特集 PR

加藤ミリヤ×犬山紙子対談「相手に求めるより、重要なのは自分」

加藤ミリヤ×犬山紙子対談「相手に求めるより、重要なのは自分」

加藤ミリヤ『リップスティック』
インタビュー・テキスト
菅原さくら
撮影:豊島望 衣裳協力(加藤ミリヤ):LABORATORY/BERBERJIN®

「女子高生のカリスマ」と呼ばれて久しい加藤ミリヤ。しかし、彼女が背中を押しているのは、すでに10代の若者だけではない。11月25日にリリースされた『リップスティック』は、大人だからこそ甘えられない女性に向けたメッセージソングだ。自身の名曲“ディア ロンリーガール”(2005年)の10年後を歌っており、名実ともに「大人の女性のカリスマ」になりゆく彼女を感じさせる。

対するのは、大人の女性や恋愛をさまざまな角度から描いてきたエッセイスト・犬山紙子。隣で飲んでいる女友達のように痛快な、それでいて沁みる一言をくれる彼女の作品は、これまでも多くの読者を激励してきた。

恋がうまくいかない女性をそれぞれの目で見つめ、表現してきた両者に訊く「大人の恋愛」とは? 二人の言葉を聞いていると、明日からはちゃんと自分が楽しめる、自分が幸せになるための恋ができる気がしてくるはずだ。

私、すごく分析魔なんです。曲を作るときも、ターゲットを細かくイメージして、その人たちへ確実に刺さるものを作る。(加藤)

―お二人は今日が初対面ということですが、まずはお互いの印象を聞かせてください。

犬山:新曲の“リップスティック”も聴かせていただいたんですが、やっぱりミリヤさんの作品は女の子たちの気持ちをストレートに代弁していますよね。心にすっと入ってくる、一番素直な言葉で書かれている印象があります。女の子って、誰かと共感して笑ったり泣いたりすることで浄化される。だから女子会とかをやるんだと思うんですよ。そうやって集まらなくても、ミリヤさんの曲を聴くと、歌のなかに共感してくれる女の子がいる。聴いたあとにデトックスされるというのが、私のミリヤさんに対する勝手なイメージです。

加藤:犬山さんとはぜひ一度お話してみたいと思ってたんですよね。私がとても信頼している書籍編集者の矢島さん(犬山の書籍編集者でもある)から犬山さんのお話はよく聞いていたので、矢島さんと仲がいいってことは、犬山さんと私は絶対に同じ価値観を持っていると思ったんです。最近よくテレビでも拝見しますけど、自分と似てるなって感じるところがやっぱりあるから好きになってて。

犬山:えー、本当ですか! めっちゃ嬉しい!

左から:加藤ミリヤ、犬山紙子
左から:加藤ミリヤ、犬山紙子

加藤:というのも、私すごく分析魔なんです。曲を作るときも、ターゲットを細かくイメージして、その人たちへ確実に刺さるものを作る。そのために主人公はどんな子で、どんな仕事をしていて、どんな悩みを抱えているのか、ということをすごく考えるんですね。基本的に私はすごく女子が好きだし、10年前の10代の悩みと、今の10代の悩みは全然違うと思うから、今の時代を生きる女の子たちをよく研究しているんです。犬山さんも女の子を分析する目が鋭いから、以前からお話してみたいと思ってました。

犬山:私も女の子という存在が好きですね。いろんな女の子を分析して、自分のエッセイの題材にしたり漫画のキャラクターにしたりするやり方は、確かにちょっと似ているのかなと思いました。嬉しいです。

―さまざまな女子の姿を観察して、その気持ちを考えたり、取り巻く環境を分析する視点が、お二人のクリエイティブには共通していますよね。作品の生み出し方やリサーチの方法は、どのようにされているんですか?

犬山:最初は友達と話した内容などから引っ張ってきていたんですが、今はSNSをすごく見ていますね。Twitterとかってみんなかなり本音を書いているので、今の女の子たちの気持ちがどんな感じなのかを知るために、非公開の閲覧リストを作ってます。世代別に何人かピックアップして、その子たちのつぶやきを見ながら「今この年代の子はこんなことを考えてるんだ」って。

加藤:私の場合、デビューした頃はmixiすらなかったし、今もInstagramとブログしかやっていないので、ネットはあまり使わないですね。10代の子には毎月雑誌の対談企画で会っているけれど、女子会とかは苦手だし……リサーチって言われてみると難しい。でも、ファンからの手紙をよく読んでいます。20歳くらいのときに書いた“SAYONARAベイベー”という曲は、当時「私と彼は付き合ってるのかな? 付き合ってないのかな?」って悩んでいる手紙をよくもらっていたことから生まれました。他にも、「私、二番手なんです!」みたいなメッセージもらったことから“Aitai”を作ったり。

加藤ミリヤ

―ファンレターに綴られているリアルな悩みが曲作りのヒントになっているんですね。

加藤:でも基本的に、自分が今本気で悩んでいることは、きっと聴いてくれる女の子たちも悩んでいるはずだと思ってます。“リップスティック”もそうです。仕事や恋で悩んでいるけど、イケてる自分になりたいと思ってる子に聴いてほしい。歌詞って、自分を偽れるんですよ。かっこよく振る舞えちゃう。でも、自分がどんなに恥ずかしくても本当のことを書いてしまえば、絶対に共感してくれる人がいるんですよね。自分は今何がつらくて、何が苦しいのかということに向き合うほうが、私にとってはリサーチよりも大事かな。

犬山:普通はかっこつけてしまうところをそのまま書くって、めちゃくちゃ大事なことだなと思います。私もエッセイで自分のことをまるまる書くけれど、やっぱりかっこつけたくなっちゃう。男に振られた話は書かないようにしたいとか(笑)。そこを書くと読者の方々が喜んで読んでくれるんですけど……。

加藤:でも、私もガワだけはかっこつけてる(笑)。

犬山:ついつい自分をよく見せようと盛っちゃいますね。最近のインターネットやSNSは「盛る文化」だからというのもあると思いますけど。ミリヤさんの素直な歌詞は、そういう世界と切り離されているからいいのかも。

Page 1
次へ

リリース情報

加藤ミリヤ『リップスティック』初回生産限定盤
加藤ミリヤ
『リップスティック』初回生産限定盤(CD+DVD)

2015年11月25日(水)発売
価格:1,680円(税込)
SRCL-8953/4

[CD]
1. リップスティック
2. Never Call Me Again
3. ディア ロンリーガール(DJ SHUYA & GAKUSHI REMIX)
4. リップスティック(Instrumental)
[DVD]
・A Story of “Lipstick” -Special Interview-

加藤ミリヤ『リップスティック』通常盤
加藤ミリヤ
『リップスティック』通常盤(CD)

2015年11月25日(水)発売
価格:1,300円(税込)
SRCL-8955

1. リップスティック
2. Never Call Me Again
3. ディア ロンリーガール(DJ SHUYA & GAKUSHI REMIX)
4. リップスティック(Instrumental)

『言ってはいけないクソバイス』
『言ってはいけないクソバイス』

2015年10月15日(木)発売
著者:犬山紙子
価格:1,080円(税込)
発行:ポプラ社

プロフィール

加藤ミリヤ
加藤ミリヤ(かとう みりや)

1988年生まれのシンガーソングライター。2004年に『Never let go / 夜空』でデビューすると、リアルで等身大な歌詞とメロディーセンス、その生きざまが支持され、瞬く間に「女子高生のカリスマ」として同世代から人気を博すようになる。自身のファッションブランドKAWI JAMELE、ジュエリーブランドのMIRRORでもデザイナーを務め、ファッションでも各媒体で特集が組まれるほどのブームを発信。2011年からは小説家としても活躍し、マルチな才能を発揮している。2015年11月25日、新曲『リップスティック』をリリース。2016年、全国24都市にてコンサートツアーの開催決定。

犬山紙子(いぬやま かみこ)

イラストエッセイスト、愛犬家、愛酒家。トホホな生態を持つ美女たちを描いた『負け美女』でデビュー。只今『SPA!』や『anan』などで連載中。『スッキリ!』や『みんなのニュース』などコメンテーターとしても出演中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化