特集 PR

J-POPを経験したエミ・マイヤーが「里帰り」を語る

J-POPを経験したエミ・マイヤーが「里帰り」を語る

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望

昨年は「エミ・マイヤーと永井聖一」名義で全編日本語詞のJ-POPアルバムを発表し、今年に入ってからは富田ラボ feat.Emi Meyer名義で坂本真綾のトリビュートアルバムに参加、さらには話題の映画『ビリギャル』で劇中歌を担当と、ますます多面的な活躍を見せるエミ・マイヤー。そんな彼女の新作は、往年の名曲のカバーを中心としたジャズスタンダード集『モノクローム』だ。

スモーキーな歌声や初期作の印象から、彼女に「ジャズ」のイメージを持っている人は少なくないと思うが、実は彼女は「ジャズシンガー」という枠に違和感を覚えていたという。しかし、作品ごとにコラボレーターを迎え、一期一会の旅を続けながら自らの音楽を形にしてきた彼女は、今回改めて「ジャズシンガー」としての自分と向き合う決心をした。この作品に収められているのは、歴史にリスペクトを捧げつつ、あくまで今を見つめようとする、エミならではのスタンダードナンバーたち。世代を超えて響く歌が、ここにある。

いっぱいオリジナルを出してきて、ようやく他の人の言葉とかメロディーでも、自分の納得いくようなアルバムができるんじゃないかと思いました。

―今回のジャズスタンダード集をエミさんご自身は「里帰りアルバム」と呼んでいらっしゃいますが、デビュー当時に「ジャズシンガー」と見なされたことには違和感があったそうですね。

エミ:ジャズシンガーには「ジャズだけに集中したい」っていうイメージが個人的にあるんですけど、私はポップスも好きだし、ジャズにそれほど詳しいわけではないので、「ジャズシンガー」って言われることにコンプレックスがあったんです。それよりも、自分のオリジナルな音楽を認めてもらいたい、シンガーソングライターになりたいってずっと思っていました。

―実際シンガーソングライターとして作品を数枚出したことによって、やっと今回ジャズシンガーとしての自分と向き合うことができた?

エミ:そうですね。いっぱいオリジナルを出してきて、ようやく他の人の言葉とかメロディーでも、自分の納得いくようなアルバムができるんじゃないかと思いました。あと、前回は永井聖一さんとJ-POPのアルバムを作って、私にとっては完全に未知の世界で、すごく面白い経験だったんですが、自分の軸からはすごい遠いところまで行ってのチャレンジでもあったんですね。だから今回は、自分の一番身近なルーツに戻るのがいいと思ったんです。

エミ・マイヤー
エミ・マイヤー

―一番遠くまで行って、もう1回戻ってきたことによって、ジャズの魅力を再発見したりもしましたか?

エミ:シンプルで奥深いジャズの世界で、自分をどこまで表現できるか、素のままの自分をどこまで見せられるかというのは、挑戦であり、新鮮な経験でした。

―ジャズは「音楽自身に全てを語らせることができる」ともコメントされていますね。

エミ:私は歌い始めて1年ぐらいで1stアルバムを出したんですけど、そのときは歌がどういうものなのか何もわからなくて、派手にしてみたり、迫力を出してみたり、いろんな歌い方を試したんです。でもジャズはすごくシンプルで、その中でどこまでエモーションを届けられるかが大事なんですよね。

―ジャズは素直でシンプル。だからこそ、歌もよりダイレクトな表現になると。

エミ:そうですね。レコーディングのプロセスでも、ポップスはすごくエディットできるじゃないですか? レイヤーを限りなく重ねられるし、あとからボーカルも調整できる。そうやって「作り込む」のはポップスの面白い部分でもあるけど、ジャズにはみんなで一緒に演奏することで生まれる「ライブ」な魅力がある。だから今回は一発録りをして、その中で一つひとつの楽器をどこまでカラフルにできるか、各プレイヤーの個性を表せるか、挑戦しました。

―ボーカルもオケと一緒に録ったそうで、それは自分の歌に自信がないとできないことでもありますよね。

エミ:一緒に録るのって、ホントに怖いんですよ。あとから何度も録り直せるならリラックスしてできるんですけど、今回はすごく集中力を使って、他のことは何も考えずに録音しました。それはすごくいい経験でしたね。

Page 1
次へ

リリース情報

エミ・マイヤー 『モノクローム』(CD)
エミ・マイヤー
『モノクローム』(CD)

2015年9月2日(水)発売
価格:2,700円(税込)
VITO-125

1 .Fly Me To The Moon
2. Moon River
3. I'd Rather Go Blind
4. If I Think Of You
5. Cheek To Cheek
6. Smile
7. Moonlight Serenade
8. My Funny Valentine
9. Monochrome
10. Home
11. What A Wonderful World

イベント情報

『エミ・マイヤー「モノクローム」~ジャズ・スタンダードのひと時』

2015年12月15日(火)
会場:大阪府 梅田CLUB QUATTRO

2015年12月16日(水)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2015年12月17日(木)
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

料金:各公演 前売4,500円 当日5,000円

プロフィール

エミ・マイヤー

日米を拠点に活動するシンガー・ソングライター。日本人の母親とアメリカ人の父親の間に京都で生まれ、1才になる前にアメリカのシアトルに移住。2009年にリリースされたデビューアルバム『キュリアス・クリーチャー』はiTunes Storeや多くのCDショップのJAZZ チャートで首位を獲得。2012年のミニアルバム『LOL』は収録曲“オン・ザ・ロード”がTOYOTAプリウスのCMでオンエアされ、スマッシュヒットとなった。またJazztronik、ケン・イシイ、大橋トリオ、Def Tech、さかいゆう、永井聖一らとの共作曲でも幅広い層に支持されている。2015年は冨田ラボ feat.Emi Meyer名義で坂本真綾20th記念トリビュートアルバム『REQUEST』に参加、映画『ビリギャル』でも劇中歌3曲を歌っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで