特集 PR

KAGEROインタビュー トレンドになったジャズ×ロックの先駆者

KAGEROインタビュー トレンドになったジャズ×ロックの先駆者

KAGERO『KAGERO V』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人

目的は相手を攻撃することじゃないからね。いいものを作るのが目的だから、そこに「怒り」じゃなくて「笑い」っていう術を身に着けたのかな。(白水)

―白水さんのやってることは間違いなくアートだと思うんですけど、今回のアルバムのために50曲作ったとか、その表現欲求がどこから来ているものなのかを改めてお伺いしたいです。途中で「暇だから」とおっしゃってましたけど、もちろんそれだけではないはずで。

白水:根源にあるのは、そんなにいい感情じゃないですよね。ご飯が美味しいとか、よく寝れたとか、そういう幸せな感情のときに「よし、これを曲にしよう」とはならない(笑)。僕って、すっごいむかつきやすいんですよ。今はもうそんなことないけど、ハギと出会った20歳前後の頃は……ねえ?

萩原:絶対一緒にバンドやりたくないと思ってた(笑)。

白水:ホントに何に対してもイライライライラしてて、それを昔は口に出して「むかつく」って言ってたんですよ。

萩原:そして誰も幸せにならない(笑)。

白水:そうだね。ライブを投げっぱなしにしなくなったのもそういうことで、そんなライブをしても誰も幸せにならないですよね。「むかつく」ってストレートに言っても誰も幸せにならないけど、それをちゃんと「表現」として出せれば幸せになることもあるから、根本はそれだけ。あとは、ホントに暇だから曲を作ってるんです(笑)。

KAGERO

―佐々木さんから見て、白水さんってどんな人なのでしょう?

佐々木:さっきのアートとデザインの話で言うと、できるだけアートをやりたい人で、できるだけ研ぎ澄まされた状態でいないと、不安になっちゃうんだろうなって。多分自身が思ってるよりも体が弱くて、研ぎ澄まして身が削れちゃうのは心配ですよね。あと、変わってきたことで言えば、表現したいことがはっきり伝わってくるようになったかな。

萩原:前は怒りでそれが見えなかったんですよ。すぐに「なんでわかんねえんだよ!」ってなって、でもそこからは何も生まれないし、よかったことなんてなくて。

白水:目的は相手を攻撃することじゃないからね。いいものを作るのが目的だから、そこに「怒り」じゃなくて「笑い」っていう術を身に着けたのかな。

萩原:今回のレコーディングのスピードアップはそこなんですよ。前は必ず「怒り」っていうプロセスがあって、みんながそれを乗り越えないといけなかったのが……。

白水:完全に無駄なプロセスだよね(笑)。

佐々木:(白水は)I love you Orchestraでどっかに行ってたり、他のメンバーも個々の活動があったから、今年はこれまでよりも会う時間は減ってて、これまでの感じだと「便りがないのがよい知らせじゃない気がするな、白水は」って思ってたんですよ。いつのまにか怒りばっかり溜めてそうで。ところが実際、久しぶりにKAGEROでスタジオに入ったら、白水がすんごい楽しそうだったんですよね。

―I love you Orchestraの活動もあるけど、やっぱりKAGEROがないと……。

白水:当たり前ですよ!(笑) 先にあっちを止めることがあっても、こっちがなくなって、向こうを続けるということはありえないです。まあ、体が弱いのもありますけど、実際いつまで生きてるかなんてわからないわけじゃないですか? 今は作ればリリースできる環境に置いてもらえてるけど、それもいつまで続くかはわからない。だったら、それができるうちに、生きてるうちに、思いついたことは全部表現して死にたいっていう、僕はそれだけなんです。

Page 3
前へ

リリース情報

KAGERO『KAGERO V』
KAGERO
『KAGERO V』(CD)

2015年12月9日(水)発売
価格:2,160円(税込)
Ragged Jam Records / RAGC-011

1. LOVE AND HATE
2. Eraser
3. NO WAY
4. THE TRICKSTER
5. SIDE EFFECT DISORDER
6. dependence
7. Walk Alone
8. Ginger
9. a girl in the morning light
10. Ajisai
11. winter beach, and the beautiful sunset

イベント情報

『KAGERO V release tour「LOVE IS THE DISORDER」』

2016年1月10日(日)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 天王寺 Fireloop
出演:
KAGERO
Jake stone garage
memento森

2016年1月11日(月・祝)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:愛知県 名古屋 APOLLO BASE
出演:
KAGERO
Jake stone garage
palitextdestroy
ワッペリン

2016年1月17日(日)OPEN 17:00 / START 17:30
会場:長野県 LIVE HOUSE J
出演:
KAGERO
UHNELLYS

2016年1月30日(土)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:北海道 札幌 SPIRITUAL LOUNGE
出演:
KAGERO
Jake stone garage
トリコンドル

『KAGERO V release tour「LOVE IS THE DISORDER」final oneman show』
2016年2月6日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

料金:各公演 前売2,500円 当日3,000円

プロフィール

KAGERO
KAGERO(かげろう)

白水悠(Ba)、佐々木“Ruppa”瑠(Sax)、菊池智恵子(Piano)、萩原朋学(Drums)。ジャズカルテット編成の想像を覆す攻撃的な轟音とパンクスピリット溢れるライブパフォーマンスを武器に、国内の数多のフェスやサーキットで話題沸騰。ジャズ、パンク、ハードコアシーンを股にかける異端児として全国、そして海外より注目が集まる。ベスト盤のリード曲“Pyro Hippo Ride”はiTunesジャズチャート1位を獲得。2013年から2度のアメリカツアーを開催、成功に収めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催