特集 PR

いまいち広がらない「ポエムコア」の伝道師BOOLにインタビュー

いまいち広がらない「ポエムコア」の伝道師BOOLにインタビュー

BOOL『OMOSHIRO DARKNESS』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

一昨年にworld's end girlfriend名義で発表された“ゆでちゃん”に続いて、今年もクリスマスシーズンに巨大な「闇」が投下される。ポエムコアの創始者=BOOLによるセカンドアルバム『OMOSHIRO DARKNESS』だ。world's end girlfriendに加え、ゴルジェシーンの注目株Kazuki Kogaや、サンプリングの極北を行くcanooooopyら、超個性的なトラックメイカーが顔を揃えた本作で、BOOLは再び下ネタ満載の「おもしろ」なポエムを、「ダークネス」な雰囲気のシリアス口調で読み上げ、ポエムコアの世界をさらに拡張してみせた。

日々新たな音楽ジャンルが現れては消えていくネットの音楽シーン。その中から大きな可能性と懐疑の目線を伴って登場したポエムコアは、果たしてどこへ向かうのか? 今年からアルバムと同名の『おもしろダークネス』というイベントをスタートさせ、リアルの地下シーンでも暗躍し始めたBOOLに話を訊いた。

「ダンスミュージック」や「ドライブミュージック」があるように、「作業ミュージック」っていうのもあると思うんですよね。

―『OMOSHIRO DARKNESS』というアルバムタイトルは、BOOLの世界観を端的に表現した言葉ですね。

BOOL:去年の12月くらいに思いついた言葉なんですけど、そのきっかけになったのが前作に参加していただいた高野政所さん(DJ JET BARON)ってファンコット(インドネシア発祥の高速ダンスミュージック)のDJの方で、あの人が「おもしろおじさん」っていう概念を提唱してたんです。毒蝮三太夫さんとか、さまぁ~ずの三村さん、あとは寅さんとか、『こち亀』の両さんみたいな、おもしろいんだけどちょっとダメなところがあったり、女の人に下ネタを言っても許されるみたいな、要は人間力の高いおじさんを目指そうっていう。

BOOL
BOOL

―実際に、毒蝮三太夫さんをフィーチャーした“おもしろおじさん”っていう曲があったりするんですよね。

BOOL:ただ、僕自身がおもしろおじさんになるのは難しいから、自分的に再解釈して、ポエムコアに当てはめようと思ったんです。ドローンとかダークアンビエントにおもしろさを組み合わせたものをやりたいっていうのは前から言ってて、でもそれを具体的に言語化できなかったんですけど、「おもしろダークネス」という言葉を思いついたときに「これだ!」と思って、次の作品はこの言葉を全面に押し出す形で作りたいと思ったんです。

―もともとBOOLさんがお笑い好きだっていうのが「おもしろ」に結びついていると思うんですけど、なぜ「ダークネス」が重要だったのでしょうか?

BOOL:平日は普通に働いているので、普段は仕事中の作業音楽として音楽を聴くことが多くて、あんまりアッパーな感じだと疲れちゃうんですよね。なので、自然とエレクトロニカとかポストロックとか、ちょっと暗い印象の音楽を好むようになっただけで、特別な理由があってダークなのが好きっていうことではないんです。「おもしろ」に関しては、ラジオが大好きなので、作業中に聴くんだったら堅苦しいトーク番組よりも、おもしろい方がいいじゃないですか?

―それを組み合わせちゃうっていうのがまたおもしろいですよね。

BOOL:仕事中はパソコンで聴いてるんですけど、トーク番組と音楽を一緒に流して聴いてたりするんですよ。例えば、ドローン系のインターネットラジオと、おぎやはぎのPodcastを一緒に聴くみたいな(笑)。「ダンスミュージック」や「ドライブミュージック」があるように、「作業ミュージック」っていうのもあると思うんですよね。「作業ミュージックDJ」とかいてもいいんじゃないかなって(笑)。

BOOL

―つまり、「おもしろダークネス」っていう概念は、ある種の「機能性」から生まれていると。いわゆるロックバンド的な、「俺の闇を見てくれ」みたいな話ではなく(笑)。

BOOL:作業中に暗い話を聞いてたら落ち込んじゃいますからね(笑)。雰囲気が暗くてかっこいいのが好きっていうだけで、言葉のほうは、おもしろければそれでいい。なので、今回の作品はその「おもしろダークネス」ありきで作っていったんです。前作は「ポエムコアとはどういうものか」っていうのを提案するのがテーマで、作り方もポエムテープ(ポエムコアは、「ポエムテープ」というポエムの朗読音源を先に作って配布し、それをもとにトラックを制作し、楽曲として完成させることになっている)を軸に、後からトラックをつけていたんですけど、今回はもっとバリエーションを持たせたいと思って、いろんな作り方をしてます。

―あ、「ポエムコアとはポエムテープから作るもの」っていう定義は早くも崩れてるんですね?

BOOL:前回でひとつのあり方は提示できたし、常に進化した方がおもしろいと思うので、違うアプローチをしたっていう感じですね。アルバムのイメージとしては、Mr.Bungle(FAITH NO MOREのボーカルだったマイク・パットンが高校時代、同級生らと結成したバンドで、2000年まで活動していた)とか、CORNELIUSの『FANTASMA』みたいな、統一された感じじゃない、カラフルなおもちゃ箱みたいなものを作りたくて、「ダークな『FANTASMA』」みたいなのを思い描いてました。

Page 1
次へ

リリース情報

BOOL『OMOSHIRO DARKNESS』
BOOL
『OMOSHIRO DARKNESS』(CD)

2015年12月24日(木)発売
価格:2,073円(税込)
Virgin Babylon Records / VBR-028

1. Fried Chicken Yesterday
2. 闇ヲ走ル
3. みみくん
4. エロ本と俺
5. アイドルちゃん
6. バナナくん 前編
7. ギャルEYES
8. 鉄棒おじさん
9. ポエムコア体操
10. Under the Pylon
11. 夏の夜の思考
12. 盆栽
13. バナナくん 後編
14. The Panty Anthem

イベント情報

『おもしろダークネスvol.6 ~OMOSHIRO DARKNESSリリースパーティー~』

2016年1月10日(日)OPEN 17:00 / START 22:00
会場:東京都 西麻布 BULLET'S
ライブ・DJ:
BOOL feat. world's end girlfriend + VJ Yasuyuki Yoshida
arai tasuku feat. BOOL
mus.hiba
HiBiKi MaMeShiBa
kumorida
emeow(MEOW!!!)
春太郎
AMANDA
クイズ大会:
クイズくん a.k.a.泥団子食べ太郎
料金:2,000円(ドリンク付)

プロフィール

BOOL
BOOL(ぶーる)

world's end girlfriendの「ゆでちゃん」に参加し話題を呼んだポエムコアの創始者。1stアルバム『THIS IS POEMCORE』をVirgin Babylon Recordsより2014年10月11日発売。downyのギタリスト青木裕、world's end girlfriend、Go-qualia、食品まつり、DJ JET BARON a.k.a. 高野政所、hanali、canooooopyなど、豪華トラックメーカーを迎えている。2015年12月には2ndアルバム『OMOSHIRO DARKNESS』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性