特集 PR

古田新太と劇団鹿殺しが本気で語る、演劇と「お金」のリアルな話

古田新太と劇団鹿殺しが本気で語る、演劇と「お金」のリアルな話

劇団鹿殺し『キルミーアゲイン』
インタビュー
佐々木鋼平(CINRA.NET編集長)
テキスト:萩原雄太 撮影:田中一人

お客さんに千円でも出してもらえるってすごいことじゃないですか。(菜月)

古田:役者って、「劇団」ではなく「役者をやっている」っていう頭になりがちなんですよ。だから、俳優でご飯を食べていくために、劇団を辞める人が多くなってしまう。でも、オイラは役者であると同時に劇団で作品が作りたい。だから、演劇でいかにお金を得るかっていう、プロデューサー的な面もあるんです。「あそこをスポンサーにつけたら、チラシが無料で作れるぞ」とかね(笑)。

菜月:演劇界でそういう話ができる人は少ないですもんね。私たちは大学を卒業してから一度サラリーマンになって、それを辞めて東京に来たので、お金にがめついというか、費用対効果をすぐ求めてしまう(笑)。だからスタッフさんを雇うという発想がなくて、頑張れば自分たちでやれるという感覚だったから危なかった。でも、路上パフォーマンスをやったのも計算あってのことで、そこでお客さんを増やして、チケットがいくらで何枚売れて、それをみんなで割ったら何人は食べていけるぞ、とか。何歳くらいにはこんな感じになって家も建てたい、っていう先の計画も考えてお芝居という仕事を選んだので、お金の計算とか、プロデュース脳がどうしても消えないタイプなんです(笑)。

―鹿殺しも古田さんも、破天荒なイメージだったのに、お金のことをきっちり考えているのは意外です(笑)。

菜月:古田さんは魔法のように売れたわけではなく、ちゃんと考えて着実に積み上げながら売れた。だから、私たちも古田さんのお話を聞いて、「自分は芸術家肌じゃない」っていうコンプレックスが和らぎました(笑)。

―演劇に限らず、アートの世界で、お金の話はあまり好まれませんよね。

古田:昔の新感線なんて、鹿殺しみたいにちゃんとしてなかったから、劇団員にギャラを払うなんて考え方すらなかった。劇団員なんて無償で当たり前、逆に劇団費を払えっていう(笑)。それが、次の世代からはちゃんとギャラを払うようになった。オイラたちは持ったら持っただけ使う。だから誰もお客さんが入っていなかったときは、借金が数千万単位でした。

一同:えええっ!(驚愕)

菜月:誰の名義で借りるんですか? 「みんなで借りてこい!」みたいな?

古田:ううん、違う。制作の人が実家を担保にして。

一同:(爆笑)。

古田:いのうえ(ひでのり)さんが「次の公演、800人入らなかったら俺たち本当に解散だからな」ってなって、ぎりぎり800人でセーフだった(笑)。

菜月:それもすごい話ですね……。

古田:いまではだいぶ変わってきたけど、昔はテレビに出たら「魂売った」って言われましたからね(笑)。オイラと生瀬(勝久)さんは「あいつら魂売ったな」って言われ続けていたんですよ。ビジネスやお金との関係っていうのは、基本的にあまり考えない世界なんだよね。

劇団鹿殺し10周年記念公演・第一弾『スーパースター』 青山円形劇場 2010年 写真:和田咲子
劇団鹿殺し10周年記念公演・第一弾『スーパースター』 青山円形劇場 2010年 写真:和田咲子

劇団鹿殺しロックオペラ『彼女の起源』 CBGKシブゲキ!! 2015年 写真:和田咲子
劇団鹿殺しロックオペラ『彼女の起源』 CBGKシブゲキ!! 2015年 写真:和田咲子

菜月:役者さんで、お金の話をできるのは古田さんだけなんですよ。私たちは、路上パフォーマンスや公演の収入を等分して劇団員の月給にしていました。1万3千円とかですけどね(笑)。でも、自分たちでなんとかしてお金を稼がなければいけないから、公演に絶対お客さんを入れて利益を出すぞ! っていう気合が劇団員全員にみなぎっていたんです。千円でも出してもらえるってすごいことじゃないですか。それを実感できたのもよかったと思いますね。

テレビですら衰退していて、演劇全体の動員が伸びていないいま、演劇を広げようと思ったら、どんなに小さい劇団でもまずは動員しなきゃダメ。(古田)

―新感線はもちろん、鹿殺しもいまでは動員数もすごく多いですし、そこに対して意識的な劇団だと思うのですが、一方で、たとえば公的な機関から助成を受けて、動員は少なくてもアーティスティックな作品を展開する劇団もいますよね。そういった方向性に興味はないのでしょうか?

古田:オイラは考えたことはないですね。助成金を受けるよりも、日銭で稼ぐほうがいい。だいたい審査しているやつを信用できないんです。お前らはいったいオイラたちのなにを知っているんだ? と(笑)。もちろん、助成金というシステムはありがたいし、受ける人がいていいのは当然だけど、タダで見られるテレビですら衰退していて、演劇界全体の動員が伸びていないいま、演劇を広げようと思ったら、どんなに小さい劇団でもまずは動員しなきゃダメ。観られなきゃ、ケチすらもつけてもらえないでしょう。お客さんに観てもらうことを前提にやらないといけないんです。

―演劇自体を広げることが大事、ということですね。

古田:かと言って、ファンだけが集まればいいわけでもないし、わざわざお金を払って観に来てくれたお客さんに、「なんだこりゃ!?」っていう体験を提供しなきゃならないのが演劇なんです。そのための努力をしないといけない。作品のクオリティーを高くして、お客さんが喜ぶようなことをして、評判になって、演劇を観ないお客さんに来てもらえるようにしないといけない。

Page 3
前へ 次へ

イベント情報

劇団鹿殺し 活動15周年記念公演
『キルミーアゲイン』

作:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
音楽:入交星士×オレノグラフィティ
出演:
菜月チョビ
丸尾丸一郎
オレノグラフィティ
橘輝
鷺沼恵美子
浅野康之
峰ゆとり
近藤茶
木村アヤナ
メガマスミ
椙山聡美
大東駿介
細貝圭
河野まさと(劇団☆新感線)
ほか

東京公演
2016年1月9日(土)~1月20日(水)
会場:東京都 下北沢 本多劇場

大阪公演
2016年1月28日(木)~1月31日(日)
会場:大阪府 ABCホール

プロフィール

古田新太(ふるた あらた)

兵庫県出身。劇団☆新感線の看板役者。活躍の場は広く、バラエティー番組への出演や多くのCM出演、コラムニストとして雑誌連載を持つほか、著書に『気になちょるモノ』『ドンジュアンの口笛』『魏志痴人伝』『柳に風』がある。近年の劇団公演以外の出演作に、ドラマ『リスクの神様』『信長協奏曲』『ドクターX~外科医・大門未知子~』『隠蔽捜査』、映画『エイプリルフールズ』、舞台『いやおうなしに』『万獣こわい』などがある。現在、映画『パディントン』『信長協奏曲』『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の公開が控え、1月3日放送のCX『坊ちゃん』にも出演。テレビ朝日『関ジャム』にレギュラー出演中。また、パルコ劇場にて舞台『ツインズ』に出演。1月は地方にて公演を行う。

劇団鹿殺し(げきだん しかごろし)

2000年、菜月チョビが関西学院大学のサークルの先輩であった丸尾丸一郎とともに旗揚げ。劇場では正統的演劇を行いながらも、イベントでは音楽劇的パフォーマンスを繰り広げる。上京後2年間の共同生活、週6日年間約1000回以上の路上パフォーマンスなど独自の活動スタイルで、演劇シーン以外からも話題を呼び、TV朝日『ストリートファイターズ』では人気投票全国2位となる。2013年、菜月チョビの文化庁新進芸術家海外派遣制度による1年間の海外留学を発表。同年、充電前最後の本公演『無休電車』を東京・伊丹で発表、6,000名を動員する。2015年6月には、シンガーソングライターの石崎ひゅーいを客演に招き、全編生演奏のロックオペラ『彼女の起源』を発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開 1

    Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開

  2. 「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開 2

    「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開

  3. 東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開 3

    東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開

  4. 山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開 4

    山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開

  5. KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表 5

    KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表

  6. カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案 6

    カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案

  7. 小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売 7

    小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売

  8. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 8

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  9. 杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質 9

    杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質

  10. 世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る 10

    世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る