特集 PR

木村匡孝(TASKO)×畠中実 紀元前のアイデアを蘇らせる仕事術

木村匡孝(TASKO)×畠中実 紀元前のアイデアを蘇らせる仕事術

『Perfumery Organ Exhibition in Tokyo』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:永峰拓也

音階のように、複数の「香り」に構造を与えた「香階」を作ったらどうなるか? そんな突飛なアイデアを、化学者で調香師のセプティマス・ピエスが夢想したのは19世紀半ばのこと。この度、その150年前のアイデアが、音と香りを同時に発する新しい楽器「Perfumery Organ」という形で具現化した。制作に携わったのは「TASKO」。アートユニット「明和電機」から独立した、結成4年目のもの作り集団だ。

視覚や聴覚に比べ、注目を浴びる機会の少ない嗅覚の可能性とは何なのか。また、メディアアートの表現者と過去のアイデア、あるいは現在の社会との間に生まれつつある新しい関係性とはどのようなものなのか。TASKOの「工場長」木村匡孝と、彼とは旧知の仲だというNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)の学芸員・畠中実を招き、この新楽器を皮切りに、アートと技術にまつわるさまざまな話を訊いた。

視覚を記憶しようとしてもすぐに忘れるけれど、音や匂いが意外な記憶を引き出すことがあります。(畠中)

―まだ現物を見られていないのですが、今回制作された「Perfumery Organ」とは一体、どんな楽器なのでしょうか?

木村:セプティマス・ピエスという19世紀の化学者・調香師が考案した、「香階」というアイデアをもとにした楽器です。香階というのは音階に香りを対応させたもので、46音階にそれぞれの香りが指定されているんです。たとえば低音にはムスクみたいな動物系の重い香りが、反対に高音には柑橘系で、すぐに消えてしまうような香りが対応している。今回のオルガンは、P&Gさんの「レノアハピネス」という商品の広告のために作ったのですが、先方から「香りを前面に打ち出したい」というお話があったんですね。でも、香りは映像には映らない。何をやろうか考えていたところ、昔のサイエンス誌にピエスが寄稿した調香オルガンの挿絵を見て、これを作ろうと決めました。

Perfumery Organ photo:黑田菜月
Perfumery Organ photo:黑田菜月

―音階と同じように、ある香りと一オクターブ離れた香りの組み合わせは、調和の取れたものになるというのも驚きです。香りと音はどんな仕組みで出しているんですか?

木村:瓶の口を吹くと音が出ますよね、あの仕組みです。鍵盤を叩くと香料の瓶の口を塞いでいた蓋がスライドして、空気を送り、香りと音が出る。リコーダーのような仕組みなんです。普段、香料をたくさん周囲に置いて混ぜ合わせたりはしますが、それで「音楽をやる」というのがピエスのアイデアの面白さだと思います。「いい音楽」が「いい香り」を生むとは限らず、「変な音楽」がそれを生むかもしれない。「香りを出す」という楽器側の特性のほうを基準に音楽を考えなくてはいけないのが新しいと思います。

―少し変わった音色なのは、その音を出す仕組みゆえだったんですね。畠中さんはすでに「Perfumery Organ」をご覧になったそうですが、いかがでしたか?

畠中:いきなり「撮影現場まで見に来てくれ」と電話があって見に行ったのですが(笑)、仕組みとしても非常によくできていて驚きました。香水の瓶の口に空気を吹いて音を出すんですが、音を出す仕組みの部分はきわめてアナログで、瓶の大きさや中の香水の量で音程を調整している。そこはオルガンの構造にも似ていますね。「organ」には「器官 / 臓器」といった意味がありますが、特にオルガンやピアノなどの鍵盤楽器は機械の塊ともいえて、どこか器官との類似性がありますね。ボリス・ヴィアンの小説『うたかたの日々』(1947年)に登場するカクテルを調合するオルガンや、アレクサンドル・スクリャービンが作品を提供した、演奏に伴って色彩を投影する「色光オルガン」のように、過去の小説家や音楽家はそうした楽器の機構に想像力を刺激され、音だけではなく、音と同時に音以外の要素も表現できないかと考えてきた。たとえば、音と色はともにチャート化できるので、その類似もわかりやすいですが、香りも音や色のように体系化できるのか? といった点に興味を覚えましたね。

左から:木村工場長、畠中実
左から:木村工場長、畠中実

―ある感覚の入力が別の感覚の出力を生む「共感覚」の実験として面白いですよね。

木村:僕自身、普段の制作中に光や音のことはよく考えますが、嗅覚には無頓着だったんだと気づかされました。匂いで思い出す風景や感覚があるのに、それを無視してきたんです。今回の企画に協力いただいた調香師の吉武利文さんは、最近、戦時中の沖縄の壕の匂いを再現したそうです。香りの面白さは、嫌な香りでも記憶を喚起するところですよね。

畠中:人は視覚的なイメージに頼りすぎているところがあるよね。視覚を記憶しようとしてもすぐに忘れるけれど、音や匂いが意外な記憶を引き出すことがある。海外に行ってもデジカメの撮影で済ませがちだけど、昔、ドナウ川で音だけを録ったことがあるんです。

一同:(笑)。

畠中:いや、すると、ドナウ川の景色がありありと思い出せるんですよ。写真だと切り取られたアングルが記憶を決定づけてしまうけれど、実際の体験はフレーミングなんかされていないわけで。

木村:僕は日々機械を作っているわけですが、音楽のエモーショナルなところが羨ましいなと常々思っていて、「MMI」というロボットバンドを作ったんです。そこで何をやっているかというと、ライブ会場で音楽が人に与える「エモーショナルな感覚」の再現を目指しています。そのときに重要なのは、実は会場にある匂いや熱といった情報でもあって、MMIでも、音以外の情報を発生させようと考えています。視覚以外の感覚による記憶の喚起は本当に鋭くて、畠中さんの勤められているICCのような美術館も「無臭」と言われますが、そんなことはない。僕はかつてICCで死にかけたことがあるんです(笑)。「明和電機」の展覧会の準備で徹夜が続き、本気で「ここで死ぬんじゃないか」と……。今でもICCの匂いを嗅ぐと、その記憶が蘇ります(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『Perfumery Organ Exhibition in Tokyo』

2015年11月20日(金)17:00~22:00(ライブは20:00~)
会場:東京都 恵比寿 ガーデンホール
ライブ:
原田郁子
テイラー・デュプリー
コリー・フラー
展示:
TASKO and Invisible Designs Lab.『Perfumery Organ』
KIMURA(TASKO)×Tomoaki Yanagisawa(rhizomatiks)『MMI』
Invisible Designs Lab.『TIME CODE』
Invisible Designs Lab.『森の木琴』
料金:無料

プロフィール

木村匡孝(きむら まさたか)

1981年、東京都生まれ。株式会社TASKO 設計制作部 工場長。多摩美術大学在学中、電動芸術研究室で「ロボットと平和についての研究」を専攻する。明和電機のアシスタントワークを経て独立後、「東京KIMURA工場」を設立。エンジンやモータを用いた「KIMURA式自走機シリーズ」を始めとする、いわゆる「バカ機械」や誰に頼んでいいかわからない機械の受注・生産を手がける。2012年、総合制作会社「株式会社TASKO」の立ち上げに参画。他ジャンルとのコラボレーション、テクニカルディレクション等、電気と機械にまつわるさまざまな業務を引き受けている。

畠中実(はたなか みのる)

1968年生まれ。NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 主任学芸員。1996年の開館準備よりICCに携わる。主な企画には「サウンド・アート──音というメディア」(2000年)、「サウンディング・スペース」(2003年)、「サイレント・ダイアローグ」(2007年)、「可能世界空間論」(2010年)、「みえないちから」(2010年)、「[インターネット アート これから]」(2012年)、「磯崎新──都市ソラリス」(2013年)など。ダムタイプ、明和電機、ローリー・アンダーソン、八谷和彦、ライゾマティクス、大友良英といった作家の個展企画も行なっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと