特集 PR

「すべてをのみこんで吐き出す」カイブツ木谷友亮インタビュー

「すべてをのみこんで吐き出す」カイブツ木谷友亮インタビュー

インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:永峰拓也 企画協力:アドビシステムズ
2015/08/25
  • 0
  • 124

漫画家の井上雄彦さんとの仕事で、作品を受け取ってくれるお客さんを直接感じられる幸せと手応えを目の当たりにしたんです。本当に貴重な体験でした。

―もう1つ、この作品で注目したいのがBGM。音楽を高木正勝さんが担当されましたね。

木谷:僕はあまり音楽に詳しいわけではないのですが、「これはいい音楽だな」と思うと、高木さんの音楽であることが多くて。今回の作品は感情表現がかなり繊細なので、高木さんの哀愁と深みがある音楽が合うと思い、ぜひお願いしたかったんです。

―高木さんには、どのようなオーダーを?

木谷:監督へのオーダーと同じですね。それぞれのシーンの感情を大事にしたいと。ただ、これは監督の提案だったんですが、映像の切り替わるスピードが速いので、そこで感情ごとにフレーズをつけるとせわしない。なので、ラストのほうに大きな感情の山を設けて、映像とあまりリンクしすぎない曲にしていただきました。

―高木さんが、スピーディーな映像にゆったりとアコースティックな音楽をつけられたことで、逆に感情が伝わってきたように思います。近年は高木さんご自身も山奥へ引っ越し、アナログな感覚に回帰していますが、今、もの作りの世界では手作りの温かみやアナログの手法が1つの手法として見直されている印象を受けます。木谷さんは、手描きのアニメーションの制作を経験されて改めていかがでしたか?

木谷:今回に限るのかもしれないですが、手描きのアニメーションというのは、手をかければかけるほど良くなるものだなと実感しましたね。いつもの作業だと、やり過ぎず、途中で手を止めたほうが良くなるものが多い。でもアニメーションは、監督がこだわればこだわるほどどんどん良くなっていき、「いつまで続くのだろうこの地獄は」と見ていて思いました。

―手描きということでいうと、木谷さんは、漫画との関わりも多いですよね。『ONE PIECE』や『進撃の巨人』に関する仕事を多数手がけていらっしゃいますし。漫画家の方から影響を受けたりすることもありますか?

木谷:はい。すべての仕事から影響は受けていますが、まだカイブツをはじめる前、2004年にご一緒した井上雄彦さんの『スラムダンク1億冊感謝記念 ファイナルイベント』の仕事は、最後のイベントでファンの喜ぶ顔を直接見ることができました。作品を受け取ってくれる相手を直接感じられる幸せと手応えを目の当たりにした経験が、僕の人生にものすごく影響を与えてくれたと思っています。

―広告の仕事だけに収まらず、木谷さんがあらゆるジャンルの制作に携わっていらっしゃるのも、その経験が影響しているのですか?

木谷:そうですね。だから今、カイブツは、広告もイベント企画もロボットの「クラタス」のお手伝いも……と、ジャンルにこだわらずやっています。視野を広く持ちながら、いろいろな仕事のバランスを上手く取ることで、さらに仕事の幅を広げていけたらいいなと思っています。

―今後、『色を喰うアクマ』のように、吸収した全部を一気にはき出せるような一作を作る手がかりは見つかっていますか?

木谷:今のところはまったく見つかっていないです……。がんばります。

Page 3
前へ

作品情報

『色を喰うアクマ』

2015年8月25日(火)公開
監督:山川裕史(Spoon.)
企画:木谷友亮(カイブツ)
音楽:高木正勝
プロデューサー:石橋健太郎(Spoon.)
企画制作:東急エージェンシー / TOTB カイブツ Spoon.

Adobe Creative Cloud

アドビ社の提供するすべてのクリエイティブ製品(アプリケーション)を利用できる年間契約サービス。 すべての製品はバージョンCC(クリエイティブクラウド)となり、ダウンロードしてインストールできるほか、更新された新機能はオンラインを通じてソフトウェアをアップデートすることで利用可能。さらに、ファイル共有、共同作業、配信に役立つ各種オンラインサービスにもアクセスできる。2013年8月15日より単体製品のみの購入プランが加わり、業務に必要なアプリケーションが限定されている場合には、通常版よりコストを抑えることができる。

プロフィール

木谷友亮(きたに ゆうすけ)

1976年千葉県生まれ。工業高校~大学機械工学科~デザイン専門学校卒業。グラフィック広告の制作会社アドブレーンに入社。電通IC局への出向を経て、2005年独立。2006年株式会社カイブツを設立。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言