特集 PR

暮らす場所が働き方を変える?曽我部昌史(みかんぐみ)×熊谷玄

暮らす場所が働き方を変える?曽我部昌史(みかんぐみ)×熊谷玄

インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望

もの作りに携わる者にとって、どこを拠点に活動するかは大切な問題。それは日々のワークスタイルに直接影響するし、周囲の環境や日々の出会いがインスピレーションを呼ぶことも少なくない。そんな背景を踏まえて、かねてよりアーティストやクリエイターを支援・誘致し、都市の新しい魅力を作り出すという「創造都市」の取り組みを進めるのが横浜市だ。今年も、市内で活躍するクリエイターのオフィスが特別に解放される交流できるイベント『関内外OPEN!』が開催される。

そこで今回は同イベントの参加クリエイター陣から、斬新な発想にユーモアと温かみが宿るデザインで知られる建築設計グループ・みかんぐみの曽我部昌史と、人の集う公共空間で「利用者」を「参加者」に変えていくランドスケープデザイン集団・stgkを率いる熊谷玄を訪ねることにした。横浜を拠点にする彼らが考える、もの作りと街作りの関係とは?

新建材に囲まれた綺麗なオフィスにちょっと飽きていたときに横浜の建物を見せてもらって、面白い使い方ができそうだと感じたんです。(曽我部)

―お二人はともに横浜を拠点にし、曽我部さんは建築、熊谷さんはランドスケープの領域で、全国各地や海外を舞台に活躍されています。それぞれ、この街にオフィスを構えたいきさつを伺えますか?

曽我部:みかんぐみは、10年前に市内のアートスペース「BankART Studio NYK」が誕生したのがきっかけで横浜に来ました。これは横浜市が歴史的建造物を文化芸術の発信地として再生する「BankART 1929」の動きから生まれた施設です。

「BankART Studio NYK」 photo:OONO Ryusuke
「BankART Studio NYK」 photo:OONO Ryusuke

―BankART Studio NYK は、1953年竣工の「日本郵船横浜海岸通倉庫」を活用し、アート・デザイン関連の展覧会やアーティストの滞在製作の場として、意欲的な活動を続けています。みかんぐみは、この大きな建物全体のリノベーションを担当していますね。

曽我部:はい。僕らは最初、通りからは入口がわかりにくいこの建物へのアプローチを工夫する役割を担当したんです。「みんなで作る」という施設のテーマもふまえ、どこの家庭にもあるワイヤーハンガーを無数に組み合わせ、全長70mの「ハンガートンネル」を作りました。オープン前年から準備を進め、同時期に『横浜トリエンナーレ2005』の会場設計にも関わる中で、自然と横浜に通うことが多くなっていきました。

「BankART Studio NYK」のハンガートンネル
「BankART Studio NYK」のハンガートンネル

―そこから、さらに仕事の拠点までをも横浜に移すことにしたのはなぜですか?

曽我部:その頃、同じように歴史的建造物を活かしてクリエイターの活動拠点を作る「北仲BRICK&北仲WHITE」という試みが横浜で始まろうとしていて、「みかんぐみも入居しない?」と声をかけてもらって。建物を見せてもらうと、良い意味で絶妙なボロさと空間のムダさが魅力的で(笑)、これは面白い使い方ができそうだと感じたんですね。他のメンバーに相談したら、なぜか意外なほどすんなり「いいんじゃない」と話がまとまった。当時は東京・世田谷に事務所があったのですが、新建材に囲まれた綺麗なオフィスにちょっと飽きていて、その反動もあったかもしれません。

曽我部昌史
曽我部昌史

―北仲BRICK&北仲WHITEには約50組のクリエイターが入居していました。建築家では西田司さん率いるオンデザイン、アーティストの淺井裕介さんや曽谷朝江さんなど、後に大きく活躍する才能が集う場所になりましたね。

曽我部:ここは1年半の期間限定だったのですが、僕らはその後も近隣の空き物件を渡り歩き、今も横浜にいるというわけです(笑)。アーツコミッション・ヨコハマ(横浜に集う「創造の担い手」を支援するプロジェクト)に相談して、物件探しは毎回のように、横浜のクリエイター誘致活動を行う「芸術不動産事業」にお世話になっています。

―一方の熊谷さんは、もともと横浜ご出身。ただ、独立して現オフィスを横浜に構えるまでに、韓国のアーティスト・崔在銀(チェ・ジェウン)のアシスタントや、東京のランドスケープ設計会社、アースケイプ社などを経由していますね。

熊谷:横浜出身の人ってウザいくらいに地元愛の強い人が多い気がしますが(苦笑)、僕もそうなんです。だから自分が独立する際は、ぜひこの街で、という想いはありました。とはいえ見当はまったくついておらず、そこで今お話にも出た「芸術不動産」を訪ねてみたら、「古いけどいい建物ありますよ」「活用できる助成もあるし」と相談にのってくれて。紹介された物件の1つが、今入居している徳永ビルです。

熊谷玄
熊谷玄

stgk inc. オフィス風景
stgk inc. オフィス風景

―今日は、その徳永ビルにおじゃましています。中庭的な空間を囲むような建物に住居やギャラリーが混在し、「明るいミニ九龍城」とでも呼びたいユニークな場所ですね。熊谷さんたちのオフィスも、ビルの外観とのギャップに意外性があって素敵です。

曽我部:たしかこれ、全部スタッフのDIYでリフォームしたんでしょう?

熊谷:はい。もともとは「中華街医院」という病院だったそうです。実は大家さんも一級建築士資格を持つ方で「自由にリフォームしてOK。ただし、まず改装プランを見せなさい」と。家賃も直接相談して決めるなど、そうしたやりとり含め面白い経験でしたね。最初は同じ建物の小さな部屋を借りたのですが、場所も気に入ったので、今の部屋が空くのを狙って引っ越しました。ちなみにこの建物は、戦後の横浜で最初にネオンが灯った場所とも聞いています。

―それぞれ対照的なきっかけですが、味わい深い建物の存在や、それらを自分たち流に活用できる魅力に惹かれた点は、共通するようですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『関内外OPEN!7』<

2015年11月7日(土)~11月8日(日)
会場:神奈川県 馬車道、元町・中華街、関内、桜木町、石川町各駅周辺のスタジオ
料金:無料(一部有料、詳しくは各イベント参照)

『YOKOHAMA CREATIVE WEEK』

2015年11月4日(水)~11月8日(日)
会場:神奈川県 横浜 YCC ヨコハマ創造都市センター
時間:11:00~22:00(最終日は20:00まで)
料金:無料

プロフィール

曽我部昌史(そかべ まさし)

1962年、福岡県生まれ。「みかんぐみ」共同主宰。設計だけでなく、ワークショップの企画運営やアートプロジェクトへの参加など、多彩な活動を展開。主な作品に、「北京建外SOHO低層商業棟」(2003)、「2005年日本国際博覧会トヨタグループ館」(2005)、京急高架下文化芸術活動スタジオ「黄金スタジオ」(2008)、「マーチエキュート(mAAch ecute)神田万世橋」(2014)の設計などがある。

熊谷玄(くまがい げん)

1973年横浜生まれ。株式会社スタジオゲンクマガイ代表。ランドスケープデザインを中心にまちづくりやアートワーク製作などを手がける。ランドスケープデザインを担当したプロジェクトに「日清カップヌードルミュージアム」(2011)、「三井アウトレットパーク木更津」(2014)、「三井ガーデンホテル 大阪プレミア」(2014年)などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために