特集 PR

QOOLANDが語る、過去作の悔いとクラウドファンディングの勝因

QOOLANDが語る、過去作の悔いとクラウドファンディングの勝因

QOOLAND『COME TOGETHER』
インタビュー・テキスト
小田部仁
撮影:田中一人
2015/12/08

12月9日に2ndアルバム『COME TOGETHER』をリリースするQOOLAND。2011年に結成して以来、ロッキング・オン主催のコンテスト『RO69JACK 2013』でグランプリを獲得、そして昨年は5枚の作品をリリースするなど、順調に活動を続けてきているように見えていた。しかし、2ndアルバムのリリースに至るまでは紆余曲折があったという。

「本来の自分たちではない作品を出したくなかった」――四人はファンに嘘をつきたくなかったからこそ、昨年末に所属インディーレーベルを離れることを決意。そして最新作は「ファン参加型アルバム制作プロジェクト」と称し、クラウドファンディングで集めた費用でリリースをする。彼らが茨の道を乗り越え、「共に生きていこう」というどこまでもポジティブなメッセージを持った2ndアルバム『COME TOGETHER』を世に送り出すことができたのはなぜなのか? そこには結成以来変わらぬ、QOOLANDとファンの信頼があった。

ここまで自分たちは道のりを間違えてきてしまったな、という思いがあるんです。(平井)

―まず、アルバムタイトル『COME TOGETHER』に込めた想いを聞かせていただけますか?

平井(Vo,Gt):この言葉には、「どこまでも一緒に生きていこう」という意味が込められていて。ファンや周りにいるスタッフに呼びかけているようなタイトルですね。

―1曲目“Come Together”では<一緒に泣いていこうぜ><一緒に正しく生きていこう>と歌っていますが、今改めて周囲の人々に「一緒に生きていこう」と呼びかけたのはなぜでしょう?

平井:ここまで自分たちは道のりを間違えてきてしまったな、という思いがあるんです。昨年はレーベルに入って活動をして、「あれはあれでよかったよ」と言ってくれる人もいるんですけど、入って辞めてる時点で、やっぱり間違えてしまったと思っていて。レーベルを辞めたことで離れていっちゃった人もいて、だからこそ残ってくれた人たちに、「ついてこいよ!」って改めて呼びかけたかったんです。

川崎(Gt):「間違えた」というか、本来の活動の軸であるはずの大事なものが見えなくなっちゃってたんですよね。テレビとかラジオの仕事が増えて、それはそれで嬉しかったんですけど、目の前にいるお客さんを大事にできなかった。だから、ここでもう一度、自分たちのあり方を取り戻したいと思ったんです。

川崎純
川崎純

―レーベルにいた頃の活動に関して、具体的にどういったところが自分たちのあり方とずれていると感じていたのですか?

平井:自分たちの思想とか生き方と違う人って存在するじゃないですか。そういう人たちと上手くいかなかった。曲はお客さんの魂に刻み込むために作っているわけだけど、自分たちがバンドをやる上で一番譲れない部分をないがしろにされていたから、フラストレーションが溜まっていたんです。

川崎:バンドとしてのポリシーに反することをやらなきゃいけないこともあって、それが精神的に辛かったですね。

―立ち返ってみたときに、自分たちにとって大事なポリシーって何だったのでしょう?

平井:自分たちの周りにいるスタッフやファンが、QOOLANDがやっていることを見て思わず奮い起つようなことをやらなければならない、というのが僕のポリシーです。その人たちそれぞれの人生が豊かになるようなことや、QOOLANDというバンドの輪にいることが誇りになるような音楽を作りたい。

平井拓郎
平井拓郎

川崎:本当に客観的に見たら、バンドとレーベルと、どっちが正しいとか悪いとかないんですけど。ただ、QOOLANDとして満足していないものを出すのは意味がないし、お客さんに対する裏切り行為になってしまうという思いがずっとありました。

平井:レーベルを辞めた後に助けてくれたのは、その後も残ってくれたファンやスタッフのみんなだったんです。だからその人たちは本当にありがたいし、同時に申し訳ない気持ちでいっぱいで。その人たちへの思いを込めて今回のアルバムの曲を作ったんですけど、それでも辛気臭くない明るいパワーに溢れた曲ばかりができたことが、QOOLANDのいいところなんじゃないかと思っています。

Page 1
次へ

リリース情報

QOOLAND『COME TOGETHER』
QOOLAND
『COME TOGETHER』(CD)

2015年12月9日(水)発売
価格:2,376円(税込)
STRD-1002

1. Come Together
2. Shining Sherry
3. セレクト(うーっはーっ!!)
4. ある事無い事
5. 一つの法則
6. ループは止まった
7. 言えない人が言えてたら
8. 叫んでよ新宿
9. ラストセンサー
10. ゆとり教育概論
11. Today Today Today & Yesterday
※初回特典としてパスコード付きカード「SHARE TOGETHER」封入

イベント情報

QOOLAND
『“COME TOGETHER” RELEASE TOUR 2016』

2016年2月5日(金)
会場:千葉県 LOOK

2016年2月6日(土)
会場:埼玉県 HEAVEN'S ROCK 熊谷 VJ-1

2016年2月7日(日)
会場:茨城県 水戸 LIGHT HOUSE

2016年2月10日(水)
会場:大阪府 心斎橋 Pangea

2016年2月12日(金)
会場:東京都 新代田 FEVER

2016年2月13日(土)
会場:愛知県 名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL

2016年2月26日(金)
会場:広島県 CAVE BE

2016年2月28日(日)
会場:岡山県 CRAZY MAMA 2nd Room

2016年3月4日(金)
会場:新潟県 CLUB RIVERST

2016年3月6日(日)
会場:栃木県 HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2

2016年3月11日(金)
会場:静岡県 UMBER

2016年3月25日(金)
会場:宮城県 仙台 FLYING SON

2016年3月26日(土)
会場:秋田県 Club SWINDLE

2016年3月27日(日)
会場:山形県 酒田 MUSIC FACTORY

プロフィール

QOOLAND
QOOLAND(くーらんど)

2011年9月結成。平井拓郎(Vo,Gt)、菅ひであき(Ba,Cho)、タカギ皓平(Dr)、川﨑純(Gt)からなる4人組ロックバンド。活動開始から年間100本以上のライブ活動を行い続けている。ロッキング・オン主催のコンテスト『RO69JACK 2013』でグランプリを獲得。2014年には『教室、千切る.ep』『毎日弾こうテレキャスターagain』『片道4,100円』『街と大都市』『Rental』(TSUTAYAレンタル限定ミニアルバム)の5作品をリリース。2015年7月に「ファン参加型アルバム制作プロジェクト」と題し、クラウドファンディングを実施。2015年12月9日、2ndフルアルバム『COME TOGETHER』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年