特集 PR

『薄氷の殺人』ディアオ・イーナン監督、中国の映画作りを語る

『薄氷の殺人』ディアオ・イーナン監督、中国の映画作りを語る

インタビュー・テキスト
宇野維正
撮影:西田香織

真っ白な雪に覆われた凍てつく地方都市の風景。禍々しいバラバラ殺人事件と、その裏に横たわる人間たちの深い闇。激変する現代の中国社会で生きる人々の生々しい息づかいを、ノワール風のスリリングなミステリーに仕立ててみせたディアオ・イーナン監督の『薄氷の殺人』は、2014年度の『ベルリン国際映画祭』でウェス・アンダーソン監督の『グランド・ブダペスト・ホテル』やリチャード・リンクレイター監督の『6才のボクが、大人になるまで。』を抑えてグランプリ&男優賞をダブル受賞するなど、世界各国の映画人から賞賛を浴びた。特に印象的なのは、その独創性溢れるカメラワークと鮮烈な照明がもたらす、欧米の先鋭的なインディーズ系作品にまったくひけをとらないモダンさだ。国際的に高く評価されてきた中国のフィルムメイカーは過去にも数多くいたが、『薄氷の殺人』はそのクールな映像と洒脱なストーリーテリングにおいて、過去の「中国映画」とは一線を画していると言っていいだろう。

実際に対面したディアオ・イーナンその人は、45歳という年齢を感じさせないほど若々しい、シュッとした長身のイケメン。ジャ・ジャンクーの撮影監督としても知られるユー・リクウァイ監督の作品などで役者としての出演歴があるのにも納得。インタビューでは、着想から完成まで9年かかったという『薄氷の殺人』の制作の裏話から、現在の中国社会、そして現在の中国の映画を取り巻く環境にまで話が及んだ。時折ユーモアを挟みながら快活に話すそのカジュアルな佇まいは、几帳面で真面目な印象を受けることが多いこれまでの中国の映画監督にあって、やはり異彩を放っていた。

一貫して自分が描きたいと思っていたのは、人生に失敗した人物であり、現在の中国社会への批判的な視点であり、人間性を探求することです。

―日本であなたの監督作が公開されるのは、今回の『薄氷の殺人』が初めてとなりますが、その大胆さとモダンさに大変驚かされました。

イーナン:気に入ってもらえて本当に嬉しいです。この作品は本当に難産だったのです。なにしろ脚本を書き始めたのは2005年のことで、そこから完成まで9年かかりましたからね。

『薄氷の殺人』 ©2014 Jiangsu Omnijoi Movie Co., Ltd. / Boneyard Entertainment China (BEC) Ltd. (Hong Kong). All rights reserved.
『薄氷の殺人』 ©2014 Jiangsu Omnijoi Movie Co., Ltd. / Boneyard Entertainment China (BEC) Ltd. (Hong Kong). All rights reserved.

―そう、そこがとても気になっていたんです。あなたの前作『夜行列車』(NIGHT TRAIN)が『カンヌ国際映画祭』の「ある視点」部門でプレミア上映されたのは2007年ですよね。そこから、どうしてこんなに時間がかかったんですか?

イーナン:最初に書き上げた本作の脚本はとても作家性の強い脚本で、内容があまりにもパーソナルだったので、作品に誰も出資してくれませんでした。多くの映画会社に声をかけてみたんですけど、どこからも拒否されてしまったんです。それで、もう1つ温めていた『夜行列車』の企画を先に製作して、2008年からもう一度、本作の脚本の直しに取りかかったんです。

―そこから数えても6年もかかっていますよね。ちなみに、その間はどうやって暮らしていたんですか?

イーナン:中国のテレビ局のいくつかの企画にプロデューサー的な立場で携わっていました。あとは、家賃収入ですね。中国では1990年代半ば頃に不動産の投資がとても流行っていて、自分も周りに影響されてたまたまものすごく安い時期にマンションを1室購入していたんですけど、幸運なことにそれが値上がりして、今ではいい賃貸物件になっているんです(笑)。

―ほぉ(笑)。

イーナン:でも、もともと自分はあまり普段の生活でお金を遣わないんですよ。パソコンとコーヒーとタバコがあれば、それで十分というタイプなんです。車も持ってないし、あまりいいものを食べたいという欲求もありません(笑)。

ディアオ・イーナン
ディアオ・イーナン

―当初の脚本ではかなりパーソナルな内容だったという本作ですが、実際に仕上がった作品はサスペンスとしてもミステリーとしても、非常にエンターテイメント性の高い作品になっています。それは、どのような過程を経て変化していったのでしょうか?

イーナン:2005年の第1稿と2012年にでき上がった最終稿では、音楽のジャンルで喩えるならロックからジャズになったような、まったく別の作品になったと言ってもいいほど変わったのですが、それでも自分が表現したかった主題はそのまま残っています。一貫して自分が描きたいと思っていたのは、人生に失敗した人物であり、現在の中国社会への批判的な視点であり、人間性を探求することです。この7年間、自分もいろんな経験をして人間的にも成長しました。最終的には、そうした自分の成長も反映させることができて、より豊かな作品になったと思います。

Page 1
次へ

作品情報

『薄氷の殺人』

2015年1月10日(土)から新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
監督:ディアオ・イーナン
出演:
リャオ・ファン
グイ・ルンメイ
ワン・シュエピン
配給:ブロードメディア・スタジオ

プロフィール

ディアオ・イーナン

1969年生まれ。北京にある中央戯劇学院で文学と脚本執筆の学位を取得し卒業。脚本を担当した作品は『スパイシー・ラブスープ』(98)、『こころの湯』(99)、『All the Way』(01)、『Eternal Moment』(11)など。また俳優として、ジャ・ジャンクー作品の多くを担当する撮影監督ユー・リクウァイの長編監督作品『All Tomorrow’s Parties』(2003年カンヌ国際映画祭“ある視点”部門出品)に出演している。2003年、脚本も担当した『制服』(UNIFORM)で監督デビューを果たす。この作品は2003年バンクーバー国際映画祭にて最優秀作品賞を受賞した。2007年、監督2作目となる『夜行列車』 (NIGHT TRAIN)がカンヌ国際映画祭“ある視点”部門でプレミア上映され、そのミニマリズム的手法を絶賛され、ヨーロッパ中の映画祭で上映された。監督3作目となる本作で2014年ベルリン国際映画祭 金熊賞(作品賞)& 銀熊賞(主演男優賞)の2冠に輝く。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い