特集 PR

桐嶋ノドカ×安藤裕子「音楽で世界を変えられると思っていたい」

桐嶋ノドカ×安藤裕子「音楽で世界を変えられると思っていたい」

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望

CDデビュー前からドラマの主題歌を担当し、YouTubeにアップされた洋楽のカバーが話題となるなど、大きな注目を浴びる女性シンガー・桐嶋ノドカが初のミニアルバム『round voice』を発表する。プロデューサーには小林武史、エンジニアには椎名林檎の作品などで知られる井上うにが迎えられ、エッジの効いたサウンドと共に、桐嶋の「生き様」が生々しく詰め込まれた作品となっている。そこで今回は、彼女が尊敬する先輩として名前を挙げる安藤裕子との対談を実施。音の渦と同化し、会場全体を歌で包み込むかのようなパフォーマンスに共通するものを感じさせるこの両者は、実は非常に対照的な表現者でもある。そんな二人が世代を超えて語り合う、時代と歌との関係性。何かが変わって行く予感を感じてほしい。

歌ってるときは、普段メラメラフツフツと腹の中にあるものが解放される瞬間であり、自分が一番「生きてる」って思える瞬間でもあるんです。(桐嶋)

―安藤さんが桐嶋さんのデビューにあてたコメントの「なんかルフィとか悟空とか、そんな印象がもともとあって、歌声にもそれを感じたから微笑んでしまったんだよ」という部分が印象的でした。

安藤:桐嶋さんは、悲しいことを歌声で吹き飛ばすタイプというか、声が出せると楽しくなって、歌が走って行くような感じがして。悟空とかって、死んでも元気じゃないですか?(笑) 殴られても痛みを感じないというか、もちろん痛いんですけど、ボコボコにされてもむくっと起き上がる感じがして、面白いなって(笑)。

安藤裕子
安藤裕子

桐嶋ノドカちゃん。
実は3度会っている。けど歌声を聴いたことはなかった。
今回作品を送ってきてくれて、なんか合点がいくような、自然と微笑んでしまうようなパワーを感じた。
なんかルフィとか悟空とか、そんな印象がもともとあって、歌声にもそれを感じたから微笑んでしまったんだよ。
純粋に透き通った心というか、歌いたくて仕方がない。
そんなパワー。ライブ行く約束してまだ行けてなかったね。
生でその何処までも飛んで行ってしまいそうなお歌を聴いてみたいな。
(桐嶋ノドカ・デビュースペシャルサイトより全文転載)

―実際、桐嶋さんは歌うことが自分のパワーになっている?

桐嶋:生活の一部っていう風には言えると思います。「食べる」「寝る」と同列で、ただその中でも歌ってるときが特別だなと思うのは、普段メラメラフツフツと腹の中にあるものが解放される瞬間であり、自分が一番「生きてる」って思える瞬間でもあるからなんです。だから、歌ってるときが「生きること」と向き合う瞬間になっていて、常に自分に勝負を仕掛けていくみたいなところは、悟空にも近いのかもしれない(笑)。

桐嶋ノドカ
桐嶋ノドカ

―じゃあ、ちょっと無茶振りだとは思うんですけど、安藤さんをアニメや漫画のキャラクターに例えることはできますか?

桐嶋:なんだろうな……ジブリの……わかった! 『ハウルの動く城』のソフィーですね。少女性と大人の女性っぽさが両立してるというか。歌詞もそうですし、歌ってる姿を見てもそう思うんですけど、人間として、女としての強さとか、生命力があるなって感じます。


安藤:私、自分では女性性がすごい薄いと思うんですよね。そういうものにずっと憧れて生きてきたような気がして。女性ならではの気持ちを歌の世界だと味わえるから、疑似体験として楽しんでいる感じ。

桐嶋:でも私もあんまり性別を意識したことがないというか、他人に対しても自分に対しても、あんまり性差を感じないタイプなんです。

―悟空やルフィってことで言うと、少年性もあるのかもしれないですね。

桐嶋:どうですかね……本能的というか、動物っぽいのかも(笑)。

安藤:(プロフィールを見ながら)誕生日、こどもの日なんだ! 似合うわ(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

桐嶋ノドカ 『round voice』(CD)
桐嶋ノドカ
『round voice』(CD)

2015年7月29日(水)発売
価格:1,728円(税込)
AZCS-1046

1. 風
2. キミのいない世界
3. ボーダーライン(album ver)
4. Wahの歌(album ver)
5. 世紀末のこども

安藤裕子 『360°(ぜんほうい)サラウンド』(CD)
安藤裕子
『360°(ぜんほうい)サラウンド』(CD)

2015年7月29日(水)発売
価格:1,080円(税込)
CTCR-40370

1. 360°(ぜんほうい)サラウンド
2. うしろゆびさされ組
3. 360°(ぜんほうい)サラウンド Inst.
4. うしろゆびさされ組 Inst.

イベント情報

桐嶋ノドカ
『タワーレコード インストアライブ』

2015年7月30日(木)START 20:00~
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店

2015年8月12日(水)START 19:30~
会場:神奈川県 タワーレコード横浜ビブレ店

プロフィール

桐嶋ノドカ(きりしま のどか)

1991年5月5日生まれ。横浜出身。2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサー・小林武史へ送ったことがきっかけとなり、同氏のスタジオに通い始める。曲作りを続けながらライブハウスへ出演し始めると、音楽配信サイト「OTOTOY」が真っ先に彼女の才能に注目。2014年3月“ボーダーライン(DEMO ver.)”のフリーダウンロードをスタートしたところ、全く無名の新人にして約1か月で2,000DL を記録。2014年7月にテレビ東京ドラマ『ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~』の主題歌に急遽“Wahの歌”が起用され、初めての配信での楽曲リリースが決定。パワフルさと透明感を併せ持つ歌声は、人の心にダイレクトに訴えかける。2015年7月29日、デビューアルバム『round voice』をリリース。

安藤裕子(あんどう ゆうこ)

1977年生まれ。シンガーソングライター。2003年ミニアルバム『サリー』でデビュー。2005年、月桂冠のTVCMに“のうぜんかつら(リプライズ)”が起用され、大きな話題となる。CDジャケット、グッズのデザインや、メイク、スタイリングまでを全て自身でこなし、時にはミュージックビデオの監督まで手がける多彩さも注目を集める。2014年には、大泉洋主演映画『ぶどうのなみだ』でヒロイン役に抜擢された。2015年1月に8枚目のアルバム『あなたが寝てる間に』をリリース。7月29日には、スキマスイッチ書き下ろし楽曲を含む、11枚目のシングル『360°(ぜんほうい)サラウンド』を発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催 1

    犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催

  2. サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催 2

    サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催

  3. サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現 3

    サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現

  4. KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談 4

    KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談

  5. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 5

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  6. WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告 6

    WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告

  7. ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編 7

    ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編

  8. 『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も 8

    『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も

  9. スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売 9

    スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売

  10. 小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌 10

    小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌