特集 PR

家族という共同体への批判的な眼差し 飯嶋桃代インタビュー

家族という共同体への批判的な眼差し 飯嶋桃代インタビュー

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:聞谷洋子

飯嶋桃代は、パラフィンワックスと呼ばれる蝋(ろう)を素材にした彫刻作品で知られる美術家だ。かつて使われていた食器や衣服など、個人の記憶や経験をまとった日常の品々を蝋の内側に密封し、それを家のかたちに造形する。懐かしさもおぼえる切妻屋根の家が立ち並ぶ風景は、可愛らしくも、どこか寂しい。それぞれの家に住んでいる架空の住人の姿を思い浮かべようとしても、もやの向こうに霞んで見えない。そんな不思議な感覚を飯嶋は作り出してきた。

3人のアーティストの連続個展が行われる公募プログラム『shiseido art egg』の2番手として、飯嶋は2月6日から資生堂ギャラリーで個展を行う。本稿は、そのスタートに先駆けて行われたインタビューである。素材の特性に向き合うことから作品制作を始める彫刻家としての自負。日用品を使うことの意味。そして現代における家族制度のあり方など、話題は多方面に及んだ。そこから見えてくるのは、現代を生きる私たちの姿でもあるだろう。

立体物が大地に接して「ある」ということはとても深いテーマに思えてきて、これはちゃんと向き合おうと思いました。

―今回の『shiseido art egg』に入選された『開封のイエ』シリーズは蝋を素材に「家」をかたどった作品ですが、飯嶋さんはシャツのタグ、ボタン、毛皮など、さまざまな素材を使った立体作品を手がけています。まずは現在の作風へと辿り着いたルーツを順におうかがいできればと。

飯嶋:私は中学から女子美術大学の付属校に通っていて、油絵や水彩画の授業が普通にあったのですが、あまり絵にはのめり込めなかったんですよね。立体の授業のほうが楽しくて、その頃から将来は立体物を扱う作家になろうと思っていました。

資生堂ギャラリー『飯嶋桃代展』展示風景 撮影:相良博昭
資生堂ギャラリー『飯嶋桃代展』展示風景 撮影:相良博昭

―中学から美術を専門的に学んでいたなんてすごく珍しいですね。かなり早い時期から自分が進む方向を定めていたんですか?

飯嶋:それ以外の選択肢がなかったとも言えるかもしれません。トニー・クラッグ(日常品などを使うイギリス出身の彫刻家)というアーティストに憧れて「現代アートをするぞ!」と意気込んで、大学は立体アート専攻に進んだのですが、実態はいわゆる伝統的な彫刻学科で「どうしよう、興味ない……」と最初は途方に暮れていました。今思えばクラッグは間違いなく彫刻家なんですけど(笑)。

―若気の至りというか。

飯嶋:でもそのうちにだんだん、彫刻が面白くなってきたんですよ。美術史的にも大きな歴史を持っているものですし、立体物が大地に接して「ある」ということはとても深いテーマに思えてきて、これはちゃんと向き合おうと思いました。

飯嶋桃代
飯嶋桃代

―最初はどんな作品から作り始めたんですか?

飯嶋:高校生くらいの頃は、粘土をこねたり針金を曲げて楽しいなレベルだったんですけど、案外今の作品につながっている気もします。モノが持つ性質に寄り添って考えるというか。私はいろんな素材を作品に使いますけど、「絶対にこの素材じゃなきゃダメだ!」という執着はないんです。彫刻を作り始めるときって、石とか木とか、その素材の手触りや質感から始まることが多いと思うんですが、私はそれぞれのモノの特性に自分がどうアプローチしていくのかに興味があるんです。

―実際、蝋を素材にしたシリーズにも、食器や衣服などいろんな素材が併用されていますね。

飯嶋:一番長く続けているのは、蝋を使って家のかたちを作る作品なんですが、そこに古着だとか、食器だとか、人の記憶の痕跡が残るような素材を併せて使っています。

『dress house dish house shoe house』2007-2008 古着、古靴、古食器、パワフィンワックス 110×90×70cm(3点組)
『dress house dish house shoe house』2007-2008 古着、古靴、古食器、パワフィンワックス 110×90×70cm(3点組)

資生堂ギャラリー『飯嶋桃代展』展示風景(作品部分) 撮影:相良博昭
資生堂ギャラリー『飯嶋桃代展』展示風景(作品部分) 撮影:相良博昭

―家のかたちを蝋でかたどり、服や食器がその内側に密封されています。でも、蝋ってあまり日常的じゃない素材ですよね。ベタベタするし、必ずしも心地の良い素材ではないと思います。

飯嶋:ドラム缶に蝋をたくさん入れて、直火で焚いて溶かすんですけど、制作中は工房中ドロドロになってしまって、どうすればいいんだろう……ってなることがしょっちゅうですね(笑)。

―素材として蝋は扱いやすいですか?

飯嶋:素材の面白さって、扱いやすいところと扱いづらいところの両方あると思うんですよ。たとえば石は恒久性があるけれど、彫るのは時間がかかる。木は意外と早く彫れるけど、乾燥すると割れてしまう。良いところと悪いところをコントロールしながら向き合っていくのが、素材に対する誠意なのかなって思います。蝋の場合、2時間くらいで溶けて1週間もすれば固まりますから、扱いやすいとも言える。でも長い時間の保存には適していません。暑い夏場はきちんと養生してあげないと形状を保てない。でも、そういうあり方が私には合っている気がします。恒久性を作品には求めてないんです。だから作品を買ってくださる方には「夏場は日陰に置いてください」とか、たくさん注意書きを付けるので申し訳ないんですが(苦笑)。

―彫刻というか、ほとんど漬け物みたいですね。ぬか床の管理のような。

飯嶋:あ、本当にそんな感覚です。

Page 1
次へ

イベント情報

『第9回 shiseido art egg 飯嶋桃代展』

2015年2月6日(金)~3月1日(日)
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:火~土曜11:00~19:00、日曜・祝日11:00~18:00
休館日:月曜
料金:無料

ギャラリートーク
2015年2月7日(土)14:00~14:30
出演:飯嶋桃代

『第9回 shiseido art egg 狩野哲郎展』

2015年3月6日(金)~3月29日(日)
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:火~土曜11:00~19:00、日曜・祝日11:00~18:00
休館日:月曜
料金:無料

ギャラリートーク
2015年3月7日(土)14:00~14:30
出演:狩野哲郎

プロフィール

飯嶋桃代(いいじま ももよ)

1982年、神奈川生まれ。2011年、女子美術大学大学院美術研究科美術専攻博士後期課程修了。受賞歴は『とよた美術展‘07 審査員賞』(2007年)、『第42回神奈川県美術展平面立体部門 特選』(2006年)など。近年の個展に『パランプセスト重ね書きされた記憶/記憶の重ね書き』(2014年、gallery αM)、『format-B』(2014年、コバヤシ画廊)、『colorful stars in the white heavens Ⅱ』(2013年、ギャルリー東京ユマニテ)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

TENDRE“RIDE”

2018年はTENDREが絶対くる。2月の『exPoP!!!!!』で脳裏をかすめた予感は確信に変わりました。セクシー&グルーヴィな“RIDE”で完全にヤられた。ラフなダンスと自由度高いコラージュで構成された映像も、河原太朗のチャーミングさがダダ漏れでいい感じ。今年の夏はこの曲で踊りまくりたい。(山元)

  1. 有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場 1

    有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場

  2. ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真 2

    ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真

  3. 小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売 3

    小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売

  4. 小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場 4

    小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場

  5. 竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演 5

    竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演

  6. TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」 6

    TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」

  7. 是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話 7

    是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

  8. 高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開 8

    高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開

  9. デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催 9

    デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

  10. チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加 10

    チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加