特集 PR

天然だけじゃない。音楽を心から愛する男 DJ KOOインタビュー

天然だけじゃない。音楽を心から愛する男 DJ KOOインタビュー

インタビュー・テキスト
加藤直宏
撮影:豊島望
2015/09/29

なんとDJ KOOに取材をさせていただけることになった。1990年代より、小室哲哉ファミリーの中枢として活動するTRFのリーダーであり、DJ。最近はその天然キャラがバラエティーテレビ番組でも引っ張りだこ。しかし、そんなDJ KOOがただのタレントではなく、じつは1970年代の日本のディスコ黎明期から現場で活動する叩き上げのDJであったことはご存知だろうか?

ディスコ / クラブシーンのDJブースの中で、またTRFという巨大な音楽プロジェクトの中で、日本の音楽シーン、パーティーシーンの栄枯盛衰を見続けてきたDJ KOO。今回は、スミノフが主催する「オンライン上の渋谷スクランブル交差点」でのバーチャルハロウィンパーティー『MONSTERS' KANPAI PARTY』を盛り上げるオリジナルトラックを制作したということで、実際に彼が体験してきた東京のナイトカルチャーを振り返ってもらいつつ、近年のハロウィンパーティーや夜遊びの魅力についても大いに語っていただいた。

1970年代はいまほど夜遊びの規制が厳しくなかったから、ディスコに通っている学生はたくさんいたんです。

―KOOさんは、1970年代後半のディスコブームの頃にDJをはじめられたそうですが、学生時代は3年間ラグビー部に所属されていますよね。バリバリの体育会系ボーイがディスコに目覚めたきっかけは、なんだったんでしょうか?

KOO:じつは子どもの頃からミュージシャンになりたかったんですよ。何かに夢中になると、どんどん掘り下げていくタイプで、最初は沢田研二さんに憧れて、そこからザ・タイガース、そしてグループサウンズに辿り着くんです。で、その頃のグループサウンズのライブ盤を聴くと、洋楽のカバー曲が必ず1、2曲入っていた。そこで洋楽の存在を知って、The Rolling Stonesにハマっていきました。

―もともと気質がマニアックというか、凝り性なんですね。

KOO:アーティストのルーツを知ることで、よりその音楽が楽しくなるというか、自分の中にも深く入ってくる。ずっとそういう聴き方をしてきましたね。The Rolling Stonesから、もちろんThe Beatlesも聴いて、14歳くらいの頃はPink Floydを聴いていました。ボーカリストよりもギタリストに憧れて、ギターを練習していましたね。

―なぜギタリストに?

KOO:日本のお茶の間では、アイドルのような歌える人にアイコン的な人気が集まるけれど、海外ではジミ・ヘンドリックスやリッチー・ブラックモア(元Deep Purple)、ジミー・ペイジ(Led Zeppelin)のような大物ギタリストが、ボーカリスト以上に存在感を放っていたのがかっこいいと思って。バンドでオーディションやコンテストに出たこともありますよ。

DJ KOO
DJ KOO

―ラグビー部に所属しながら、ギター少年でもあったわけですね。

KOO:そうです。でも卒業するくらいになると、自分の力量ではギターで食べていくのは難しいとわかってきて。

―その頃はまだディスコには興味がなかったんですか?

KOO:1970年代はいまほど夜遊びの規制が厳しくなかったから、ディスコに通っている学生はたくさんいたんです。でも僕は1回も行ったことがなかった。部活がハードだったので(笑)。で、卒業してから晴れてディスコデビューしてみたら、自分が求めていたものを見つけてしまったというか、そのくらいのインパクトがありました。

―14歳でPink Floydを聴いていた早熟なロック少年が、いきなりディスコに足を踏み入れて、すぐに馴染めたんですか?

KOO:当時のディスコはいつ行ってもフロアに人が溢れていて、ブースからたった1人で大勢のお客さんを踊らせるDJという存在に一瞬で惚れ込んでしまったんです。演奏しているわけでもなく、歌っているわけでもなく、寡黙な感じで曲をミックスする姿にビビっときて。

―当時のディスコではどんな音楽がかかっていたんですか?

KOO:ちょうど第1次ディスコブームで、キャンディポップ(日本で爆発的に流行した、女性ボーカルを前面に出したグループのキャッチーなダンスナンバー)や、ソウルシーシーというステップが流行っていて、竹の子族とかもいて、カルチャーが元気でしたよね。当時は「ファンキー」って呼ばれていたんだけど、いわゆるEarth, Wind & FireやKool & the Gangのようなブラックコンテンポラリー(1970年代後半~1980年代のブラックミュージック)だったり、「シュガーヒル・レコード」のようなヒップホップ黎明期のレコードが人気だったと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

スミノフ『MONSTERS' KANPAI PARTY』

2015年9月28日(月)12:00~
料金:無料
動作環境:iPhone6(iOS8.3)、iPhone6 PLUS(iOS8.4.1)、GALAXY S5 SCL23(Android4.4)、Xperia Z1f SO-02E(Android4.4.4)※機種、ブラウザアプリによっては、ご利用できない場合もございます。あらかじめご了承ください。

プロフィール

DJ KOO(でぃーじぇー こー)

12歳のとき、ブリテイッシュロックに影響を受けギターを手にする。高校時代にダンスミュージックと出会い、その後先輩DJに誘われ新宿のDisco「カンタベリーハウス」「B&B」でDJを務めることに。コンピューター&MIDIシステムによる全く新しい音楽作りが話題となり、1986年、dj hondaとRemixチーム“THE JG's”を結成し、数多くのリミックスプロデュースを手掛ける。その活動は一気に拡大し、国内最強Remix集団として今では伝説となっている。現在はダンスボーカルユニット「TRF」のDJ&リーダーとしてサウンドワークに携わり、クラブでのDJプレイにおいても精力的な活動を展開している。また、個性的なキャラクターが受け、テレビバラエティー番組でも活躍中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送