特集 PR

子どもは誰でも作曲能力がある?馬喰町バンドが目指す無垢な音楽

子どもは誰でも作曲能力がある?馬喰町バンドが目指す無垢な音楽

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望
2015/09/01
  • 70

音楽はどこから来て、どこへ行くのか。誰もが一度はそんな壮大なロマンを思い描いたことがあるだろう。馬喰町バンドという3人組は、そんな命題に本気で挑み続けている稀有なバンドである。「ゼロから始める民族音楽」をコンセプトに掲げ、西洋理論に基づくポップスも、世界各国のフォークロアも、日本の民謡や童歌も吸収しながら、あくまで今を生きる日本人としての民族音楽を鳴らそうとする。そのために使われるのは、遊鼓(担ぎ太鼓)や六線(弦楽器)と名付けられた自作の楽器、現代のポップスで一般的に使われる十二平均律を外れた非平均律、そして非メトロノーム的な揺らぎを重視したリズム。新作『遊びましょう』は、まさに「独創的」という言葉がぴったりな、強烈なオリジナリティーを持った楽曲が並ぶ素晴らしい作品だ。また、彼らは音楽が総合芸術であることを深く理解し、熱心に訴えかけてもいる。それは「常識」と呼ばれる見えないルールへのレジスタンスであるとも言えるが、彼らの姿勢はあくまで軽やか。さあ、一緒に音楽で遊びましょう。

アメリカのヒップホップとかロックをやるのも、日本の郷土芸能をそのままやるのも、どちらにしろ自分たちはネイティブではないから違和感が残る。(武)

―馬喰町バンドの「ゼロから始める民族音楽」というコンセプトは、どのような経緯で生まれたものなのでしょうか?

武(Gt,六線,Vo):僕はもともとブラックミュージックが大好きで、そのルーツにあるブルースとかアフリカの黒人音楽、そしてそこから派生するワールドミュージックとかが好きになって、さらにはその奥にあるルーツを好きになっていったんです。そうすると、西洋から来た音楽を日本人である自分が同じレベルでやれるのかって、だんだん疑問に思ってきたんですよね。音楽のリズムとかグルーヴっていうのは土着的なものだから、誰に教わるでもなくできる部分があって、そこに理論とか理屈を勉強して挑んだところで限界があるというか、「なんだかなあ」って。

武徹太郎
武徹太郎

―なるほど。

:だったら、自分たちにとっての誰に教わるでもなくできる音楽を作ってみようと思って、まずは日本の民謡とか新民謡と呼ばれるもののフィールドワークから始めたんです。そうしたら、日本の童歌って、大体3つとか4つのシンプルな音階でできてるんですけど、その中に自分がポップスとして聴いてきたものにはなかったメソッドがたくさんあったんですよね。

―西洋音楽の理論とは違ったと。

:そうです。例えば、西洋音楽だと奇数拍子のビートとかは変拍子って括りになったりするけど、童歌には変拍子とかポリリズムが当たり前のように入ってる。シンプルな中に大胆な遊びや駆け引き、即興の要素が入ってて、これは面白いと。ただ、郷土芸能とか民謡とかにしても、やろうと思えば思うほど寂しくなっちゃったんです。その土地に学びに行っても、結局その土地で生まれ育った人間ではないから、やっぱり完全にインサイダーになることはできなくて、むしろアメリカのロックとかよりもさらに遠く感じちゃって。

ハブ(遊鼓,Vo):東北の芸能を東京で習おうとすると、「現地の先生をお呼びして」とか、同じ日本なのに「現地」って言葉が使われるんですよね。

左から:織田洋介、武徹太郎、ハブヒロシ
左:織田洋介、右:ハブヒロシ

:そう、土地が違うと「ネイティブじゃない」とか言われちゃう。郷土芸能の人同士でも、そうやって気を使い合ったりしてて、これもやっぱり僕らが当たり前のようにできる音楽とはちょっと違うのかなって。アメリカのヒップホップとかロックをやるのも、日本の郷土芸能をそのままやるのも、どちらにしろ自分たちはネイティブではないから違和感が残る。だったら、自分たちが自然と学んできたものだけで勝負しようというスタンスになって、「ゼロから始める民族音楽」というコンセプトを立てたんです。

Page 1
次へ

リリース情報

馬喰町バンド 『遊びましょう』(CD)
馬喰町バンド
『遊びましょう』(CD)

2015年9月2日(水)発売
価格:2,376円(税込)
HOWANIMALMOVE / HAMB-001

1. 源助さん
2. 許してワニ
3. 微生物
4. わたしたち
5. 青
6. 鬼の子の夢
7. いだごろ
8. ムツゴロウさん
9. 月夜のおまえさん

イベント情報

『「遊びましょう」レコ発ライブ』

2015年9月4日(金)
会場:山形県 鶴岡 Bar Trash

2015年9月6(日)
会場:福島県 いわき THE QUEEN Live&Restaurant

2015年9月13日(日)
昼の部:OPEN 15:00 / START 15:30
夜の部:OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 馬喰町ART+EAT
ゲスト:
飯野和好
三井闌山

インストアライブ
2015年10月3(土)
会場:東京都 タワーレコード渋谷店

2015年10月10日(土)
会場:愛知県 名古屋 ブラジルコーヒー

インストアライブ
2015年10月11日(日)
会場:京都府 タワーレコード京都店

インストアライブ
2015年10月11日(日)
会場:大阪府 タワーレコード難波店

2015年10月12日(月・祝)
会場:大阪府 豊中 DECOBOCO farm KITCHEN

2015年10月16日(金)
会場:東京都 西麻布 音楽実験室新世界
出演:
青葉市子
川村亘平斎(滞空時間)

2015年10月24日(土)
会場:長野県 松本 神宮寺

2015年11月1日(日)
会場:埼玉県 熊谷 モルタルレコード

プロフィール

馬喰町バンド(ばくろちょうばんど)

武徹太郎(ギター・六線・唄)、織田洋介(ベース・唄)、ハブヒロシ(遊鼓・唄)による三人組。昭和生まれ、新興住宅地育ち。懐かしいようでいて何処にも無かった音楽を、バンド形式で唄って演奏する。日本各地の古い唄のフィールドワークや独自の「うたあそび」を元に奇跡的なバランス感覚で生みだされる彼らの音楽は、わらべうた・民謡・踊り念仏・アフロビート・世界各地のフォークロアが、まるで大昔からそうであったかのように自然に共存する。2015年9月2日、待望の4thフルアルバム『遊びましょう』をHOWANIMALMOVEよりリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)