特集 PR

物語を音楽で綴り続ける、マルチクリエイターsasakure.UK

物語を音楽で綴り続ける、マルチクリエイターsasakure.UK

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:中村ナリコ
2014/12/16

自分と同じタイプの人がなかなかいないので、参考になる人がいないんですよ。悩んだときは自分で解決するしかない。

―sasakureさんのやり方って、特殊だと思いません?

sasakure.UK:特殊だという感覚はありますね。自分みたいに最初にプロットや世界観を考えるより、やっぱり先に曲から作る人が多いので。自分と同じタイプの人がなかなかいなくて、参考になる人がいないんですよ。だから、壁に当たったときに解決する方法が見つけにくい……。

―前例がないですよね。

sasakure.UK:そうなんです。ストーリーの整合性がつかないときにどうすればいいのか? とか、それを音楽として表現するときによりドラマチックにするためにはどうするか? とか、悩んだときは自分で解決するしかない。音楽、プロット、映像、それぞれ手法が違いますからね。

―それは小説家とか、アニメのシナリオライターみたいな人に相談すればいいっていう感じでもない?

sasakure.UK:ジャンルをまたいだ悩みが出てくるんですよ。音楽と映像と文章と、それぞれ絡み合った見せ方のノウハウがない。自分の周りにはいないので、むしろ逆に誰かいらっしゃったら相談したいです(笑)。

―壁にぶつかったときにはどういうものをヒントにしているんですか?

sasakure.UK:ひょんなことから解決策が生まれることもあるし、他の人が作った作品を見て、それを解決の糸口にしたりすることもありますね。本を読んだり、映画を見たり、新しい刺激を求めるために違う場所に行ったり、いろんな人と話したりします。

ボーカロイドを好きな人だけじゃなく、広いところにこの文化を届けたいと思います。若い世代、新しい世代に変なものを届けられたら、きっとその人たちの価値観も広がって面白いですよね。

―つまり、今sasakureさんがやっていることって、いろんなフィールドのクリエイターを同時に担っているわけですよね。sasakureさん自身としては、どういう肩書きがしっくりきます?

sasakure.UK:結果としていろいろやってますけど、自分としては編曲が一番迷いなく作れるので、「アレンジャー」かもしれないですね。音を足したり引いたりして、どこで盛り上げるかを考えるのはスムーズにできるんですけど、逆に一番時間がかかるのが作詞なんですよ。ストーリーを作るのは好きなんですけど、昔からやってることではないので。もともと高校の頃は合唱をやっていたし、携帯の着メロ制作機能で作曲を始めたわけで、下積みがある音楽作りはやっぱりやりやすいですね。

sasakure.UK

―こういう作品って、ニコニコ動画やボーカロイドのファンだけではなく、いろんなフィールドに届いてほしいと思うんですよね。小説や映画とは違う、新しい物語のフォーマットが生まれている感じがするので。

sasakure.UK:自分としても、ボーカロイドを好きな人だけじゃなく、広いところにこの文化を届けたいと思います。若い世代、新しい世代に変なものを届けられたら、きっとその人たちの価値観も広がって面白いですよね。

―ちなみに、sasakureさんは、自分の音楽のジャンルをどういう言葉で説明されるとしっくりきますか?

sasakure.UK:なんでしょうね……。

―なんだろう、電子音楽だし、物語音楽だし……。「電子物語音楽」かな?

sasakure.UK:あ、その言い方はすごく近いと思います。電子音楽って言っても最近の攻撃的なものというよりは、1980年代テクノとかチップチューンのレトロな感じですけどね。それだったらしっくりきますね。

―ちなみに、今回の8曲はまだ序章で、物語は先に続いていくということでいいんでしょうか。

sasakure.UK: そうですね。大筋は固めているので、ちゃんと繋がるように作ってあります。構想は鋭意制作中ですけど。

―まだまだやってみようと思うこともたくさんありそうですね。

sasakure.UK:はい。ひとつは、人でもないし合成された歌声でもない、そういう微妙なバランスの声を作っていきたいと思っているんです。今回もそういう新しい試みをちょっとずつしているので、今後もどんどん挑戦を続けていきたいなと思いますね。

Page 3
前へ

リリース情報

sasakure.UK 『摩訶摩謌モノモノシー』(CD)
sasakure.UK
『摩訶摩謌モノモノシー』(CD)

2014年12月17日(水)発売
価格:2,160円(税込)
UMA-1049

1. ア(マ)ヤカシ・ダイアリィ feat. ピリオ
2. 君が居なくなった日
3. トドノツマリ様 feat. lasah
4. tig-hug feat. GUMI
5. ネコソギマターバップ feat. 重音テト
6. 回ル想ヒ
7. ポンコツザワールド feat. IA
8. sorekara

プロフィール

sasakure.UK(ささくれ ゆーけい)

福島県出身。作詞・作曲・編曲の全てをこなすサウンド・プロデューサー。幼少時代、8ビットや16ビットゲーム機の奏でる音楽に多大な影響を受けて育つ。学生時代には男声合唱を学びながら、木下牧子、三善晃といった作曲家や、草野心平、新美南吉などの詩人・文学作家の作品に触れるようになり、この頃から独学で創作活動を開始。時代を越えて継承されてゆく寓話のように、物語の中に織り込められた豊かなメッセージ性を持つ歌詞と、緻密で高度な技術で構成されたポップでありながら深く温かみのあるサウンド、それらを融合させることで唯一無二の音楽性を確立。また、楽曲のコンセプトや世界観をもとに自らイラストや映像の制作も手掛けている。矢野顕子のアルバム『飛ばしていくよ』(2014年)にトラックメイカーとして参加、ゲーム『モンスターハンター』や『ストリートファイター』の公式REMIXを手掛けるなど、近年では様々なジャンルのクリエイターとのコラボレーションも企画・監修している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ヒトリエ“青”

ヒトリエのニューアルバム『HOWLS』の収録曲“青”のMVが公開。淡い色彩の中で力強くこだまするバンド演奏と、男女2人の刹那的で美しいシーンが織りなす世界観が、切ない歌詞とリンクしながらさらに加速していくようだ。MV中も印象的に使われている「青」が、楽曲を鮮やかに彩り、余韻を残している。デビュー5周年を迎えたヒトリエを牽引するにふさわしい、儚くも力強いバラード楽曲。(野々村)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る