特集 PR

KIKI×木村顕対談 今の時代に合った、暮らしの楽しみ方とは?

KIKI×木村顕対談 今の時代に合った、暮らしの楽しみ方とは?

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望
2015/04/21

外国の方との会話の中で「食」からいろいろな文化を知ることができた。中でも朝食はその国の特徴が一番出るものだし、世界の朝ごはんが食べられる場所があったら面白いんじゃないかと。(木村)

木村:昔のものがちゃんと残っていて、そこに今の建築家が手を入れて、未来が作られている感じがするのがヨーロッパ。それで日本の建築も学び直そうと思って、大学院では日本建築史の研究室を選んで、書院造(15世紀から現在まで続く日本の伝統的な住宅様式)の研究をしていたんですよ。博士課程まで進んで、研究者になる選択肢も頭をよぎったんですが……。

―かなり本気ですね。

木村:でも、たまたま古い書院造の小屋が朽ち果てているのを栃木で見つけて、それを直せるというチャンスにめぐりあって。それで始めたのが「日本の伝統的な家に泊まる」をコンセプトにした「日光イン」という宿。宿だったら、最低でも1泊するので、ある程度まとまった時間、書院造を体験してもらえるじゃないですか?

日光イン
日光イン

日光インの周辺の様子
日光インの周辺の様子

―木村さんは本当に書院造が大好きなんですね(笑)。

木村:ただ、僕は好きなんですけど、「書院造」で興味を持つ日本人は少ない。

KIKI:宿の名前、「書INN」でも良かったかもね(笑)。

木村:たしかに……!(笑) でも、その後とった行動はまさにその発想ですよ。どうしたかというと、外国の人が日本の伝統的な建物に興味を持つだろうと思って、外国人も泊まりやすい宿にしたんです。

日光イン

―ここで「食」の話につながってきそうですね。

木村:そう。せっかく外国の人も来るし、各国の文化について聞きたかったけど、いきなり見ず知らずの人から「あなたの国の文化って?」みたいにざっくり質問されてもコミュニケーションがうまくいかないわけです。でも、食の話だと、話が弾む。例えばフランス人にお寿司をごちそうすれば「フランス人は海苔みたいな黒いものはまず食べない」なんて話を聞けるし、食文化をキーワードにいろいろな文化を知ることができる。中でも朝食は時間や手間がかけられないから、その国の特徴が一番出るものだし、世界の朝ごはんが食べられる場所があったら面白いんじゃないかと。それで「WORLD BREAKFAST ALLDAY」を始めたんです。

「WORLD BREAKFAST ALLDAY」でレギュラーメニューとして提供するイギリスのフルブレックファスト
「WORLD BREAKFAST ALLDAY」でレギュラーメニューとして提供するイギリスのフルブレックファスト

誰も考えつかないような、奇抜なものを作るっていう時代でもないと感じます。(木村)

KIKI:基本的に朝ごはんって誰もが毎日食べるものだけど、ないがしろにされがちなものでもあるし、国ごとの特徴が出やすいって話も面白い。着眼点がすごいなと思いました。私、いつか喫茶店をやりたいんだけど、実はそのお店に「喫茶モーニング」って名前をつけたいとずっと思っていたんですよ。だから、「WORLD BREAKFAST ALLDAY」が始まったときちょっと「やられたな」と思いました(笑)。

―なぜ「喫茶モーニング」という名前をつけたいんですか?

KIKI:近所の人が「ちょっとモーニング行こうよ」って言ってくれるようなお店っていいなと思ったんです。私、朝がわりと早いから、朝ごはんもしっかり食べたくて。旅先でもなるべくホテルの朝食ではなく、街の喫茶店で朝ごはんを食べるのが好き。そこに特別な美味しさは求めてなくて、場の雰囲気と時間と、どういうお客さんが来ているのかな? って眺めたりすることがすごく楽しくて。朝からちゃんとやっている喫茶店がある街はいいなって思うから、逆発想でそういうお店ができたらいいなと。

KIKI

木村:観光スポットよりも、その街の日常に根付いているもののほうが奥深いし、僕も興味がありますね。

KIKI:さっき建築学生の話が出たけれど、建築を学んで良かったと思うのは、いろいろ見て回るうちに目が養われていって、建築そのものだけじゃなくて、空間や時間のような幅広いものに目が向くようになったこと。だから、木村さんみたいに店や宿という方法で生活空間を作るのは、すごく建築的だなと思うんです。

木村:大学では、建物の建て方よりも、思考法とか、ものの見方を教わったから、建築の意味している幅が広がりました。僕の場合だと、自分の個性を前面に押し出していくよりも、みんなが気づいてないような当たり前のことをかたちにしていくってほうがしっくりくる。誰も考えつかないような、奇抜なものを作るっていう時代でもないと感じますし。

街の中は便利だけど、人間の感覚を鈍らせるところがある。それって、どこかでストレスになっているんじゃないかなって思います。(KIKI)

―KIKIさんが山に登って、それまで気づかなかった日本の風景に気づいたという体験とも共通していますね。

KIKI:木村さんは、山に行ったりしますか?

木村:今は行かないですけど、高校のときは北海道にいて、山岳部だったんですよ。

KIKI:ええー! 北海道で山岳部。ワンダーフォーゲル部じゃなくて? 本気ですね!

―山の知識が乏しくてすみません、山岳部ってワンダーフォーゲルとどう違うんですか?

木村:山岳部のほうがガッチリ系のイメージで、先輩の荷物も背負わないといけないみたいな雰囲気。「メシは食えるだけ食っとけ!」みたいな。ワンゲル部はもう少し時間を楽しむ感じですかね。北海道の山は大雪山から知床まであちこち行きましたよ。

木村顕

―お二人とも登山経験者だったとは。木村さんは山登りの楽しみってなんだと思います?

木村:標高が上がるとだんだん人工物がなくなるんですよね。北海道の山はあんまり高くないですけど、寒いから2000mくらいでもう木が生えなくなってきて。その状態を「森林限界」っていうんですけど、原っぱに高山植物が咲いていて、まるで「あの世」に来たみたいな……。

KIKI:そうそう。川が流れてたりして、「あ、三途の川?」みたいな(笑)。

木村:街に住んでいると人工物のない空間なんて想像すらしないけど、考えてみれば日本の国土の7割は山ですからね。見渡すかぎり街が見えない大自然を見るとそのことを思い出します。とはいえ、登っていると重いしキツいし、なんで来ちゃったんだろうって思うんですけど。

KIKI:それは毎回思う(笑)。でも、なぜか中毒みたいになるよね。東京なんてすごく便利に街ができているから、ちょっと雨足が強ければタクシーに乗ったりできちゃうでしょ。でも例えば山で大雨が降ったら、命に関わるから、今日は1泊小屋にとどまろうって判断したりする。まじめなことを言うと、人間が自然と接する本来の姿に気づかされる。街の中は便利だけど、人間の感覚を鈍らせるところがあると感じます。それって、どこかでストレスになっているんじゃないかなって思うんです。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

CLASS ROOM No.001
『山登りの楽しみ方』

2015年4月22日(水)19:00~21:00
会場:東京都 外苑前 ifs 未来研究所 未来研サロン WORK WORK SHOP
講師:KIKI
定員:40名(要事前申込、先着順)
料金:無料

CLASS ROOM No.002
『朝ごはんを通して世界を知る』

2015年5月27日(水)19:00~21:00
会場:東京都 外苑前 ifs 未来研究所 未来研サロン WORK WORK SHOP
講師:木村顕(WORLD BREAKFAST ALLDAY)
定員:40名(要事前申込)
料金:無料
※応募者多数の場合は抽選

CLASS ROOM No.003
『私のごはんの楽しみ方』

2015年6月24日(水)19:00~21:00
会場:東京都 外苑前 ifs 未来研究所 未来研サロン WORK WORK SHOP
講師:平野紗季子
定員:40名(要事前申込)
料金:無料
※応募者多数の場合は抽選

プロフィール

KIKI(キキ)

モデル・女優。東京都出身。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒。雑誌をはじめ広告、TV出演、連載の執筆、近年では自身の写真展『PRISMA』シリーズを発表。また芸術祭に作家として参加するなど活躍の幅を広げている。NTV「ゆっくり私時間 ~my weekend house~」レギュラー出演中。著書に『山が大好きになる練習帖』(雷鳥社)、『美しい山を旅して』(平凡社)、スタイルブック『KIKI LOVE FASHION』(宝島社)など多数。

木村顕(きむら あきら)

有限会社日光デザイン代表取締役。一級建築士。東京芸術大学大学院美術研究科卒。青山と千駄ヶ谷を結ぶ外苑西通り、通称“キラー通り”で「朝ごはんを通して世界を知る」をコンセプトに、2ヶ月ごとに世界各国の伝統的な朝ごはんを提供するカフェレストラン「WORLD BREAKFAST ALLDAY(ワールド・ブレックファスト・オールデイ)」を運営。 昨年スペースシャワーブックスから『WORLD BREAKFAST ALLDAYの世界の朝ごはん』という書籍をリリース。日光市で日本の伝統的な家に泊まる宿泊施設「日光イン」も運営する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で