特集 PR

the pillows山中×バカリズム 顔が似る二人は、内面も似てるのか?

the pillows山中×バカリズム 顔が似る二人は、内面も似てるのか?

the pillows『STROLL AND ROLL』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:森山将人 編集:矢島由佳子

the pillowsのフロントマン・山中さわおとバカリズム――ある人にとっては「意外な組み合わせ」、またある人にとっては「遂に!」といったツーショットが実現した。片や結成から27年目に突入したベテランロックバンドのボーカルでありながら、「テレビはバラエティーしか見ない」と公言し、プライベートではお笑いのDVDを見まくっているという、お笑い好きミュージシャンの山中。そしてオフビートなコントでコアなお笑いファンのハートをわしづかみながら、最近では『素敵な選TAXI』などドラマ作品の脚本も担当、『バズリズム』をはじめとする音楽番組の出演を通してミュージシャンとの交流も深めているという、バカリズム。

「この二人、何か似てない?」――そんなファンの素朴なひと言から、お互いを意識し合うようになったという二人は、初対面にして一体どんな話を繰り広げるのだろうか。外見だけでなく、人間性や世の中の見方にも近しいところがあるのだろうか。山中たっての希望で実現した今回の対談。その一部始終をとくとご覧あれ。

バカリズムのネタは、「オルタナ」だなって思う。誰もやってないことの連発が、もうすごすぎる(笑)。(山中)

―今日は、the pillows山中さんからの熱烈なラブコールのもと、バカリズムさんにお声掛けさせていただいた次第です。

バカリズム:それはホント恐縮というか……すごく光栄です(笑)。

山中:基本的に俺、「誰かと対談したい」って思うことがあんまりないんだけど、升野さん(バカリズム)だけはどうしてもお会いしたくて。というのは……升野さんはいまいちピンとこないと思うんですけど、the pillowsの界隈では、僕と升野さんの顔がすごく似てるという話になっていて……。

バカリズム:あ、それ、僕も言われたことあります(笑)。

山中:やっぱりありますか(笑)。で、ツーショットでも撮れたら、俺としては相当嬉しいなと(笑)。

左から:山中さわお、バカリズム
左から:山中さわお、バカリズム

バカリズム:ただ、僕のほうとしては、山中さんに似ていると言われても、絵のタッチが全然違うというか、僕は山中さんのようにワイルドでかっこいい感じではないので、申し訳ないところがあって。『コロコロコミック』と青年漫画ぐらいタッチが違うじゃないですか? 「似てる」って言われて、the pillowsのファンの方々は怒ってないですか?

山中:うん、大丈夫。もう、定番って感じだから。結構前に、似てるからって、ファンの方からバカリズムのライブDVDが送られてきたことがあって。

バカリズム:はははは(笑)。

山中:まあ、もともと僕がお笑い好きで、ツアー中はよくホテルでお笑いのDVDを見てるってことを言ってたから、それもあって送ってくれたんだと思うんだけど。で、そのDVDを見て好きになってしまって……『バカリズム案』の最初のやつを自分で買ったんです。

バカリズム:ありがとうございます。2010年に出したやつですね。

山中:それを見たら、もう内容がオルタナティブすぎて、一気にファンになってしまって。音楽ジャンルで「オルタナ」をやりたいってよく言ってきたんですけど、「オルタナ」というのは、いわゆる「ロックンロール」とは対極にあるもので。ロックンロールは、ずっと同じことをやっていても飽きない魅力、ある種様式美みたいなよさがあるんだけど、「オルタナ」というのはそれとは逆で、誰もやってないことをやっていくよさがあるんですね。そういう意味で、バカリズムのネタは、「オルタナ」だなって思った。誰もやってないことの連発が、もうすごすぎる(笑)。それで、「この人は、いったいどういう青春時代を過ごしていたのかな?」って思うようになったんです。

山中さわお

バカリズム:まあ、売れるまでに10年ぐらいどうにもならない時期があったので、それなりに暗かったとは思いますけど……山中さんも、心に僕のような闇を抱えてらっしゃるんですか?

山中:うん、結構(笑)。バカリズムのネタの面白さって、世の中で定番とされているものの逆を突くところだと思うのね。

バカリズム:そうですね。

山中:ということは、例えば青春時代に好きな女の子としゃべっていて、その子が自分がちょっとバカにしているものを「あれ、いいよね」って言ったときに、普通に「うん、そうだね」って言っておけばいいのに、ついつい言い返してしまって、あとで後悔するみたいな。俺はそういうのがけっこうあったんです(笑)。「いや、それはどうかな?」とか「そっちから見たらそうだけど、こっちから見たらそうじゃないよね?」みたいなこと言って、好かれないっていう(笑)。バカリズムのネタを見ていると、升野さんもそういうところがあるのかなって。

バカリズム:確かにそれはあるかもしれないですね。「現実はそんなんじゃないんだよ」という感覚が、昔からずっとあるというか。「それってリアルに考えるとこうだよね?」みたいなことを、何に対しても思ってしまうんです。そういう目線は、割と普段から持っているかもしれないですね。

Page 1
次へ

リリース情報

the pillows『STROLL AND ROLL』
the pillows
『STROLL AND ROLL』初回生産限定盤(CD+DVD)

2016年4月6日(水)発売
価格:3,780円(税込)
QECD-90001

[CD]
1. デブリ
2. カッコーの巣の下で
3. I RIOT
4. ロックンロールと太陽
5. Subtropical Fantasy
6. エリオットの悲劇
7. ブラゴダルノスト
8. レディオテレグラフィー
9. Stroll and roll
10. Locomotion, more! more!
[DVD]
1. カッコーの巣の下で
2. デブリ
3. Locomotion, more! more!
※初回限定特典としてオリジナルステッカー、『STROLL AND ROLL TOUR』チケット応募抽選先行予約パスワード封入

the pillows
『STROLL AND ROLL』通常盤(CD)

2016年4月6日(水)発売
価格:3,240円(税込)
QECD-10001

1. デブリ
2. カッコーの巣の下で
3. I RIOT
4. ロックンロールと太陽
5. Subtropical Fantasy
6. エリオットの悲劇
7. ブラゴダルノスト
8. レディオテレグラフィー
9. Stroll and roll
10. Locomotion, more! more!
※初回限定特典としてオリジナルステッカー、『STROLL AND ROLL TOUR』チケット応募抽選先行予約パスワード封入

イベント情報

the pillows
『STROLL AND ROLL TOUR』

2016年5月6日(金)
会場:茨城県 水戸 LIGHT HOUSE

2016年5月8日(日)
会場:長野県 CLUB JUNK BOX

2016年5月13日(金)
会場:栃木県 宇都宮 HEAVEN'S ROCK VJ-2

2016年5月15日(日)
会場:東京都 赤坂 BLITZ

2016年5月19日(木)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2016年5月21日(土)
会場:岡山県 YEBISU YA PRO

2016年5月23日(月)
会場:徳島県 club GRINDHOUSE

2016年5月25日(水)
会場:大阪府 心斎橋 BIGCAT

2016年5月27日(金)
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2016年5月29日(日)
会場:新潟県 LOTS

2016年6月4日(土)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST

2016年6月11日(土)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2016年6月13日(月)
会場:岩手県 盛岡 CLUB CHANGE WAVE

2016年6月15日(水)
会場:青森県 Quarter

2016年6月17日(金)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE 24

2016年6月18日(土)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE 24

2016年6月25日(土)
会場:群馬県 高崎 club FLEEZ

2016年6月28日(火)
会場:静岡県 浜松 窓枠

2016年6月30日(木)
会場:島根県 松江 canova

2016年7月2日(土)
会場:大阪府 なんばHatch

2016年7月4日(月)
会場:愛媛県 松山 SALONKITTY

2016年7月6日(水)
会場:鹿児島県 SR HALL

2016年7月8日(金)
会場:沖縄県 那覇 桜坂セントラル

2016年7月10日(日)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2016年7月16日(土)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2016年7月18日(月・祝)
会場:愛知県 名古屋DIAMOND HALL

2016年7月22日(金)
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo

番組情報

『素敵な選TAXI スペシャル ~湯けむり連続選択肢~』

2016年4月5日(火)21:00から関西テレビ・フジテレビ系で放送
脚本:バカリズム
演出:筧昌也
出演:
竹野内豊
玉山鉄二
瀧本美織
清水富美加
山崎樹範
丸山智己
宇梶剛士
松重豊
バカリズム
南沢奈央
清野菜名
升毅

ストーリー:
過去に戻れる不思議な乗り物・選TAXIの運転手の枝分(竹野内豊)は、好きなアニメの聖地を見に行こうと、ひとり温泉地にやってきた。しかし、途中で様々なトラブルを抱えた乗客たちと出会う。選手生命崖っぷちのプロ野球投手や、婚前旅行で婚約解消を言い渡されてしまった男、修学旅行で生徒が失踪してしまった担任教師、ひとり旅の謎の男など…。枝分の運転する選TAXIに乗って、過去に戻ってやり直そうとする乗客たち。果たしてトラブルをうまく解決できるのか?そして、やがてバラバラだったはずの乗客たちの物語は、一つの大事件へとつながっていき…!?

プロフィール

the pillows
the pillows(ざ ぴろうず)

山中さわお(Vo,Gt)、真鍋吉明(Gt)、佐藤シンイチロウ(Dr)による3ピースバンド。1989年9月結成。1991年、シングル『雨にうたえば』(ポニーキャニオン)でデビュー。1992年、上田ケンジ(Ba)が脱退。1994年、キングレコードに移籍。2005年、海外での活動を本格的に始動。2006年、avex entertainment / tearbridge productionに移籍。2009年、結成20周年記念日の9月16日に、初の武道館ライブを行う。2012年、ツアー終了後、バンドのメンテナンス&リハビリのため活動休止。2013年8月より活動再開。2016年4月6日に、20枚目のオリジナルアルバム『STROLL AND ROLL』をリリース。

バカリズム
バカリズム

本名は、升野英知。1995年『バカリズム』を結成。2005年12月よりピン芸人として活動。現在、TVレギュラー番組を中心に活動するかたわら、定期的に単独ライブを行っており、発売と同時に即完売となる人気を誇る。他にもナレーションや役者、脚本、イラスト、書籍など多方面で活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年