特集 PR

宇宙物理学者・柴田一成、すぐには役立たないものの価値を語る

宇宙物理学者・柴田一成、すぐには役立たないものの価値を語る

喜多郎、柴田一成『古事記と宇宙』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:永峰拓也

「はやぶさ」「あかつき」など、実在する日本の探査機の活躍から、日食・月食・流星群といった各種天文ショー。あるいは、『ゼロ・グラビティ』『インターステラー』『オデッセイ』などのハリウッド映画、そしてドラマ『下町ロケット』に至るまで。ここ数年来、またしても「宇宙」ブームが来ているといっても過言ではないだろう。

そんな中、太陽フレアや宇宙ジェットの研究で知られる宇宙物理学者、柴田一成のユニークな試みが静かな注目を集めている。京都市山科区にある花山天文台の台長及び、京都大学宇宙総合学研究ユニット副ユニット長を兼任する柴田。そんな彼が今回、企画・監修した映像作品『古事記と宇宙』は、ワールドワイドな活躍を繰り広げている国際的なシンセサイザー奏者・喜多郎の名盤『古事記』の音楽をバックに、柴田選りすぐりの宇宙映像が次々と映し出される逸品だ。目を見張るような美しさでありながら、学問的な重要性も高いという、それらの映像。宇宙・古事記・音楽……この大胆なコラボレーションは、果たしていかなる発想のもと、生み出されたのか。そして、太陽フレアの観測と研究を専門とする彼が、その先に見据える人類の未来とは。柴田に訊いた。

「自分がなぜここにいるのか?」という疑問を遡っていくと、結局全部宇宙に繋がるんです。

―柴田先生は、なぜ宇宙物理学者の道を志したのですか?

柴田:物心つくかつかないぐらいから、「自分は何でここにいるんだろう?」とか「あの山の向こうはどうなってるんだろう?」ということにすごく興味がありまして。自分がなぜここにいるのか遡っていくと、やっぱり地球ができて、そこで生物が進化してきたからなんです。地球は太陽系の中にできて、太陽系は銀河系の中にできたわけで。結局は全部宇宙に繋がるということに、小学校の高学年ぐらいで気がつきました。

―かなり思索的な少年だったのですね。

柴田:その一方で、私はテレビっ子の走りでもあるんです。『鉄腕アトム』や『ウルトラマン』が大好きで、それには全部、宇宙が出てくるわけです(笑)。あと、その頃から、まさに宇宙の時代になっていって、アポロが月に行ったのもその頃でした。ただ、それを学問として本当にやりたいと思ったのは、中学1年のとき、『ガモフ全集』を読んでからですね。

―『ガモフ全集』?

柴田:ジョージ・ガモフというロシア出身の物理学者がいるんですけど、実は彼が、宇宙はビッグバンで始まったというのを、最初に言い出したんですね。彼は子ども向けの本も書いているのですが、それを中学生のときに読んで、大変感銘を受けまして、宇宙物理学者になりたいと思うようになったんです。だから僕は、星から興味を持った感じではないんですよね。そもそも、家に望遠鏡もなかったので(笑)。

―夜空を眺めるのが好きだったとか、そっちではないのですね。

柴田:むしろ、もっと観念的な入り方をしたというか……あとは、宇宙人に会いたいとか(笑)。まあでも、いろいろ勉強して、望遠鏡を覗いたりするとやっぱり感動するんですよね。

柴田一成
柴田一成

スーパーフレアの話は、我々の進化の謎を解き明かすヒントになる可能性があるんです。

―柴田先生は、宇宙の研究の先には、どんなものがあると考えられているのですか?

柴田:いい質問ですね。それは、私の専門であるスーパーフレアの研究とも関係する話でして。フレアというのは、太陽で起きている爆発のことを言うのですが、それよりも10倍、100倍、1000倍大きいスーパーフレア(超巨大爆発)が、太陽とそっくりの星で大量に発生してることを、僕らが見つけたんです。それで『ネイチャー』という世界的な雑誌に僕らの論文が出たんですけど、太陽とそっくりの星で爆発が起きているということは、太陽でも起きる可能性があるということなんです。

―ということは、つまり?

柴田:それはもう、恐怖なんですよ。現在の太陽フレアですら、実はいろんな被害を地球に及ぼしていますから。たとえば、太陽フレアの爆発の勢いが伝わってきて、カナダやスウェーデンの町全体が停電になったり、その影響でしょっちゅう通信障害が起きているんですよ。そのせいで、航空機が目的地の空港に辿りつけなかったり……。

―SF映画で、そういうシーンを見たことがあるような気がします。

柴田:それのもっとすごいのが起きると、生命大絶滅みたいなことも考えられる。もちろん、頻度は少ないですよ。僕らが見つけたものも、数千年や1万年に1回とかの頻度なので。だから、すぐに心配することはないんですけど、過去にそれが起きた可能性はあるわけです。

―どういうことでしょう?

柴田:地球の歴史を調べると、生命というのは結構絶滅していますよね。たとえば、恐竜が絶滅したのは今から約6500万年前と言われていて、あれは巨大隕石の衝突が原因だったというのが有力な説なんですけど、もしそれが起きなかったら恐竜は絶滅していないし、そうすると人類の進化もなかったかもしれない。つまり、それまで繁栄していた生物が突然いなくなって、それまで繁栄できなかった生物が生き延びて進化するというのを繰り返して、ここまで来たと。だから、スーパーフレアの話は、ちょっと拡大すると、僕らが何でここに生まれたのかという、我々の進化の謎を解き明かすヒントになる可能性があるんですね。

―なるほど。

柴田:太陽とよく似た星を調べることによって、太陽の過去がわかり、未来が見えてくる。今、そのまわりに第二の地球が見つかり始めているんですね。そうすると、次はそういう第二の地球の上に、生命がいるかどうかという話になる。いずれ宇宙人も見つかるんじゃないかと僕は思ってるんですけどね(笑)。そういうものが見つかると、僕らの未来を開拓する、いろんなヒントが見つかるはずなんです。

Page 1
次へ

リリース情報

喜多郎、柴田一成『古事記と宇宙』
喜多郎、柴田一成
『古事記と宇宙』(DVD)

2015年8月19日(水)発売
価格:4,104円(税込)
YZDI-8002

1. 太始 Hajimari(宇宙初期の大規模構造形成と銀河形成シミュレーション)
2. 創造 Sozo(太陽系内の惑星と衛星)
3. 恋慕 Koi(天の川、星団、星雲、銀河)
4. 大蛇 Orochi(太陽フレア、プロミネンス噴出、X線で見たコロナ)
5. 嘆 Nageki(オーロラ)
6. 饗宴 Matsuri(日食、コロナ、プロミネンス、彩層)
7. 黎明 Reimei(世界の宇宙学の歴史と未来)

リリース情報

柴田一成『とんでもなくおもしろい宇宙』
『とんでもなくおもしろい宇宙』

2016年1月23日(土)発売
著者:柴田一成
価格:1,512円(税込)
発行:KADOKAWA/角川書店

プロフィール

柴田一成(しばた かずなり)

1954年生まれ。宇宙物理学者。京都大学理学部を経て、同大学大学院理学研究科に学ぶ。 1991年から1999年にかけて、国立天文台勤務。1999年から京都大学大学院理学研究科附属花山天文台教授。太陽および宇宙における激しい活動現象、とくに電磁流体力学的な爆発、宇宙ジェットを研究している。宇宙ジェットの電磁流体数値シミュレーションを世界で最初に成功。科学衛星『ようこう』の映像からX線ジェット、アネモネジェット、X線プラズモイド、などの現象を新たに発見し、太陽フレアの統一モデルを提唱した。フレアの磁気リコネクション説の確立に貢献。多数のプラズモイドが重要な役割を果たすフラクタル・リコネクション説を提唱。近年は多数の太陽型星にスーパーフレアを発見、世界に衝撃を与えた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと