特集 PR

ぼくのりりっくのぼうよみの言語感覚を、『文學界』編集者と探る

ぼくのりりっくのぼうよみの言語感覚を、『文學界』編集者と探る

ぼくのりりっくのぼうよみ
インタビュー・テキスト
武田俊
撮影:森山将人

昨年12月にメジャーデビューを果たした、ぼくのりりっくのぼうよみ。弱冠17歳の彼は、類まれなる才能とセンスで音楽ファンに衝撃を与え、多くの大人たちを本気にさせた。デビュータイミングに様々な媒体で掲載された彼のインタビューを読んでいて、疑問を持ったことがある。「ぼくのりりっくのぼうよみ」という名前で活動し、リリックの書き方においても高い評価を得ているものの、音楽体験については具体的に語っているが、こと言語における体験についてはあまり語っていないのだ。

そんな折、2月5日に発売された文芸誌『文學界』に、彼の初となるエッセイが掲載された。彼は一体どのような活字に触れ、このような詩的世界を構築し、エッセイを記すことになったのだろうか。又吉直樹の『火花』を担当したことでも知られる『文學界』の編集者・浅井茉莉子と一緒に探ってみたい。

「こんなのロックじゃねえ」「このヒップホップはリアルじゃねえ」みたいな物言いに、前から違和感を持っていました。(ぼくのりりっくのぼうよみ)

―まず浅井さんにお伺いしたいのですが、そもそも彼の存在を知ったのはいつ頃なんですか?

浅井:2015年の10月あたりです。Twitterのタイムラインで偶然流れてきたYouTube動画を見たのがきっかけでした。『文學界』では毎月いろんな方にエッセイを寄稿いただいている枠があり、11月末くらいに「エッセイを書いていただけませんか?」と、Twitterのプロフィール欄に書いてあったメールアドレスにご連絡を差し上げました。

―どういう部分に惹かれて依頼されたのでしょう?

浅井:まずは声と歌い方に惹かれて、それから言葉をよく選んで歌詞を書かれているなと思いました。たとえば“sub/objective”では、1番は平易な言葉で感情を込めて書かれているのが、2番からは客観的な視点が登場してくる。その書き方が面白いなと思い、歌詞を書く感覚とエッセイを書く感覚は全然違うと思うので、まとまった量の文章を読んでみたいという好奇心が湧いたんです。

―浅井さんからメールが届いて、まずどう思いました?

ぼくのりりっくのぼうよみ(以下、ぼくりり):とりあえず「ヤバっ」と思いましたよね(笑)。音楽系の人から連絡が来るならまだわかるんですけど、そうじゃない。メールを頂いて、浅井さんの名前でググりました。

浅井:え、ググったんですか(笑)。

ぼくりり:まあ、まずググりますよね(笑)。そうしたら、又吉さんの名前が出てきて。そこでまた「ヤバっ」となりました(笑)。でも、実は『文學界』のことはよく知らなかったんです。インテリで文化系なおじさんが読んでいるのかな、というぼんやりとしたイメージがあったくらいで、誰が書いているのかとか内容は全然知らなくて。なんで僕に依頼してくれたのか不思議でした。ちょっとびっくりしたのが、特にテーマとかの指示が何もなかったこと。完全に自由だったんです。「なんか書いてくれ!」みたいな(笑)。

ぼくのりりっくのぼうよみ
ぼくのりりっくのぼうよみ

浅井:エッセイをお願いする時は、いつも何も決めずにお願いしています。具体的に何か読みたいというよりも、「エッセイでどんなものを書くのだろう」というところに興味があるからです。

ぼくりり:ただ、そもそもエッセイの定義がよくわからなかったんです。それでまず『文學界』を読んでみたんですけど、それでもよくわからなかった。なので、とにかく思っていることを書いてみました。

―エッセイを読ませていただいたんですが、すごくロジカルに考えて書く方だという印象を受けました。カテゴライズについてのお話でしたね。

ぼくりり:もともと論理構成を考えるタイプだと思います。音楽をやってる中で、いわゆる「こんなのロックじゃねえ」「このヒップホップはリアルじゃねえ」みたいな言い回し、ありますよね? そういう物言いについて前から違和感を持っていたので、このタイミングで考えてみたかったんです。

Page 1
次へ

書籍情報

『文學界』2016年3月号
『文學界』2016年3月号

2016年2月5日(金)発売
価格:970円(税込)
発行:文藝春秋

リリース情報

ぼくのりりっくのぼうよみ『hollow world』
ぼくのりりっくのぼうよみ
『hollow world』(CD)

2015年12月16日(水)発売
価格:2,160円(税込)
VICL-64487

1. Black Bird
2. パッチワーク
3. A prisoner in the glasses
4. Collapse
5. CITI
6. sub/objective
7. Venus
8. Pierrot
9. Sunrise(re-build)

イベント情報

『CONNECTONE NIGHT Vol.1』

2016年5月6日(金)OPEN 17:00 / START 17:45
会場:東京都 渋谷 CLUB QUATTRO
出演:
Awesome City Club
SANABAGUN.
ぼくのりりっくのぼうよみ
and more
料金:3,000円(ドリンク別)

プロフィール

ぼくのりりっくのぼうよみ
ぼくのりりっくのぼうよみ

横浜在住の高校3年生、17歳。早くより「ぼくのりりっくのぼうよみ」「紫外線」の名前で動画サイト等に投稿を開始。高校2年生だった昨年、10代向けでは日本最大級のオーディションである『閃光ライオット』に応募、ファイナリストに選ばれる。TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』で、その類まれなる才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴びた。他のトラックメーカーが作った音源にリリックとメロディーを乗せていくラップのスタイルをベースとしつつ、その卓越した言語力に裏打ちされたリリック、唯一無二の素晴らしい歌声、高校生というのが信じられない程のラッパー/ヴォーカリストとしての表現力が武器。2015年12月16日に、メジャーデビューアルバム『hollow world』をリリース。

浅井茉莉子(あさい まりこ)

文藝春秋入社後、『週刊文春』『別冊 文藝春秋』編集部を経て、現在『文學界』編集部に在籍。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも