特集 PR

la la larksが知る、バンドにとって本当に意味のある利益とは

la la larksが知る、バンドにとって本当に意味のある利益とは

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:豊島望
2015/07/28

School Food Punishmentのフロントメンバーだった内村友美を中心に、同バンドのプロデューサーを務めていた江口亮(Stereo Fabrication of Youth、MIM)、さらに三井律郎(THE YOUTH、LOST IN TIME)、クボタケイスケ(SADS)、ターキー(ex.GO!GO!7188)という第一線で活躍するミュージシャンたちが集い、2012年に結成されたla la larks。昨年企画されたクラウドファンディングでは、CDの制作に対して200万円を超える投資が集まり、大きな注目を浴びた一方で、結成から3年が過ぎたいまも公式サイトすら作らず、全国流通したCDもアニメ『M3~ソノ黑キ鋼~』のエンディング曲となったシングル『ego-izm』1枚だけ。これまでの常識とは一線を画すスタンスを貫く彼らは、どのようなビジョンで音楽活動を行なっているのだろうか。過去のこと、現在のこと、未来のこと、そして約1年ぶりのリリースとなるシングル『ハレルヤ』について、内村と江口の二人に語ってもらった。

自分たちが投資すべきは、まず音だと思うんです。(江口)

―la la larksは、まず自分たちでできることをやって、必要に駆られたらCDを出す、という活動の仕方をされてきましたけど、前作『ego-izm』を出してから1年経って、そのスタンスに変化はありました?

江口(Key):特に変わってないですね。1年前にFlyingDog(ビクター内のレーベル)が活動の中心になって、それから自由にCDを出せなくなったのではと思っている人もいると思うんですけど、そんなことは全然なくて。出そうと思えば、いつでも出せるんですよ。ただ、前回出させていただいたときの制作環境がすごくよくて、それよりも劣る環境なら、CDを作る必要はないなと思ってました。

内村(Vo):ここまでブレずに来れたと思うんです。たとえば、いまだに自分たちではホームページを作らず、Twitterだけで情報発信しているんですけど、それは無理に広めようとしても、伝わる人にしか伝わらないと正直思っているからで。本当に知りたいと思ってくれる人は、自分で調べてくれるだろうという気持ちがあるからなんです。

内村友美
内村友美

江口:ホームページを作らないもう1つの理由は、どんどん技術が進化する中で、それなりのものを開設するためには最初に投資する額が多いわけじゃないですか。自分たちが投資すべきは、まず音だと思うんです。それ以外のところで、そんなにがんばりたくない。ただ情報を出すだけだったらTwitterでいいし、FlyingDogの公式サイトの中にもla la larksの専用ページがありますし。ウェブの世界の技術なんて3年も経ったらわからないから、そこに右往左往したくないんですよね。

―でも、結局活動していくには、告知が必要だとか、CDを売らなきゃとか、それは詰まるところお金のためかもしれないですけど、la la larksはそこを放棄しているわけですよね。こんなにゆっくり活動していていいのかなと思ったりもするんですけど。

江口:いまはメンバーがここでお金を稼ぎたいと思っているわけじゃないし、食わさなきゃいけないスタッフもいないんですよね。食わす人間が出てくるような規模になってきたら、それはやると思います。でも、食わす人間が出るということは、それ以上の対価がないと、その人も幸せにならないし、自分たちも幸せにならない。タイミングですよね。人件費を払ってでも上に行かなきゃいけないと思ったら、やると思います。

江口亮
江口亮

―いまはそういうタイミングではない?

江口:僕の中で、ライブだったら数千人入るような会場でワンマンをやるようになったり、CDだったら10万枚売れるようなバンドになるまでは、なんとかなるかなって。まぁ、今の時代なかなか10万枚も売れないですけど(笑)。でも、そこまでは自分たちでやらないと、本当の意味での利益は出ないと思います。

Page 1
次へ

リリース情報

la la larks 『ハレルヤ』(CD)
la la larks
『ハレルヤ』(CD)
価格:1,404円(税込)
VTCL-35205

1. ハレルヤ
2. Q And A
3. 色彩
4. ハレルヤ(Instrumental)
5. Q And A(Instrumental)
6. 色彩(Instrumental)

イベント情報

『la la larks presents「ハレルヤ」Release One-Man』

2015年9月4日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-Crest

プロフィール

la la larks(ら ら らーくす)

2012年、各々のバンドで活動をしていた内村友美(School Food Punishment)、江口亮(Stereo Fabrication of Youth , MIM)、三井律郎(THE YOUTH , LOST IN TIME)、クボタケイスケ(Sads) ターキー(GO!GO!7188)で結成。ライブを中心にインディペンデントな姿勢をキープしつつ活動。その傍ら、栗山千明への楽曲提供、AZUMA HITOMIのアルバム『フォトン』において楽曲“東京”のリミックス参加、Spangle call Lilli lineのアルバム『Since 2』にボーカル内村がfeaturing vocalとして参加するなど、活動の幅を広げている。洗練されたサウンド、ドラマチックな楽曲はミュージシャン・クリエイターなど多方面から支持が厚く、注目を集める。2014年6月に1stシングル『ego-izm』(テレビアニメ『M3~ソノ黑キ鋼~』のエンディングテーマ)でCDデビュー。2015年1月には坂本真綾が歌う“色彩”(Fate新作RPG『FATE / Grand Order』主題歌)の作曲・編曲・演奏を手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」