特集 PR

「自分で歌う」を選んだワケ 傑作を生んだ蓮沼執太インタビュー

「自分で歌う」を選んだワケ 傑作を生んだ蓮沼執太インタビュー

蓮沼執太『メロディーズ』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:森山将人

またモードが変わっていくんだろうなって思いますね。

―アルバムのラストには、まさにその「時間」をテーマにした、“TIME”という曲が収録されていますね。

蓮沼:“TIME”は僕にとって重要な曲で、2012年に『TPAM』というパフォーミングアーツのフェスに出たときに作曲した舞台作品のタイトルでもあるんですけど、その中の歌のシーン用にメンバーで作って演奏したのが“TIME”なんです。今回はそれに僕が新たにメロディーと歌詞を足して、アレンジも変えて収録しました。先行配信のバージョンはYIRANさんというモデルの女の子に歌ってもらったんですけど、直接舞台作品とは関係のない人に歌ってもらうことによって、いよいよ誰のものでもない音楽になるというか。口頭伝承のような感覚で、曲が引き継がれていく感じ、僕の手元からどんどん離れていく感じを、“TIME”という曲で最後に持ってきたかったんです。

―今作は全編蓮沼さんが歌っている分、記名性の強い作品とも言えると思うんですけど、でも最後には手を離して、聴き手に返していくというか。

蓮沼:はい。それはやっぱり、「自分の作品なんて所有できないんだ」という想いの表れなんですよね。僕の作品はいつもそうで、みんなが好きなように楽しめる方が音楽としてはいいと思うんですよ。だから、「結局いつもやってることはそんなに変わってない、変われない」って話になりかねないんだけど(笑)。

―その哲学が根底にあるからこそ、どんな形態の作品でも、作家としての蓮沼さんのカラーが感じられるんだと思います。そう考えると、ライブと作品の相互作用で形態が変わっていくというのも蓮沼さんのカラーなので、今作がどうライブに還元されていくのかも気になるところです。

蓮沼:そうですよね。蓮沼執太フィルの一連のプロジェクトの場合は、蓮沼執太チームで演奏していたものをフィルでアレンジして、それを録音するというのがゴールだったんですけど、今回は蓮沼執太のアルバムから始まっているので、できあがりから変えていくというか、フィルとは逆の方向性ですよね。どうなるかはまだ僕もわかってないんですけど、思いもよらない方向に行けたらいいなって思います。

蓮沼執太

―ここからまた始まっていくような、そんな軽やかさも本作の魅力ですもんね。

蓮沼:これまでとも地続きではあると思うんですよ。ただ、音楽や展示などの活動をしていると、節目みたいな瞬間があって、CDアルバムを出すというのは、確かに自分のモードが変わるんですよね。それが面白いなって。人生でそんなに何枚もCDを出せるわけじゃないと思うし、やっぱり今回も大事なリリースで、地続きではあるんだけど、『メロディーズ』でまたモードが変わっていくんだろうなって思いますね。

Page 3
前へ

リリース情報

蓮沼執太『メロディーズ』
蓮沼執太
『メロディーズ』(CD)

2016年2月3日(水)発売
価格:3,024円(税込)
B.J.L. / AWDR/LR2 / DDCB-13031

1. アコースティックス
2. 起点
3. フラッペ
4. RAW TOWN
5. ハミング
6. テレポート
7. クリーム貝塚
8. ストローク
9. ニュー
10. TIME

イベント情報

『蓮沼執太『メロディーズ』発売記念 ミニLIVE & サイン会』

2016年2月29日(月)START 20:00
会場:東京都 渋谷 タワーレコード渋谷店 8F Space HACHIKAI特設ステージ

『蓮沼執太メロディーズ・ツアー2016』

2016年3月19日(土)OPEN 11:00 CLOSE 21:00
会場:北海道 札幌 芸術の森 アートホール
出演:
青葉市子
Koji Nakamura
sleepy.ac
DJみそしるとMCごはん
蓮沼執太
MODELS
and more

2016年3月26日(土)
会場:福岡県 ROOMS

2016年4月24日(日)
[1]OPEN 15:30 / START 16:30
[2]OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 六本木 Billboard Live TOKYO

『森、道、市場2016』
2016年5月13日(金)~5月15日(日)
※5月13日は前夜祭
会場:愛知県 蒲郡市 大塚海浜緑地
出演:
SPECIAL OTHERS
ペトロールズ
トクマルシューゴ
水曜日のカンパネラ
蓮沼執太
MOODMAN
Yogee New Waves
水中、それは苦しい
中山うり
and more

2016年5月21日(土)
会場:大阪府 クリエイティブセンター大阪(名村造船所跡地)

プロフィール

蓮沼執太
蓮沼執太(はすぬま しゅうた)

1983年東京都生まれ。音楽作品のリリース、蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演、コミッションワーク、他ジャンルとのコラボレーションを多数制作する。また近年では、作曲という手法を様々なメディアに応用し、映像、サウンド、立体、インスタレーションなど個展形式での展覧会やプロジェクトを活発に行う。音楽祭『ミュージック・トゥデイ』を自ら企画構成を行う。2014年、蓮沼執太フィル『時が奏でる Time plays - and so do we.』を発表後、ニューヨーク滞在を経て2015年より多岐にわたる新たな活動を行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催