですよ。「火星に辿り着いたのはいいんだけど、そこは思い描いていたような場所とはちょっと違っていた。水もないから、ひたすらビールばっかり飲んでいる」みたいな曲で。

―それはおもしろい。でも、なぜその『I'm in Mars』はソロ名義で作ったんですか?

渡會:ソロを作った理由は単純で、バンドとは違う枠組みでやってみたいことが自分の中にたまっていたから、それを一度出してみたかったんです。ただ、こうしてソロ作品を出すことによって、お客さんに「これからはソロでやっていくのかな?」みたいな不安は与えたくなかったので、ここはあえてバンドの作品と連続した内容にしようと。

こちらから全部説明して、「これで完成です」みたいなアートワークは、もう卒業したいんです。それよりも「発見」してもらえるような作りにしたほうが今は誠実だと思っていて。

―なるほど。そこにはファンへの心遣いもあったんですね。FoZZtoneの作品って、アートワークにもそうした配慮が表れていますよね。渡會さんの絵が作品のコンセプトをよりわかりやすく伝えているというか。

渡會:うん。それこそ、ミュージシャンだから知っているようなワードって、たくさんあるじゃないですか。たとえば、『Return to Earth』のレコーディング中に「ケルトっぽいサウンドを入れよう」みたいな話が出て。それって僕らにとってはなんでもない会話なんですけど、作品を手に取ってくれる人からすれば、当然「ケルトって何?」となりますよね。でも、そこで「ケルト音楽っていうのは、つまり……」みたいに文章で説明するのはすごくナンセンスだなと思って。だから、僕はこういうジャケットを通して、そのサウンドのニュアンスを感じてほしいんです。

渡會が描いた『Return to Earth』のジャケット画像(原画)
渡會が描いた『Return to Earth』のジャケット画像(原画)

渡會が描いた『Return to Earth』のアートワーク(原画)
渡會が描いた『Return to Earth』のアートワーク(原画)

―言葉ではなく、視覚的要素を通してサウンドのイメージを伝えようと。

渡會:そう。たとえば、北欧の音楽から感じる寒さや、常に曇っているようなイメージが視覚的にも伝わってきたら、その音楽を裏付ける何かになるだろうと。僕、こちらから全部説明して、「これで完成です」みたいなアートは、もう卒業したいと思ってるんです。それよりはプラモデルみたいな感じで、「素材はすべて用意されています。あとは好きなように組み立ててください」みたいなやり方が、今は一番誠実な気がしていて。今回のアートワークにしても、ジャケットをパラパラめくっていると「あれ? もしかするとこれって……」みたいな仕掛けがたくさんあるんですよ。しかも、その発見は作品の聴き方をちょっと変えるかもしれない。実際、僕もそういう発見から音楽にのめり込んでいったので、できれば自分もそういう作品を提供したいんですよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

『Return to Earth』
FoZZtone
『Return to Earth』

2014年11月12日(水)発売
価格:3,000円(税込)
PECF-3106

1. Return to Earth
2. 溺れる鯨
3. 開きっぱなしの扉か俺は
4. Message from the front
5. Gloria
6. ベルティナの夜
7. 青い炎
8. Anomaly
9. Cry for the moon
10. 風によろしく
11. Fortune kiss

プロフィール

FoZZtone(ふぉずとーん)

渡會将士(Vo&Gt)、竹尾典明(Gt)、菅野信昭(Ba)からなるロックバンド。ジャケットは主にVo.渡會がイラスト・デザインを手がけている。テレビ東京系列アニメ『遊☆戯☆王ZEXALⅡ』エンディング曲のシングル『GO WAY GO WAY』では、原作と渡會のイラストのコラボも実現した。自身のブログ、モバイルサイトで小説も執筆中。音楽をもっと楽しんで欲しいという想いから、「購入者が選曲し曲順を選べる」という業界初の試み「オーダーメイドアルバム企画」を実施し、タワーレコード13店舗との「オーダーメイドアルバム企画」も実現。2013年、「セカイイチとFoZZtone」を結成。『バンドマンは愛を叫ぶ』をリリース。2014年、事務所を移籍し、ミニアルバム『Stomp the Earth』をリリース。11月、三部作の完結編となる『Return to Earth』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」