特集 PR

この才能はどこへ行く? 悩める弱冠20歳・内村イタルが遂に始動

この才能はどこへ行く? 悩める弱冠20歳・内村イタルが遂に始動

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人
2014/11/26

人間は誰しもが理想と現実のギャップに戸惑いながら生きている。そこには常に「こんなはずじゃなかったのに」という後悔や諦念がついて回るが、あとで振り返ってみると、その経験が貴重な財産になっていることも多いし、逆に、第一志望の会社に入社して、理想を叶えたと思いきや、予想していた環境とはまったく違って、結局は「こんなはずじゃなかった」と嘆くことになったりもする。これは10代の学生でも、30代の働き盛りでも、おそらくは50代になろうとも、人生には常に付きまとう問題なのだろう。そして結局は、そのときそのときにどんな選択をするかによって、自ずと道は作られていくのだ。

先日20歳になったばかりの若きシンガーソングライター、内村イタル。高校生のときに出場した『閃光ライオット』で審査員特別賞を受賞するなど、早くからその才能を注目され、この度「内村イタル & musasaviband」名義でデビュー作を発表する彼もまた、ソロとバンドという理想と現実のギャップに今も戸惑い続けている。しかし、悩みながらも完成させた作品からは、WILCOやBRIGHT EYESなどの良質なアメリカのミュージシャンや、彼らに共振する今の日本のインディーバンドたちとの接点が感じられる一方で、くるりや中村一義を連想させる日本語のメロディーと特徴的な歌声は、その音楽をより広く響かせる可能性をも秘めている。今ここに確かな一歩をしるした内村の、これまでと現在を追った。

中学生で初めて組んだ異色のバンド「葡萄園」

10月31日に20歳の誕生日を迎えたばかりの内村イタルは、まだ顔立ちにあどけなさを残す青年だが、これからの日本の音楽シーンを担って行くかもしれない、才能溢れる大型新人である。「内村イタル & musasaviband」名義で発表されるデビュー作は、そんな彼の10代を総まとめするものかと思いきや、ここに至るまでには大きな逡巡があった。

内村:最初の音源ではあるんですけど、初期衝動とかではあまりなくて、かなり内省的になっちゃったなあと思いますね。

内村イタル
内村イタル

エレファントカシマシや憂歌団のファンで、「どんとにご飯をおごったことがある」という音楽好きの母親と、中村一義やBECKが好きで、高校時代は軽音部に所属していたという4つ上の兄を持つ内村少年が、アコギに手を伸ばしたのはごくごく自然なことだった。中学になって吹奏楽部に入ると、小学校からの友人だった永井秀和と、吹奏楽部で出会った伊藤里文と共に初めてのバンド「葡萄園」を結成。このバンドが普通じゃない。

内村:永井もいっちゃん(伊藤)も小さい頃からクラシックをやっていたので、ピアノがめちゃめちゃ上手くて、特に永井は吹奏楽部の部長で、当時からクラシックの曲を作曲して、部活でその曲を演奏したりしてたんです。葡萄園では最初、くるりのコピーをやってたんですけど、それも僕がアコギでくるりの好きな曲を歌うと、二人がピアノとキーボードで即興で合わせてくれるっていう、遊びみたいなものでした。

葡萄園という不思議なバンド名は、くるりのファーストアルバム『さよならストレンジャー』の収録曲のタイトルから取られたものだが、その“葡萄園”という曲は、ノイズギターをフィーチャーした1分ちょっとの前衛的な小曲であり、この曲をバンド名に選んでいる時点で、彼らの異才ぶりがうかがえるというもの。「恥ずかしがり屋の目立ちたがり」だったという内村少年は、この葡萄園での活動を通じて、音楽の楽しさを覚えていった。

内村:永井がすごく忙しい高校に行ったので、それから三人での活動はほぼできなくなっちゃったんですけど、いっちゃんと二人でオリジナルを作るようになって、それはそれで楽しかったんです。高校では軽音楽部に入ったんですけど、すぐにやめて、学校が終わったらいっちゃんと二人でずっと宅録をしてました。三人でライブをやったのは3~4回ぐらいで、ライブのときだけ永井を呼んで、彼は吹奏楽部のときパーカッションをやってたので、無理やりドラムをやらせてました(笑)。

葡萄園のラストライブは高1の冬。横浜の赤レンガホールで行われた『ヨコハマフッド!』というイベントに出て、“夜明けのミラーボール”という曲を演奏している。このときの映像がYouTubeにあがっているのだが、これがまたすごい。ベースレスの編成で、ドラムも拙く、リズムはフラフラなのだが、内村の歌うポップなメロディーと、途中でプログレッシブに暴走する展開は、やはり高校生離れしたものだ。この日のライブを見ていた一部の業界関係者が大絶賛したという話も、十分うなずけるものである。



Page 1
次へ

リリース情報

内村イタル & musasaviband『内村イタル & musasaviband』(CD)
内村イタル & musasaviband
『内村イタル & musasaviband』(CD)

2014年12月3日(水)発売
価格:1,620円(税込)
we are

1. 電話
2. たそがれ
3. 朝になるまで
4. 光の男
5. ドライブ
6. レコード
7. 荒野

イベント情報

viBirth×CINRA presents
『exPoP!!!!! volume77』

2014年11月27日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
jizue
SHE'S
内村イタル & musasaviband
Moccobond
阿佐ヶ谷ロマンティクス
料金:無料(2ドリンク別)

『感~Dear Wonderful Four Seasons~』

2014年12月5日(金) OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 タワーレコード渋谷店B1F CUT UP STUDIO
出演:
内村イタル & musasaviband
DJみそしるとMCごはん
and more
料金:
前売 学生2,000円 一般2,500円
当日 学生・一般3,000円

『The Great Escape』

2014年12月15日(月)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 7thFloor
出演:
内村イタル
失敗しない生き方
Wanna-Gonna
料金:前売2,200円 当日2,700円

プロフィール

内村イタル(うちむら いたる)

中学生の頃から音楽活動をスタート。幼なじみと共に3人組バンド「葡萄園(ぶどうえん)」を結成。その荒削りだが才能迸るパフォーマンスで一部の関係者に大絶賛を受ける。高校卒業のタイミングで葡萄園は活動休止に入り、ソロ活動をスタート。17歳の時『閃光ライオット2012』に応募、見事「審査員特別賞」を受賞する。その後マイペースな活動を続け、2013年春には宅録作品『ヒカリ』をライブハウスのみで販売。その後、ayU tokiOとの出会いをきっかけに新たなメンバーとバンド「内村イタル & musasaviband」を結成。ライブ活動と並行してじっくり時間をかけて制作された1stを2014年末リリース。楽曲のクオリティと天性の歌声に注目が集まる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現