特集 PR

大沢伸一が語る仕事論「プロであることにこだわる時代ではない」

大沢伸一が語る仕事論「プロであることにこだわる時代ではない」

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人
2015/09/30

昔は「ヒット曲を書いてください」というオファーもありましたけど、「書けません」って言い切りますから(笑)。

―では、近年の大沢さんの活動について具体的にお伺いしたいのですが、まずJ-POPのアーティストのプロデュースやリミックスなどをいろいろ手掛けられていますよね。今のJ-POPのシーンについては、どう見られているのでしょうか?

大沢:実はよく知らないんですよね。なので、知らないのを承知で、あえてものを言わせていただくと、親切過ぎる音楽が多い気がします。リスナーの感度を上げる類のものではなくて、わかりやすくするという、丁寧過ぎるもの作りが多いような印象がありますね。

―実際に大沢さんが近年手掛けたJ-POPアーティストの作品に関しては、親切さよりも、リスナーの感度を上げるようなものを作るという意識が大きかったと言えますか?

大沢:AFTERSCHOOL、JUJUちゃん、山下(智久)くん……やっぱり、ある程度冒険はしてますね。向こうが僕に望むのは、アルバムの中のエッジだと思うんです。なので、それを役割として引き受けつつ、ポップスとして成立するラインは守る。そこは職人のような気持ちでやってます。昔は「ヒット曲を書いてください」というオファーもありましたけど、「書けません」って言い切りますから(笑)。

―(笑)。

大沢:安室奈美恵ちゃんとは何曲かやっていて、ライブのいいところで披露されるような曲ができましたけど、彼女の楽曲の中でスーパーメジャーな部類かというとそうではない。でも、僕はそれでいいと思ってるんです。そのアーティストに、よりカッティングエッジな曲を提供することが、僕の使命なんだと思います。



(今CMで放送中の)JUJUちゃんの“夢見るシャンソン人形”も、フルで聴くと、僕がどれだけ普通じゃないアプローチをしているかがわかっていただけると思います(笑)。

―近年はCMの音楽もたくさん手掛けられていますね。

大沢:自分で言うのもおかしいですけど、みなさんが思ってる以上に僕は音楽の表現の幅が広いんです(笑)。スポンサーの要望に対して打ち返せないことはほぼないと言い切れますし、自分なりに、彼らの要望以上で返せてるんじゃないかと思ってます。

―ここ2~3年ですごく数が増えた印象があるのですが、仕事として捉え直したということが大きいのでしょうか?

大沢:昔から結構やってはいたんです。でも、僕が積極的にそういう仕事をやるとはあまり思われてなかったみたいで、特別な関係がないと引き受けないと思われている節があったんですよね。でも、全然そんなことはなくて、もともと映画音楽が大好きだし、映像に音楽をつけるのは大好きなんです。フェデリコ・フェリーニにおけるニーノ・ロータ(フェリーニ監督の『アカデミー賞』受賞4作を含めた、数多くの作品にて音楽を担当)の役割が大好きで、映像を見れば音楽が鳴るし、音楽を聴けば映像が浮かぶ。あのコンビネーションが大好きなので、いつかは映画音楽もやりたいと思ってます。

―近年手掛けられたCM音楽の中で、特に印象に残っているものを挙げていただけますか?

大沢:TOYOTAのオーリスはCM自体が好きですね。女性のお尻のアップから、振り向いたら男性だったっていう、あのモチーフが衝撃的で好きでした。クレイジーな狂気を暗く表現することは簡単ですけど、明るい旋律で表現するのは難しい。なので苦労もしましたけど、上手く行ったと思います。あとは安室ちゃんが出演したKOSEのCM。「とにかくエッジの効いたかっこいいものを」と頼まれて、ふたつ出した中から尖った方を彼女が気に入ったみたいで。最初は歌が入ることを全然想定してなかったんですけど、彼女からそれに歌を入れたいという話が出て、それでできあがったのが“NAKED”だったんです。


―今放送中のセブン&アイホールディングスのCMで使われている、JUJUさんによる“夢見るシャンソン人形”のカバーもプロデュースされていますよね。


大沢:JUJUちゃんが“夢見るシャンソン人形”をフランス語で歌ってるんですけど、フルで聴くと、僕がどれだけ普通じゃないアプローチをしているかがわかっていただけると思います(笑)。メロディーがコードトーンの中にピッタリと収まってて、ある意味アレンジのしようがない曲なんですが、JUJUちゃんサイドから「クールなイメージで」という要望があったので、僕なりに最大限にリアレンジしてクールなものに仕上げたつもりです。CMで使ってない後半に関してはすごいことになっていますよ(笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

大沢伸一『OFF THE ROCKER presents SOFA DISCO 15FW』(2CD)
大沢伸一
『OFF THE ROCKER presents SOFA DISCO 15FW』(2CD)

2015年8月26日(水)発売
価格:2,916円(税込)
AVCD-93165/6

[DISC1]
1. On & On / This Soft Machine
2. Summerville / OFF THE ROCKER
3. The Rhythm (Alpines Remix) / MNEK
4. Right Here, Right Now feat. Kylie Minogue (OFF THE ROCKER SOFA DISCO Remix) / Giorgio Moroder
5. BUSH / OFF THE ROCKER
6. Make Me Wanna Dance / TRACE7000
7. Driven / OFF THE ROCKER
8. Hype / Kazuma Takahashi
9. Beggin For Thread (Friend Within Remix) / BANKS
10. Late At Nite (122 VIP) / Thee Mike B, Oliver Dollar, Matthew K
11. Curious (Shinichi Osawa Remix) / Alison Valentine
12. Switch in My Brain (Mitaka Sound Remix) (SOFA RE-DISCO) / SERi
13. Anywhere / Flash Bug
14. My Chesterfield / Mason
15. Love Crime / Jesus
16. MIAMI (SOFA RE-DISCO) / rubyin
17. Fond Memory / Aurient
[DISC2]
1. Summerville / OFF THE ROCKER
2. Right Here, Right Now feat. Kylie Minogue (OFF THE ROCKER SOFA DISCO Remix) / Giorgio Moroder
3. BUSH / OFF THE ROCKER
4. Make Me Wanna Dance / TRACE7000
5. Driven / OFF THE ROCKER
6. Hype / Kazuma Takahashi
7. Late At Nite (122 VIP) / Thee Mike B, Oliver Dollar, Matthew K
8. Curious (Shinichi Osawa Remix) / Alison Valentine
9. Switch in My Brain (Mitaka Sound Remix) (SOFA RE-DISCO) / SERi
10. Anywhere / Flash Bug
11. My Chesterfield / Mason
12. Love Crime / Jesus
13. MIAMI (SOFA RE-DISCO) / rubyin
14.Fond Memory / Aurient

プロフィール

大沢伸一(おおさわ しんいち)

1993年のデビュー以来、MONDO GROSSO、ソロ活動を通じて、革新的な作品をリリースし続けている音楽家、DJ、プロデューサー。クラブサイトiLOUDのDJ人気投票国内の部3年連続No.1(2009~11年)に輝く。世界中のDJ/クリエイターからのコラボやリミックスのラブコールも多い。近年ではAlex Gopher、M-Machine、Bart B More、Mumbai Scienceなどの楽曲をリミックスした。平行して作曲家、プロデューサーとしても活躍。1990年代はUA、Chara、birdなど数多くのディーヴァを手掛け、近年も安室奈美恵、JUJU、AFTERSHOOLなどにそれぞれの新境地となるようなプロデュース楽曲を提供している。また、トヨタ・オーリスやユニクロなど多数のCM音楽を手掛けるほか、アナログレコードに特化したミュージックバーをプロデュースするなど音楽を主軸として多方面に活躍している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催