特集 PR

社会や統計が教えてくれない真実を明かす、永原真夏の生物学

社会や統計が教えてくれない真実を明かす、永原真夏の生物学

永原真夏『バイオロジー』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人
2016/03/14
  • 57
  • 90

そもそも永原真夏という人は、パンクのイズムを持った表現者なのだ。何よりも自由を愛し、自分が美しいと感じたものを何らかの形でアウトプットせずにはいられない、そういった意味で生粋のアナーキストなのである。

SEBASTIAN Xの活動休止から約1年。「永原真夏+SUPER GOOD BAND」から「永原真夏」に名義を変えて発表される、ソロ初の全国流通盤『バイオロジー』。録音&ミックスには曽我部恵一やYogee New Wavesなどを手掛ける池内亮、マスタリングには坂本慎太郎やOGRE YOU ASSHOLEなどを手掛ける中村宗一郎を迎え、ライブで磨き上げられた曲を中心とした全6曲が収録されている。名義が変わったことについては、「ソロアーティストとしての覚悟」というような話ではなく、より自由な活動ができるようにするための一手段であり、実際永原はすでに次の制作へと動き始めているのだという。間違いなく、いま彼女の周りにはいい風が吹いている。そして、いい風の吹いている場所には、自然といい顔をした人間が集まってくるのだ。

(お客さんが)自分で好きなものを見つけて、それをちゃんと自分にとっての素敵なものにしていくって、すごいかっこいいことだなって。

―昨年7月からソロでのライブ活動が始まって、バンド時代とどんな変化を感じていますか?

永原:盛り上げたら盛り上がってくれるという意味では昔と似てるけど、前よりもちゃんと聴いてくれてる人が増えたんですよね。SEBASTAIN Xのときは、バンドのステップアップとフェスっぽいノリがクロスした時期でもあって、ライブは盛り上げた方がいいだろうと思っていたけど、今は盛り上がりたくない人に対する責任もちゃんと持ちたいっていう気持ちが大きくなったかもしれないです。

―盛り上がって楽しむだけではない、新しい永原真夏のライブをしていこうと。

永原:再スタートしてからはまだ流通盤を出していなかったので、今の私のライブに来てくれる人たちって、ネットで私の活動を調べて、CDをオフィシャルサイトの通販とかで買ってライブに行くっていう、すごく積極性があって、感性をフルに使ってる人たちだと思うんです。そういう人たちに対しては、こっちももっと積極的に入っていけるんじゃないかって気がするんですよ。盛り上がりたい人の余白、ちゃんと聴きたい人の余白、どっちも残せるんじゃないかなって。だって、どちらも音楽なんだから。

永原真夏
永原真夏

―お客さんに対する信頼度が上がったということ?

永原:そうですね。お客さん一人ひとりの感性みたいなものは、今100%信頼してる。ソロになって新しい曲ばかりやってるのに、「あの曲のあの歌詞がよかった」とかってツイートしてくれてるんですよ。自分で好きなものを見つけて、それをちゃんと聴いて、覚えて、自分にとっての素敵なものにしていくって、すごいかっこいいことだなって。

―それって真夏ちゃん自身がソロになってそういう姿勢をちゃんと見せてることの裏返しでもあるんでしょうね。ZINEとかカセットテープを作ったり、自分がいいと思うものをより素直にアウトプットするようになりましたよね。

永原:それはあるかもしれない。カセットは自分がすごい熱量で作ったものだったから、それがパッと売り切れたのはホントに嬉しかった。だって、1曲100円でも高いって言われてるのに、あれは1曲800円ですからね。

カセットテープシングル『リトルタイガー』
カセットテープシングル『リトルタイガー』

―最近はアナログレコードとかカセットでリリースする人が増えてきていますよね。

永原:私の場合、別に「モノの価値がどう」とか考えているわけじゃないんですよ。そもそも私はカセット世代でもないから、「これマジで音鳴るのかよ!」っていう驚きから入って、そういう感動を込めたら、それが自分と同じ世代とか、カセットを「懐かしいね」って思う世代の人にも受け入れてもらえた感じがあって、すごく嬉しかったですね。

―ちゃんと響きあったんですね。

永原:そうそう。自分が好きなことを追求して、それを「自分はこう思って、こう感じて」みたいに説明するより、「ホントにかわいいから見て!」「かわいい! 安い!」「でしょ? ギリギリまで下げましたー」みたいな(笑)、そういうラフだけどストレートなコミュニケーションでやれるのがすごくいいなって。どんな小さな範囲でも、逆にどんな大きな範囲でも、こうやっていけるなって、このテープを作って思いました。

Page 1
次へ

リリース情報

永原真夏『バイオロジー』
永原真夏
『バイオロジー』(CD)

2016年3月16日(水)発売
価格:1,800円(税込)
WRCA-06

1. リトルタイガー
2. バイオロジー
3. 平和
4. 唄おうカロリーメイツ
5. 青い空(Hyper Ver.)
6. プリズム99%

イベント情報

『永原真夏ツアー2016「わたしのバイオロジー』

2016年4月10日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:茨城県 水戸 SONIC
出演:
永原真夏+SUPER GOOD BAND
and more
料金:2,300円(ドリンク別)

2016年4月15日(金)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:宮城県 仙台FLYING SON
出演:
永原真夏+SUPER GOOD BAND
ワンダフルボーイズ
料金:3,000円(ドリンク別)

2016年4月23日(土)OPEN 17:00 / START 17:30
会場:静岡県 浜松FORCE
出演:
永原真夏+SUPER GOOD BAND
指先ノハク
Spoon
ピンク・ロリータ・ジュリエッツ
and more
料金:一般2,500円 学生2,000円 高校生以下1,000円

2016年5月7日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:岡山県 岡山 cafe MUSIQA
出演:
音沙汰(永原真夏、工藤歩里)
さとうもか(オープニングアクト)
料金:3,000円(ドリンク別)

2016年5月8日(日)OPEN / START 17:00
会場:島根県 松江 NU
出演:
音沙汰(永原真夏、工藤歩里)
O.G.K
wonder wonder
DJ:DJエンペラー梅木
and more
料金:2,800円(ドリンク別)

2016年5月13日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 梅田 Shangri-La
出演:
永原真夏+SUPER GOOD BAND
Wienners
料金:3,200円

2016年5月21日(土)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 TOKUZO
出演:
永原真夏+SUPER GOOD BAND
GEZAN
料金:3,200円

2016年5月26日(木)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
永原真夏+SUPER GOOD BAND
HAPPY
料金:3,200円

プロフィール

永原真夏
永原真夏(ながはら まなつ)

2008年2月から2015年4月の活動休止までSEBASTIAN Xのヴォーカリストとして活動。作詞作曲、アートワークやMV、グッズなどを手がけていた。バンドの活動休 止から19日後にソロ活動開始宣言、2015年 7月には1stソロEP『青い空』をリ リース。発売日にソロ初ライブを行なう。 現在、ソロプロジェクト「永原真夏+SUPER GOOD BAND」やKey.工藤歩里とのユ ニット「音沙汰」などで活動中。2016年3月16日に1st Mini Album『バイオロジー』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. NHK五輪生特番で椎名林檎“東京は夜の七時”TV初披露、Perfume×真鍋大度 1

    NHK五輪生特番で椎名林檎“東京は夜の七時”TV初披露、Perfume×真鍋大度

  2. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 2

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  3. 『めちゃイケ』で注目を浴びた、三浦大知のすごさの本質に迫る 3

    『めちゃイケ』で注目を浴びた、三浦大知のすごさの本質に迫る

  4. Massive Attack来日ライブの追加公演が決定 チケット完売を受け 4

    Massive Attack来日ライブの追加公演が決定 チケット完売を受け

  5. 杉野遥亮、超特急タカシら「けだもの男子」が急接近 『花にけだもの』映像 5

    杉野遥亮、超特急タカシら「けだもの男子」が急接近 『花にけだもの』映像

  6. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 6

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  7. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 7

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  8. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 8

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  9. 吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇 9

    吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇

  10. エッシャー大規模展『ミラクル エッシャー展』来年開催 全作品日本初公開 10

    エッシャー大規模展『ミラクル エッシャー展』来年開催 全作品日本初公開