特集 PR

野生のゴリラに学ぶ「他者との間合い」 前川貴行インタビュー

野生のゴリラに学ぶ「他者との間合い」 前川貴行インタビュー

インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:菱沼勇夫

東京ミッドタウン(六本木)のフジフイルムスクエアを皮切りに、仙台、福岡、大阪を巡回する写真展『GREAT APES 森にすむ人々』は、世界各地を飛び回るネイチャーフォトグラファー・前川貴行が、2011年よりテーマとして撮り続けた野生の大型類人猿の姿を捉えた貴重な写真展だ。今や絶滅危惧種となったオランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ……。前川がわれわれ人類と同じヒト科の大型類人猿に魅せられた理由とは? 動物写真に魅せられたきっかけから、体得した動物とのコミュニケーション術など、コスタリカへの撮影旅行から帰国したばかりの前川に話を聞いた。

何か一生懸命になれることが欲しかったんでしょうね。モヤモヤと鬱憤が溜まっていた時期が長かったからこそ、カメラを手にしたときに「これで食っていこう!」とピンときた。

―前川さんは、世界各地であらゆる野生動物の写真を撮られていらっしゃいますが、今日もコスタリカから帰国されたばかりだとか?

前川:はい。10日間ほどの滞在で、ベアードバクやナマケモノ、ケツァール(世界一美しいとされる鳥)などを撮ってきました。最近は2か月に1度くらい海外に行っていて、1か月滞在することもあったり、国内でもロケをしているので、あまり東京で過ごせていないですね(苦笑)。

前川貴行
前川貴行

―ずっと東京育ちで、和光高等学校の出身だそうですね。和光といえば、CORNELIUSこと小山田圭吾さんや、浜野謙太さん(在日ファンク、SAKEROCK)など、クリエイターを多数輩出している自由闊達な校風の印象ですが、前川さんもその頃から写真を撮られていたのですか。

前川:いえ。当時は友だちとバイクを乗り回していただけでした(笑)。小山田くんは3年間同じクラスでしたし、ミュージシャン、作家、俳優など、クリエイティブな仕事に就いている同窓生はたしかに多いです。でも僕は、高校を卒業してもしばらくはフリーターのような生活で、将来に関しても漠然と大きな夢を語るだけで、行動に移したことはありませんでした。

獲物を捕らえたオジロワシの幼鳥 ©前川貴行
獲物を捕らえたオジロワシの幼鳥 ©前川貴行

―今はこんなに精力的に活動されているのに意外ですね(笑)。では、写真を撮り始めたのはいつ頃だったんでしょうか。

前川:26歳のときに父親の一眼レフを触ったのがきっかけです。それまでは写真にも特に興味はなく、仕事も工場の生産ラインを作るエンジニアをやってました。昔から自然が好きで、よく山や海に出掛けて遊んでいたんですが、そのうち自然から受ける感動をかたちにしたいと思い、写真を撮り始めたんです。続けるうちに面白くなっていって、一眼レフを手にした3か月後には仕事を辞め、独学で写真の勉強を始めました。

―いきなり仕事を辞めてしまうなんて、ずいぶん思い切った行動ですね。

前川:ずっと、何か一生懸命になれることが欲しかったんでしょうね。モヤモヤと鬱憤が溜まっていた時期が長かったからこそ、カメラを手にしたときに「よし、これで食っていこう!」とピンときた。当然、食べていける保証なんてまったくなかったのですが、そこからは一直線でした。

―写真で食べていけるようになるには、どのようなことをやっていけばいいのか、全然イメージがわかないです。

前川:26歳で仕事を辞めてからは、ひたすら写真を撮る日々が続いていたんですが、28歳のときに田中光常さん(日本の動物写真家の第一人者)の助手をさせていただけることになったんです。当時活躍していた動物写真家は皆、田中先生の助手を経験されていたので、じゃあ僕も助手になろう! と。

―お願いすれば、助手にさせてもらえるものなんですか?

前川:最初は事務所の方に体よく追い返されたんですけど(笑)、しばらくして連絡をいただいて、直接先生に写真を見てもらえることになり……。

―先生からは、何かお言葉が?

前川:「キミの写真は10段階でいうと1か2だね」と(笑)。でも、そこで助手にしてくださいと頼み込み、半年後に声を掛けていただけたんです。

―助手というのは、具体的にどんなことをされるのでしょうか。

前川:助手といっても先生の撮影に同行したことは一度もなく、撮り方を教えてもらったわけでもない。ストックフォトのセレクトや管理をするのが主な仕事でした。けれど、先生の膨大な写真から学ぶことは多かったです。何よりも「動物写真家とは何か?」というのを間近で知ることができたのは、その後の大きな糧になりました。つまり、他の何よりも撮影が最優先。そのくらいの覚悟がないと動物写真家にはなれないということでしょうね。

威嚇し合うオスのカバ ©前川貴行
威嚇し合うオスのカバ ©前川貴行

―それは「生活を犠牲にしてでも」ということですよね。以前、別の動物写真家の方に取材させていただいたときも、動物写真の撮影は自然に大きく左右されるなど、時間とお金がかかるというお話をされていました。フリーになられてからは、苦労も多かったとお察ししますが。

前川:そうですね。僕自身も2年半ほど田中先生の助手をさせていただき、30歳でフリーになりましたが、しばらくはアルバイトをしながら食いつないでいました。でも、あまり心配はしていませんでしたね。自分の写真に自信がありましたし、いつかなんとかなるだろう、という楽観的な気持ちがあった。フリーになった翌年に結婚して双子に恵まれたので、経済的に厳しい時期も長かったですが、やるだけのことはやってやろうと決心していました。

Page 1
次へ

イベント情報

前川貴行写真展
『GREAT APES 森にすむ人々』

2015年3月27日(金)~4月9日(木)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン内 フジフイルムスクエア
時間:10:00~19:00(最終日は16:00まで、入館は18:50まで)
料金:無料

トークイベント
2015年3月28日(土)14:00~15:30
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン内 カンファレンスルーム9
出演:
前川貴行
立木義浩
定員:150名
料金:無料(要予約)
※満席につき受付終了

プロフィール

前川貴行(まえかわ たかゆき)

1969年東京生まれ。1997年 写真家、田中光常に師事。2000年より写真家としての活動を開始。日本、北米、アフリカ、インドネシア、インドなと、全世界をフィールドに撮影を敢行すると共に、展覧会の開催、書籍出版にも精力的に取り組む。2008年 日本写真協会賞新人賞受賞。2013年 第一回日経ナショナルジオグラフィック写真賞グランプリ受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』