特集 PR

アナログフィッシュ下岡×Yogee New Waves角舘の濃密対談

アナログフィッシュ下岡×Yogee New Waves角舘の濃密対談

インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:永峰拓也

アナログフィッシュがニューアルバム『Almost A Rainbow』を完成させた。前作『最近のぼくら』からわずか11か月で完成させた本作は、佐々木健太郎と下岡晃という二人のソングライターでありボーカリストがクリエイトする楽曲のコントラストが、これまで以上に濃厚なものになっている。光量の高いポップネスを表出させる佐々木の楽曲と、ストイックなリズムセクションを軸にグルーヴを構築する下岡の楽曲が有機的に連なり、リスナーの耳を最後まで弛緩させない。各曲に描かれた多面的な情景や心理描写から何を感じ取るかは、やはりリスナーの想像力に委ねられている。豊潤かつ刺激的なサウンドプロダクションと歌の奥行きーーアナログフィッシュが特別なバンドであり続ける核心を本作は映し出していると言っても過言ではない。

本作のリリースを記念して、下岡とYogee New Wavesのフロントマン、角舘健悟の対談が実現した。今や新鋭のバンドたちからリスペクトを集めるアナログフィッシュと現行のインディーシーンにおける旗手的な存在であるYogee New Waves。下岡と角舘の交わした対話は、曲作りの方法論や世代観、社会に対するスタンスなど、実に濃密で興味深いものになった。

僕は意思のある声が好きで。歌詞がどうこうじゃなくて、何かを言おうとしている人の声というのがあると思うんですよね。(下岡)

―下岡さんが最初にYogee New Wavesの楽曲を聴いたとき、どんなことを感じましたか?

下岡:初めて聴いたのは“CLIMAX NIGHT”だったんですけど、曲のムードと声がすごく良かったんですよね。僕は意思のある声が好きで。そういう意味でも角舘くんの声は僕の趣味にピッタリでした。

下岡晃
下岡晃

―下岡さんにとって「意思がある声」とは?

下岡:歌詞がどうこうじゃなくて、何かを言おうとしている人の声というのがあると思うんですよね。角舘くんの声はそれだなって。

―角舘くん、そう言われてどうですか?

角舘:嬉しいですね。僕も思いや哲学というか、何かを人に伝えなきゃという気持ちや目線を持っているミュージシャンが好きだから。それはアナログフィッシュにも感じているし。そういう部分でお互いが惹かれ合ったなら、良かったなって思います。

―角舘くんはリスナーとして、アナログフィッシュをどのように聴いてきたんですか?

角舘:僕はアナログフィッシュを通りそうで通ってこなかったんです。学生時代はメロコアやパンクに始まり、大学生になってからジャズやファンクに傾倒していって。去年の10月に『スペースシャワー列伝』のオファーをもらって、そこに共演者としてアナログフィッシュの名前があって、「あ、アナログフィッシュって知ってる」というくらいの感じだったんです。すみません(笑)。

下岡:いいよ(笑)。

角舘:でも、サポートでベースを弾いてくれているやつがアナログフィッシュのファンで。そいつに曲を聴かせてもらったら、めっちゃ良かったんですよね。実際にライブを観て、そのあと下岡さんと話してバンドの姿勢に共感もしたし。

角舘健悟
角舘健悟

下岡:ありがとう。

角舘:下岡さん、最近LINEくれますよね?

下岡:たまにね(笑)。近頃D.A.N.がすごく好きでよく聴いてるんですけど、CDを聴いてたらヨギーと同じレーベル(Roman Label)ということがわかって。never young beachもいるし、すごくいいレーベルだなと。それで角舘くんに「いいレーベルだね」ってLINEを送ったんだよね。

角舘:D.A.N.にも伝えておきましたよ。「下岡さんが最高だって言ってる」って。メンバーも「超嬉しい」って言ってました。僕も嬉しかった。

―下岡さんからD.A.N.の名前が出てきて思ったんですけど、アナログフィッシュの新作における下岡さんのストイックなリズムのアプローチと、D.A.N.の音楽性はたしかにリンクするところもありますね。

下岡:D.A.N.のドラムの音色は、まさに今の僕が聴きたかった音だったんですよね。また時代がいい感じに変わってきているなと。よくよく確認したらエンジニアが葛西(敏彦)くんだったから、なるほどとも思いました。アナログフィッシュの新作のサウンドに関しては、最近個人的に1990年代の音をよく聴いていて。それこそグランジみたいなアプローチをやりたいと思ってるんですよ。

―でも、今作にグランジ色はないですよね。

下岡:今作ではまだそこまで落とし込めていないんですけど、最近のToro Y Moiの曲を聴いたときに、90年代の音をチルウェイヴ以降の感覚で昇華しているなと思うものが何曲かあって。そういう感覚が念頭にあったんですよね。それで今後は爆音グランジみたいなアプローチで曲を作ってみたいなとちょっと思っているんですよ(笑)。

角舘:めっちゃいいじゃないですか!(笑) アナログフィッシュの新作を車の中で聴かせてもらったんですけど、下岡さんが作った“No Rain(No Rainbow)”という曲がすごく好きでした。やっぱり鋭い歌詞で心を刺してきますよね。

―しかもシンプルな筆致で。

角舘:そう、会話の中で出てくるような、すごくシンプルな言葉でしっかり刺してくるというか。「ああ、確かにそうだな」って思わせるんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

アナログフィッシュ『Almost A Rainbow』(CD)
アナログフィッシュ
『Almost A Rainbow』(CD)

2015年9月16日(水)発売
価格:2,916円(税込)
felicity cap-235 / PECF-1125

1. Baby Soda Pop
2. F.I.T.
3. Will
4. No Rain(No Rainbow)
5. Tired
6. 今夜のヘッドライン
7. Walls
8. Hate You
9. 夢の中で
10. こうずはかわらない
11. 泥の舟

イベント情報

アナログフィッシュ
『Almost A Rainbow』

2015年11月7日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE PARK SQUARE

2015年11月14日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:愛知県 名古屋 CLUB UPSET

2015年11月15日(日)OPEN 17:15 / START 18:00
会場:大阪府 Music Club JANUS

2015年11月17日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:福岡県 the voodoo lounge

2015年11月21日(土)OPEN 17:15 / START 18:00
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

料金:各公演 前売3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)

プロフィール

アナログフィッシュ

3ピースにして、2ボーカル+1コーラス。唯一無比のハーモニーを響かせる、希代のロックバンド。下岡晃(Vo,Gt)の世に問う社会的なリリックと、佐々木健太郎(Vo,Ba)の熱々な人間讃歌が、見事に交差する楽曲群と、斉藤州一郎(Dr.Cho)のしなやかかつファットなプレイに、やられっぱなしの諸氏多し。

Yogee New Waves(よぎー にゅー うぇーぶす)

都会におけるポップスの進化をテーマに、東京を中心に活動する音楽集団。2013 年6月、KakudateとInoueを中心に活動開始。楽曲制作に勤しむ。SUMMER SONICの『でれんのサマソニ2013』の最終選考に選出され、選考ライブがまさかのバンド初ライブとなる。9月にはTetsushi Kasuya(Dr)、Mitsuhiro Matsuda(Gt)が加入し、11月にE.P.『CLIMAX NIGHT』を自主制作。ライブ会場のみの販売で、初回生産分は即座に完売する。今年1月、全国の大学生音楽サークルが参加するコンテスト形式の音楽イベント『SOUND YOUTH』の最終選考10組に選出され、渋谷O-EASTでライブ。見事、会場の最多投票数を獲得し『Sound Better賞』を獲得。そして、2014年4月にデビューep『CLIMAX NIGHT e.p.』を全国流通でリリース。7月末の『FUJI ROCK FES'14』のRookie A Go Goに出演。その後、Booked!、セイハローフェスと野外フェスに出演。そして9月には1stアルバム『PARAISO』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

思い出野郎Aチーム“ダンスに間に合う”

思い出野郎Aチームが6月30日にリリースする7inchシングルのPVは、オフィスの中で描かれるドラマ仕立ての映像。歌詞にもあるように、散々な日でもひどい気分でも、そのどこかに潜む祝福すべき一瞬を、メロウなグルーヴで捕まえる。(飯嶋)