特集 PR

一夫多妻制なのに多幸感。革命的アイドル・清 竜人25の勝因とは

一夫多妻制なのに多幸感。革命的アイドル・清 竜人25の勝因とは

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:豊島望
2015/02/20

本格始動から数か月。一夫多妻制のアイドルグループ「清 竜人25」は今、アイドルファン、音楽ファンを中心に大きなセンセーションを巻き起こしつつある。昨年9月に行われた初の主催イベント『清 竜人ハーレム♡フェスタ2014』では、フロアに集まったオーディエンスを沸かせる軽やかでハッピーなパフォーマンスを披露。11月にはデビューシングル『Will♡You♡Marry♡Me?』をリリースし、1人の夫と6人の妻によるにぎやかなウェディングパーティーが行われるMVも大きな話題を集めた。

清 竜人25のライブを見た人が声を揃えるのは、その圧倒的な楽しさと不思議な幸福感だ。「一夫多妻制」というコンセプトの斬新さよりも、音楽そのものが持つ唯一無二の魅力が浸透しつつある。そして、2月にリリースされる2ndシングル『A・B・Cじゃグッと来ない!!』はハイテンションかつカラフルなミュージカル調のポップチューン。ファンクなテイストの強いデビュー曲と同じく、7人の歌声が交錯するエンターテイメント性の強い楽曲になっている。果たして清 竜人25は、何が特別なのか? 清竜人、第四夫人・清美咲、第六夫人・清可恩という三人へのインタビューでグループの今を解き明かす。

ファンの方は、「一夫多妻制」が設定だとわかっているから、少女漫画やドラマを見ているような感覚で清 竜人25を捉えているんじゃないかと思うんです。(可恩)

―去年9月の『清 竜人ハーレム♡フェスタ2014 Vol.1』で初めてライブを見たのですが、会場が不思議な幸福感に包まれていたんですよ。特にアイドルファンにあっという間に受け入れられていましたよね。デビューして数か月が経ち、どんな感触がありますか?

竜人:このプロジェクトを浸透させるのにはもっと時間がかかると思っていたんです。でも意外なことに、予想以上のスピードで受け入れられている実感がありますね。今のところは「こんな風に受け入れられたらいいな」と想像していたものと近い感じで届いていると思います。

―可恩さんはどうですか? 初めてステージに立ってから今までを振り返って。

可恩:とにかく怒涛の日々でしたね。まず、私は夏まで普通に受験生だったので(笑)。清 竜人25のメンバーとして活動するようになってから、生活リズムも変わったし、高校と両立するのも大変で……。卒業が危うくなったりもしたんですけれど、無事卒業式にも出られることになって、すごく嬉しいです。

左から:清竜人、清可恩
左から:清竜人、清可恩

竜人:僕は中卒なので、本当は高校中退の仲間が欲しかったんですけどね(笑)。

可恩:学校の課題に追われてたときに、高校を卒業できないかもしれないって相談したら、「ええやん」とか言われて。同じ世界に引きずり込まれそうで、危ないところでした。

―(笑)。美咲さんは最初にステージに立ったとき、どんな感じでした?

美咲:清 竜人25って一夫多妻制という設定じゃないですか? だから、最初はアイドルとして受け入れてもらえるのかどうか、全然わからなくて。でも実際にライブをしたら、初めて見る人がすごく盛り上がってくれて、本当に嬉しかったです。

左から:清美咲、清竜人
左:清美咲

―従来のアイドルからすると掟破りな設定にも関わらず、予想以上にアイドルグループとして受け入れられた。

美咲:すごく不思議な立ち位置にいると思います……。だって、アイドルって恋愛対象として見られるのが普通じゃないですか? なのに「夫(竜人)がいるのにこんなに推してくれるんだ!」みたいな。最初は葛藤があったとしても、「楽しいからいいや!」というファンの方が増えているような気がします。「MVを見てこんなに幸福感を味わったことはない」みたいなコメントもあって、なんでしょうね……?

可恩:メンバー同士の関係をオープンにしてるから、それがいいのかもしれないですよね。ファンの方は、一夫多妻制が「設定」だとわかってるから、少女漫画やドラマを見ているような感覚で清 竜人25を捉えているんじゃないかと思うんです。主人公もいるし、ヒロインもいるし、そういうことがこのグループでできてるのかなって。

Page 1
次へ

リリース情報

清 竜人25『A・B・Cじゃグッと来ない!!』(CD+DVD)
清 竜人25
『A・B・Cじゃグッと来ない!!』(CD+DVD)

2015年2月18日(水)発売
価格:1,620円(税込)
TFCC-89532

[CD]
1. A・B・Cじゃグッと来ない!!
2. 鬼の目にもナ♡ミ♡ダ♡
3. A・B・Cじゃグッと来ない!!(Instrumental)
4. 鬼の目にもナ♡ミ♡ダ♡(Instrumental)
[DVD]
1. “A・B・Cじゃグッと来ない!!”Music Video
2. “A・B・Cじゃグッと来ない!!”Music Video dance shot ver.
3. “A・B・Cじゃグッと来ない!!”Music Video メイキング映像
4. “A・B・Cじゃグッと来ない!!”ライブ映像 (清 竜人ハーレム♡フェスタ2014 Vol.2)
5.ハーレムクッキング大会
※完全限定生産盤

イベント情報

『清 竜人ハーレム♡フェスタ2015 Vol.4 ~バースデー♡パーティー2days~』

2015年5月26日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST
出演:
清竜人
ほか

2015年5月27日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-WEST
出演:清 竜人25

料金:各公演 前売4,320円(ドリンク別)

プロフィール

清 竜人25(きよしりゅうじんとぅえんてぃふぁいぶ)

2014年、清 竜人が立ち上げたアイドルユニット。プロデューサー兼メンバーである清 竜人とその妻である清 咲乃、清 桃花、清 亜美、清 美咲、清 菜月、清 可恩の女子メンバー6名で構成される。妻達とともに、一緒に歌い踊り、ハーレム状態でパフォーマンスを繰り広げる清 竜人、アイドルの固定概念を覆すまったく新しいエンターテイメントを披露する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

TENDRE“RIDE”

2018年はTENDREが絶対くる。2月の『exPoP!!!!!』で脳裏をかすめた予感は確信に変わりました。セクシー&グルーヴィな“RIDE”で完全にヤられた。ラフなダンスと自由度高いコラージュで構成された映像も、河原太朗のチャーミングさがダダ漏れでいい感じ。今年の夏はこの曲で踊りまくりたい。(山元)

  1. 有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場 1

    有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場

  2. ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真 2

    ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真

  3. 小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売 3

    小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売

  4. 小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場 4

    小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場

  5. 竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演 5

    竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演

  6. TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」 6

    TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」

  7. 是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話 7

    是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

  8. 高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開 8

    高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開

  9. デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催 9

    デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

  10. チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加 10

    チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加