特集 PR

『私たちのハァハァ』松居大悟と池松壮亮の親密なライバル対談

『私たちのハァハァ』松居大悟と池松壮亮の親密なライバル対談

インタビュー・テキスト
宇野維正
撮影:豊島望

何かをどうしようもないぐらい好きになり、いてもたってもいられない衝動を覚えた経験が、誰の中にもあるのではないか。『私たちのハァハァ』は、ロックバンド「クリープハイプ」のファンである女子高生4人が、同バンドのライブのために自転車で北九州から東京を目指す青春ロードムービーである。主人公に「Vine 女子高生」として注目を集める大関れいか、シンガーソングライターの井上苑子など、ほぼ演技未経験の現役女子高生が名をつらね、初期衝動のままに一夏を走り抜ける。

そして本作への出演も果たし、作品が完成する上でのキーパーソンとなっているのが池松壮亮。ともに『私たちのハァハァ』の出発地である福岡県出身、仕事上でもプライベート上でも深い交流のある二人。映画監督と役者という異なる場所から見えている現在の景色、池松壮亮による松居大悟の作品論、両者とも交流のあるクリープハイプ・尾崎世界観の話などなど。腹を割って大いに語り合った。

『リリオム』は舞台だったから、そんなにたくさんの人には観てもらってないんだけど、あそこから池松くんの仕事の仕方が変わってきたのにって思うとちょっと悔しいんです(笑)。(松居)

―ともに福岡出身のお二人ですが、親しく交流するようになったきっかけから聞かせてください。

松居:最初に会ったのは、2010年のNHK-FM でやったラジオドラマ『相方のあり方』ですね。

池松:そんなに前かぁ。僕が18歳のとき、東京に引っ越してきてすぐの頃ですね。

池松壮亮
池松壮亮

松居:博多弁で台本を書いたんですけど、それをさらに池松くんが強い博多弁にして演じたんですよ。あのときは全然話さなかったね。

池松:だって、リハーサルと本番で2日間だけだったから。

松居:あと、死ぬほどオシャレだった……。

松居大悟
松居大悟

池松:なんかツナギみたいなの着ていた覚えがあります(笑)。その次が、『リリオム』(2012年、青山円形劇場 / 脚色・演出:松居大悟)で一緒にやったんですよね。

松居:なんだかんだで、こうしてちゃんと話すようになったのは『リリオム』からだね。あの作品の前後くらいで、池松くんの仕事の仕方が変わったよね?

池松:そうかなぁ。まぁ、来る仕事は変わってきたかもしれないですね。

松居:暴力をふるうシーンだったり、ベッドシーンだったり(笑)。だから、今の活躍ぶりは嬉しいんだけど、ちょっと悔しい気持ちもあって。『リリオム』は舞台だったから、そんなにたくさんの人には観てもらってないんだけど、あそこから池松くんは変わってきたのにって(笑)。

池松:(笑)。でも、今でも言われることありますよ。もう一度『リリオム』が観たいって。あのとき、松居さんいくつでした?

松居:26歳かな。自分の劇団(ゴジゲン)以外で作品性の強い商業舞台をやったのはあれが初めてだったから、ホントに大変だった。ちょうどその年の頭にクリープハイプがメジャーデビューするというので、ミュージックビデオもやり始めて。だから、今思えば『リリオム』の頃がターニングポイントだったんだなって。

池松:僕もその頃がターニングポイントでしたよ。

池松壮亮

松居:その言葉が欲しかった!

池松:(笑)。でも、最初の頃はずっとお互いを牽制し合ってましたよね。

松居:今も普段は普通に喋ってるけど、やっぱり大事なことは言わなかったりするよね?

池松:え? 大事なことって?

松居:この間も、一緒にお茶してたのに、誕生日だってこと言わなかった。後から知ってショックだったよ(笑)。

池松:あれは誕生日の前日だったから(笑)。それに、そんなこと言っても仕方ないじゃない? 言ったら奢ってくれた?

松居:「おめでとう」って祝ってあげたのに。

池松:(苦笑)。

Page 1
次へ

作品情報

『私たちのハァハァ』

2015年9月12日(土)からテアトル新宿ほか全国公開
監督:松居大悟
主題歌:クリープハイプ“わすれもの”
音楽:クリープハイプ
出演:
井上苑子
大関れいか
真山朔
三浦透子
クリープハイプ
武田杏香
中村映里子
池松壮亮
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

プロフィール

松居大悟(まつい だいご)

1985年生まれ、福岡県出身。劇団ゴジゲン主宰。09年、NHK『ふたつのスピカ』で同局最年少のドラマ脚本家デビュー。12年2月、『アフロ田中』で長編映画初監督。以降、クリープハイプのミュージックビデオから生まれた異色作『自分の事ばかりで情けなくなるよ』(第26回東京国際映画祭正式出品)や、青春剃毛映画『スイートプールサイド』など枠にとらわれない作品を発表し続け、ゴスロリ少女と時代を象徴する音楽で描いた絶対少女ムービー『ワンダフルワールドエンド』は第65回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門に正式出品。今作『私たちのハァハァ』は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015で2冠に輝いた。

池松壮亮(いけまつ そうすけ)

1990年生まれ、福岡県出身。03年、映画初出演となった『ラストサムライ』で注目を集め、『第30回サターン賞』で若手俳優賞を受賞。以降、映画『ぼくたちの家族』、NHK大河ドラマ『風林火山』、舞台など話題作品で活躍。2014年、映画『ぼくたちの家族』や『紙の月』などの演技が評価されブルーリボン賞やキネマ旬報ベスト・テンなど日本の主要映画賞で4つの助演男優賞を受賞。ドラマ『MOZU』シリーズでは双子の殺し屋の役を一人二役で演じ激しいアクションにも挑戦。第39回エランドール賞新人賞も受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表