特集 PR

「死ぬ」を「生きる」にひっくり返すSKY-HIのポップソング哲学

「死ぬ」を「生きる」にひっくり返すSKY-HIのポップソング哲学

SKY-HI『カタルシス』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人

SKY-HIの2ndアルバム『カタルシス』が素晴らしい。日本のポップシーンのど真ん中で、これほど強い信念と覚悟を持って鳴らされた作品に出会うことは、そうそうないと言っていいだろう。緻密に構築されたコンセプチュアルな世界観、ジャンルを越境するエッジの効いたサウンドメイキング、ポップミュージックとしての絶対的な強度、どれをとっても一級品であることは保証できる。AAAのメンバーとして表舞台で華々しく活動する一方、マイク一本でのし上がってきたからこその意地と、そんな自分を見守っていてくれた人たちへの愛に溢れた目線も、この作品には存分に詰まっている。これまでの足跡を振り返ったこのインタビューで、SKY-HIとあなたが出会うことを願って。

「何でソロプロジェクトを始めたんですか?」って聞かれるけど、始めたも何も、初めからあるものっていうか。

僕がSKY-HIのことをはっきりと意識するようになったのは、tofubeatsが2013年に発表したアルバム『lost decade』に収録されていた“Fresh salad feat. SKY-HI”だったように思う。tofubeatsによるトラックやメロディーのキャッチーさもさることながら、何よりSKY-HIの独特なフロウが気になり、「あれ? SKY-HIって誰だっけ?」と思ったのだ。そして、パッと検索をして、その正体がAAAの日高光啓だとわかったときは、思わず「え!」と声を上げてしまった。時期に多少のずれはあっても、こんな風にしてSKY-HIと出会ったリスナーは、少なくないのではないだろうか。

AAAといえば2000年代以降のエイベックスの看板アーティストのひとつであり、アイドル的な魅力も備えた男女7人組。昨年デビュー10周年を迎えたが、これまでにリリースしたシングルは実に50枚で、近年はそのほとんどがオリコンチャートのトップ5以内にランクイン、『NHK紅白歌合戦』には2010年から6年連続出場中と、彼らを「J-POPシーンのトップランナー」と呼ぶことに異論を挟む余地はないだろう。日高は高校2年のときに受けたオーディションで合格し、AAAのメンバーとしてデビュー。その一方では中学生のときからヒップホップが大好きで、AAAの活動の傍ら、ラッパーとしてクラブでの活動を開始した。

―エイベックスのオーディションを受けたのはどういうきっかけだったんですか?

SKY-HI:大学への進学は決まっていたんですけど、卒業するころには22歳になっちゃうから、10代のうちに何か仕事を始めたいと思ったんです。そのときはまだラッパーとしての自我は微妙で、それよりもエイベックスを設立したMAX松浦さんにすごく興味が湧いたんですよ。「6大メジャー」(ワーナーミュージックグループ、EMI、ソニー・ミュージックエンタテインメント、BMG、ユニバーサルミュージックグループ、ポリグラム)ってそのころはあんまりよくわかっていなかったけど、一代で築き上げた会社があると知って、憧れを抱いたんです。ラッセル・シモンズ(ヒップホップやR&Bを専門にしたアメリカのデフ・ジャム・レコーディングスの創業者)、JAY-Z(アメリカのラッパー。ロッカフェラ・レコードなどのレーベルを設立)、MAX松浦みたいな、僕の中ではそういう括り(笑)。イノベーターというか、アンチテーゼも含め、いろんなことを巻き起こしている感じがヒップホップだなと思って、会ってみたいし、可能なら一緒に仕事をしてみたいなって。AAAというグループの一員として活動することになるとは思っていなかったんですけど、好きだったラップが生かせるなら、頑張ろうと思いましたね。

SKY-HI
SKY-HI

―では、AAAのデビュー後にラッパーとしての活動を始めたきっかけは?

SKY-HI:中高で育んだ好奇心がずっと並走していただけというか、こういう風に言うと怒る人もいると思うんですけど、社会人になっても趣味を続けている人なんてたくさんいるじゃないですか? そういう中で、何枚かの日本語ヒップホップのCD(SEEDA『花と雨』、KEN THE 390『プロローグ』、TARO SOUL『SOUL SPITS』)と出会ったときに、ラッパーとしてのキャリアもちゃんと本気で進めたいと思ったんです。

―「AAAでは自分を表現し切れないと思った」みたいな話ではないと。

SKY-HI:そうです。「何でソロプロジェクトを始められたんですか?」ってたまに聞かれるけど、始めたも何も、初めからあるものっていうか。だから、AAAとSKY-HIは別に紐づいているわけじゃないんだけど、今はレーベルメイトだし、同じ芸事だし、共通点は多いですよね。まあ、同じ人間がやっているわけだから、当たり前なんですけど。

Page 1
次へ

リリース情報

SKY-HI『カタルシス』
SKY-HI
『カタルシス』(CD+DVD)

2016年1月20日(水)発売
価格:3,996円(税込)
AVCD-93327/B

[CD]
1. フリージア~Prologue~(Track produced by SHIMI)
2. Ms.Liberty(Track produced by FIRE HORNS , DJ WATARAI)
3. スマイルドロップ(Track produced by UTA)
4. Count Down(Track produced by BROKEN HAZE)
5. Luce(Track produced by 夢幻SQUAD)
6. As A Sugar(Track produced by KREVA)
7. F-3(Track produced by DJ WATARAI)
8. Young,Gifted and Yellow(Track produced by Mummy-D)
9. 朝が来るまで(Track produced by ist)
10. Seaside Bound(Track produced by SONPUB)
11. アイリスライト(Track produced by Nao'ymt)
12. カミツレベルベット(Track produced by 蔦谷好位置)
13. フリージア~Epilogue~(Track produced by SHIMI)
[DVD]
1. Ms. Liberty(Music Clip)
2. スマイルドロップ(Music Clip)
3. F-3(Music Clip)
4. Seaside Bound(Music Clip Making)
5. アイリスライト(Music Clip)
6. カミツレベルベット(Music Clip)
7. Limo(Bonus Music Video)

SKY-HI『カタルシス』
SKY-HI
『カタルシス』(CD+DVD)

2016年1月20日(水)発売
価格:4,860円(税込)
AVCD-93328/B

[CD]
1. フリージア~Prologue~(Track produced by SHIMI)
2. Ms.Liberty(Track produced by FIRE HORNS , DJ WATARAI)
3. スマイルドロップ(Track produced by UTA)
4. Count Down(Track produced by BROKEN HAZE)
5. Luce(Track produced by 夢幻SQUAD)
6. As A Sugar(Track produced by KREVA)
7. F-3(Track produced by DJ WATARAI)
8. Young,Gifted and Yellow(Track produced by Mummy-D)
9. 朝が来るまで(Track produced by ist)
10. Seaside Bound(Track produced by SONPUB)
11. アイリスライト(Track produced by Nao'ymt)
12. カミツレベルベット(Track produced by 蔦谷好位置)
13. フリージア~Epilogue~(Track produced by SHIMI)
[DVD]
1. As a Sugar(LIVE @ZEPP NAGOYA)
2. Critical Point(LIVE @ZEPP NAGOYA)
3. 逆転ファンファーレ(LIVE @ZEPP NAGOYA)
4. 愛ブルーム-short-(LIVE @ZEPP NAGOYA)
5. スマイルドロップ(LIVE @ZEPP NAGOYA)
6. Blanket(LIVE @ZEPP NAGOYA)
7. WHIPLASH(LIVE @ZEPP NAGOYA)
8. Diary(LIVE @ZEPP NAGOYA)
9. Serial(LIVE @ZEPP NAGOYA)
10. サファリ・システム(LIVE @ZEPP NAGOYA)
11. Enter The Dungeon(LIVE @ZEPP NAGOYA)
12. Tyrant Island(LIVE @ZEPP NAGOYA)
13. F-3(LIVE @ZEPP NAGOYA)
14. Prelude-RULE-
15. RULE(LIVE @ZEPP NAGOYA)
16. トリックスター(LIVE @ZEPP NAGOYA)
17. -センテンス-
18. Jack The Ripper(LIVE @ZEPP NAGOYA)
19. Limo(LIVE @ZEPP NAGOYA)
20. TOKYO SPOTLIGHT(LIVE @ZEPP NAGOYA)
21. VERY BERRY(LIVE @ZEPP NAGOYA)
22. Tumbler(LIVE @ZEPP NAGOYA)
23. Seaside Bound(LIVE @ZEPP NAGOYA)
24. アイリスライト(LIVE @ZEPP NAGOYA)
25. カミツレベルベット(LIVE @ZEPP NAGOYA)
26. 愛ブルーム(LIVE @ZEPP NAGOYA)
27. またね(LIVE @ZEPP NAGOYA)

SKY-HI『カタルシス』
SKY-HI
『カタルシス』(CD)

2016年1月20日(水)発売
価格:3,240円(税込)
AVCD-93329

1. フリージア~Prologue~(Track produced by SHIMI)
2. Ms.Liberty(Track produced by FIRE HORNS , DJ WATARAI)
3. スマイルドロップ(Track produced by UTA)
4. Count Down(Track produced by BROKEN HAZE)
5. Luce(Track produced by 夢幻SQUAD)
6. As A Sugar(Track produced by KREVA)
7. F-3(Track produced by DJ WATARAI)
8. Young,Gifted and Yellow(Track produced by Mummy-D)
9. 朝が来るまで(Track produced by ist)
10. Seaside Bound(Track produced by SONPUB)
11. アイリスライト(Track produced by Nao'ymt)
12. カミツレベルベット(Track produced by 蔦谷好位置)
13. フリージア~Epilogue~(Track produced by SHIMI)

イベント情報

『SKY-HI TOUR 2016』

2016年2月14日(日)
会場:石川県 金沢市文化ホール

2016年2月18日(木)
会場:福岡県 福岡国際会議場 メインホール

2016年2月19日(金)
会場:広島県 JMSアステールプラザ 大ホール

2016年2月28日(日)
会場:宮城県 仙台電力ホール

2016年3月5日(土)
会場:愛知県 芸術劇場 大ホール

2016年3月11日(金)
会場:大阪府 オリックス劇場

2016年3月13日(日)
会場:東京都 TOKYO DOME CITY HALL

プロフィール

SKY-HI
SKY-HI(すかいはい)

ラッパー。2012年に自身主宰のコラボレーション楽曲制作企画「FLOATIN’ LAB」が話題となり、CD化してリリース。KREVA等、多数アーティストの楽曲への客演や各地でのライブも経て、同年の『WOOFIN’ AWARD 2012』のベストオブラッパー部門を受賞。2013年には満を持してソロメジャーデビューを果たし、2014年3月には1stアルバム『TRICKSTER』をリリース。2016年1月、2ndアルバム『カタルシス』をリリースし、オリコン5位を記録。2016年2月から全国7箇所7公演の全国ホールツアーを行う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い