特集 PR

Nada Surfに訊くニューヨーク音楽シーンとアメリカの最新事情

Nada Surfに訊くニューヨーク音楽シーンとアメリカの最新事情

Nada Surf『YOU KNOW WHO YOU ARE』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:豊島望

「インディーバンドにとって、いまの時代はすごくいい状況だと思う」。マシュー・カーズは、こんな風に語った。デビューから20年、彼はNada Surfのフロントマンとして、ニューヨークのブルックリンを拠点にみずみずしいパワーポップを鳴らし続けてきた。変わり続ける音楽業界の動向や移り気なシーンの流行に左右されることなく、自分の信じる良質なロックを突き詰めてきた。大規模な宣伝や、巨大チェーンによる流通の力を借りずとも、一人ひとりのファンに、それをダイレクトに届けてきた。

「USインディーの至宝」と評されるNada Surf。その魅力はオルタナティブロック直系のローファイなギターサウンドと美しいハーモニーの融合にある。「ポストWEEZER」と評され世界中のロックファンを虜にしたアルバム『High / Low』で1996年にデビュー。2002年の『Let Go』からは現在も所属するインディーレーベル「Barsuk Records」に移籍。4年ぶりの新作『YOU KNOW WHO YOU ARE』は、彼らと同じく1990年代からUSインディシーンの雄として活躍してきたGuided By Voicesの元ギタリストであるダグ・ギラードがメンバーに加わり制作された一枚。今回はマシュー・カーズに、新作についてだけでなく、インディペンデントな音楽活動にまつわる状況について、そしていまのアメリカ社会について、話を聞いた。

ニューヨークは大都市だから、どれだけマニアックな趣味を持っていても、それを共有できる誰かに出会えることは大きな魅力です。

―Nada Surfは結成から20年以上、ニューヨークのブルックリンに拠点を置きながら、主にインディペンデントで活動してきました。ニューヨークという街にはどんなイメージを持っていますか?

マシュー:東京も同じだと思うけど、ニューヨークは大都市だから、人がたくさん集まっていても孤独を感じるような瞬間がありますね。ただその一方で、どれだけマニアックな趣味を持っていても、それを共有できる誰かに出会えることは大きな魅力です。場合によっては、それだけで一つのビジネスが成り立ったりもするし、自分がおかしな人間だと思わずに済む(笑)。ぼくは子どものころマンハッタンで育ったので、ニューヨークで自分の好みのバンドを何度も観ることができたのは幸運でした。

マシュー・カーズ
マシュー・カーズ

―マシューさんのようにニューヨークで育ったミュージシャンには、どんな特徴が表れていると思いますか?

マシュー:マンハッタンは地価が高いから、ミュージシャンが自分でリハーサルスペースを持つのは難しいし、スタジオを借りるにもすごくお金がかかる。週に2時間くらいしかリハーサルができないので、そうなるとプログレみたいに何時間もスタジオで練習して、複雑なギターワークやコード進行を追究していくようなスタイルのバンドは生まれづらいんです。2時間でアイデアを形にできるような、シンプルなバンドが生まれやすい気がしますね。

―Nada Surfの拠点であるブルックリンは小さなレコードショップも多く、マンハッタンとは少し違って、インディーミュージックのシーンが根付いているイメージがあります。実際にどんな空気感なんでしょうか?

マシュー:まず、ブルックリンはマンハッタンに比べて、高層の建物が少ないんです。だから空も広い。いまぼくらが拠点にしているのはブルックリンの西側にあるウィリアムズバーグという街ですが、そこでの音楽的な土台になっているのはSonic Youthだと思います。彼らは20年間くらい、以降のバンドに影響を与え続けている。一方で、マンハッタンのダウンタウンのほうではTalking HeadsやRamonesが土台になってると思いますよ。

―Nada Surf も、Sonic Youthには影響を受けている?

マシュー:ぼくらの1stシングル“Popular”には、Sonic Youthからの音楽的な影響が表れています。さらっと聴いただけでは気付かないかもしれないけれど、ノイズや不協和音のなかに美しさを見出すという発想は、やはり彼らから影響を受けたものだと思う。「クール」という言葉はできるだけ使いたくないけど、やっぱりセンスがあるかどうかというのは大きいと思いますね。

マシュー・カーズ

―Nada Surfだけでなく、Sonic Youthに影響を受けたアメリカのインディーバンドは少なくないと思います。

マシュー:そうですね。あと、彼らはアートについて語ることも多いし、そうやってカルチャー的なトレンドを作ってきたところもSonic Youthの価値だと思います。最近よく感じるんですが、そうやっていろいろ発信することが、いまの時代になってより大事になってきていると思うんです。たとえば、ぼくが「この映画がよかった」「この本がよかった」と話しているとき、みんなメモを取るようになった。いまはとにかくいろんな情報が飛び交っている時代だから、自分が好きな人、興味を持っている人のレコメンドが大きな意味を持つようになってきているんだと思う。

Page 1
次へ

リリース情報

Nada Surf『YOU KNOW WHO YOU ARE』日本盤初回生産限定盤(2CD)
Nada Surf
『YOU KNOW WHO YOU ARE』日本盤初回生産限定盤(2CD)

2016年3月16日(水)発売
価格:2,400円(税込)
only in dreams / ODCP-013

1. Cold to See Clear
2. Believe You're Mine
3. Friend Hospital
4. New Bird
5. Out of the Dark
6. Rushing
7. Animal
8. You Know Who You Are
9. Gold Sounds
10. Victory's Yours
[初回生産盤限定ボーナスディスク]
1. No Quick Fix
2. From The Rooftop Down
3. Fools
4. Concrete Bed (original)
5. Au Fond Du Reve Dore
6. Whose Authority (acoustic)
7. I Like What You Say (acoustic)
8. I Wanna Take You Home
9. Everyone's On Tour
10. Je T'Attendais
11. The Future (acoustic)
12. Looking Through (acoustic)
13. When I Was Young (acoustic)
14. Waiting For Something (acoustic)
15. Clear Eye Clouded Mind (acoustic)
※歌詞、対訳、解説付き

Nada Surf『YOU KNOW WHO YOU ARE』日本盤
Nada Surf
『YOU KNOW WHO YOU ARE』日本盤(CD)

2016年3月16日(水)発売
価格:2,400円(税込)
only in dreams / ODCP-013

1. Cold to See Clear
2. Believe You're Mine
3. Friend Hospital
4. New Bird
5. Out of the Dark
6. Rushing
7. Animal
8. You Know Who You Are
9. Gold Sounds
10. Victory's Yours
※歌詞、対訳、解説付き

プロフィール

Nada Surf
Nada Surf(なだ さーふ)

ニューヨーク・ブルックリン出身のパワーポップインディーバンド。高校の同級生だったマシュー・カーズ(Vo、Gt)とダニエル・ロルカ(Ba、Vo)によって1992年に結成。追ってアイラ・エリオット(Dr、Vo)が加入。2016年、ダグ・ギラード(Gt)が四人目のメンバーとして正式加入。1996年、WEEZERなどのプロデュースで有名なリック・オケイセックを迎えた『HIGH / LOW』でデビュー。シングル『POPULAR』がスマッシュヒットとなり「ポストWEEZER」として注目を浴びる。2000年以降はインディーのフィールドで活動。2016年、通算8枚目となるスタジオ・アルバム『YOU KNOW WHO YOU ARE』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと