特集 PR

バレエダンサーの頂点から転身したジョゼ・マルティネズの進化論

バレエダンサーの頂点から転身したジョゼ・マルティネズの進化論

インタビュー・テキスト
浦野芳子
撮影:菱沼勇夫

この秋、元パリ・オペラ座バレエ団エトワール(ダンサーの最高位)のジョゼ・マルティネズ率いる、スペイン国立ダンスカンパニーが、新しい芸術監督・振付家として彼を迎えてから初めての来日公演を行う。と言っても、バレエに詳しい人以外は、それがどれほど凄いことなのか、イマイチピンと来ない人も多いだろう。

そもそも、「ダンサー」と「振付家」というのは、まったく別の仕事と言ってもいいくらい、違う能力を要求されるものだ。自らの身体を鍛え上げ、コントロールする技術を磨くことによって、表現の精度を高めていくダンサーと、(時には複数の)ダンサーの身体を使って、作品全体の構成、演出を決めて表現する振付家。優れたダンサーが、そのまま優れた振付家や芸術監督になれるものではないことは、歴史上で繰り返し証明されてきた残酷な事実だ。

世界屈指のバレエ団でダンサーとしての頂上を極めた彼が、母国スペイン国立ダンスカンパニーの芸術監督として創作に打ち込んだ成果を見ることができる今回の来日公演。今後カンパニーをどのように導いていくのか、それは彼の表現にどのような変化を与えたのか? 来日公演を前にした彼に話を聞いた。

バレエ、ダンスにおいて、テクニックとは「文字」あるいは「言葉」のようなもの。それらを使って豊かな物語をつないでいくのです。

―今回、スペイン国立ダンスカンパニーの芸術監督として、初めての来日公演となるわけですが、あなたは、パリ・オペラ座にエトワールとして在籍していた頃から、振付作品も積極的に発表されていましたよね。

ジョゼ:オペラ座でダンサーとして作品を作っている中で、振付家に対して「なぜこうするのだろう?」「自分ならこうするのに」と感じることがたびたびありました。しかし、ダンサーは振付家には逆らえません。私にとって振付とはまずコンセプトがあり、すべての動きには「なぜこうするのか」という理由があって然るべきものでした。しかし振付家の考え方は様々です。だったら、自分の作品を作ってもいいんじゃないか、と思うようになっていきました。

ジョゼ・マルティネズ
ジョゼ・マルティネズ

―最初は、パリ・オペラ座バレエ学校の生徒たちに振り付けた作品からスタートされたとか。

ジョゼ:ずっと自分で振り付けたいと思いながらも、一歩を踏み出すのはなかなか難しかった。経験がないから、様々な振付家の作品の断片をコラージュしたような、「コピー作品」ができてしまうのでは……、と怖かったんです。

―パリ・オペラ座では、モーリス・ベジャールや、ウィリアム・フォーサイスといった歴代の巨匠はもちろん、ナチョ・ドゥアト、ジョン・ノイマイヤー、マッツ・エックなど現代の巨匠、さらに若手振付家の作品まで上演していますからね。

ジョゼ:ええ、そうなんです。生で偉大なアーティストに触れられる機会がありすぎるから、気が付かないうちに真似になってしまいかねない……。しかし、そんな悩みを、当時フィレンツェのバレエカンパニーの芸術監督をしていたダビデ・ボンバナという人に打ち明けたら、あっさりと「誰だってそうだ。最初の仕事はそういうことを考えずにまずやってみることだ」と言われました。「誰かの影響を強く受けたものしか作れなかったとしても、いつか自分の作品にたどり着きたいのなら、次々と作り出して自分自身で進んでいくしかない」「他人からの評価を恐れるな!」と。

―それで、最初に作った作品が『ミ・ファボリータ』なんですね。

ジョゼ:他人からの評価を恐れない、というのであれば、発想を変えて好きなものを全部入れてしまえ! というわけで(笑)、題名通り(ファボリータ=フェバリット)、それまで自分が好きだった要素を片っ端から詰め込んだ25分の作品を作ったのが2002年、33歳のときでした。今では、オペラ座のレパートリーの1つになっていて、グループ公演なんかでソリストたちが踊っていますよ。

―どんな作品に仕上がったのですか? バリバリのコンテンポラリー作品? それともクラシックバレエ的な作品?

ジョゼ:自分がよく知っているテクニックを使った作品になりました。つまり、クラシックバレエがベースです。だけど、「あっ、この部分はさすがにフォーサイスっぽすぎるかな?」とか、神経質になっていた部分はありましたね。

―影響を受けていたのは、主にどんな振付家たちでしたか?

ジョゼ: マッツ・エック、モーリス・ベジャール、フレデリック・フォーサイス、ルドルフ・ヌレエフ……、そして、ルイ14世! アントルシャやロワイヤル(クラシックバレエのテクニックの1つ)はやはり、彼の発案ですからね。

ジョゼ・マルティネズ

―一番恐れていた、周囲の反応はいかがだったのでしょう?

ジョゼ:高く評価されるなど、予期せぬ反応がたくさんありました。でも、そのときに知ることができたんです。反応、評価というものは、見る人のイマジネーションや感性によっていろいろ変わるのだと。

―評価を気にせず作品作りに向かえるようになりましたか?

ジョゼ:その後も自分の中で、いろいろ実験を重ねながら作品を作っていきました。コミカル、シニカル、様々な小作品をオペラ座のエトワールたちに振り付けました。中には悲劇も。

―昨年もオペラ座で、あなたの振り付けた『天井桟敷の人々』(同名のフランス映画が原作)が上演されましたが、まさに古い映画が色彩をまとって現代に蘇ったかのような印象を受けました。群衆の一人ひとりにまで細かな振付がされていて、それが1つの流れになったときに、美しいリアリズムを生んでいました。振付家ジョゼ・マルティネズの作風は、このような演劇的な作品が中心? それともフォーサイスやバランシンのようにテクニック重視で抽象的なもの?

ジョゼ:どちらも大好きですから、理想は両方のミックスです。バレエ、ダンスにおいて、テクニックとは「文字」あるいは「言葉」のようなもの。それらを使って豊かな物語をつないでいくのです。どちらかに偏るのでなく2つの側面がバランスよく融合することが私の目標です。

Page 1
次へ

イベント情報

『スペイン国立ダンスカンパニー』来日公演

名古屋公演
2014年11月30日(日)15:00~
会場:愛知県 名古屋 愛知県芸術劇場大ホール
演目:
『堕ちた天使』
『ヘルマン・シュメルマン』
『マイナス16』
『天井桟敷の人々』
『Sub』
料金:S席 12,000円 A席 10,000円 B席 7,000円 学生席 5,000円

神奈川公演
2014年12月5日(金)19:00~
2014年12月6日(土)15:00~
会場:神奈川県 日本大通り KAAT神奈川芸術劇場 ホール
演目:
『堕ちた天使』
『ヘルマン・シュメルマン』
『マイナス16』
『天井桟敷の人々』
『Sub』
料金:SS席15,000円 S席12,000円 A席9,000円 B席5,000円 シルバー割引11,500円 U24(24歳以下)6,000円(枚数限定)

プロフィール

ジョゼ・カルロス・マルティネズ

9歳のとき、カルタヘナバレエでバレエを始める。1984年カンヌの国際ロゼリア・ハイトーバーに入学。1987年『ローザンヌ国際バレエ・コンクール』で『スカラシップ賞』を受賞し、パリ・オペラ座バレエ学校に編入。1988年に、ルドルフ・ヌレエフの選択により、パリ・オペラ座バレエ団へ入団。1992年にプリンシパル・ダンサーに昇格、同年『ヴァルナ国際バレエ・コンクール』で金メダルを受賞。1997年5月『ラ・シルフィード』公演後、エトワールに任命される。モーリス・ベジャールやピナ・バウシュ、ウィリアム・フォーサイスらの作品に出演する傍ら、自身の振付作品として『ミ・ファボリータ』『天井桟敷の人々』『マルコポーロ・ラストミッション』などを発表している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化