特集 PR

メジャー映画の限界を知り転機をつかんだ入江悠が前川知大と語る

メジャー映画の限界を知り転機をつかんだ入江悠が前川知大と語る

『太陽』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:西田香織 編集:野村由芽

「二十一世紀初頭――ウイルスにより人類の大半が死滅。生き残った人類は二つに分かれて暮らしていた」。入江悠監督の最新作『太陽』は、そんなテロップとともに幕を開ける。ウイルスの感染を克服し、心身ともに進化した引き換えに、太陽の下では生きられない体質になってしまった新人類「ノクス(夜に生きる存在)」。もう一方は、太陽の下で自由に生きられるものの、ノクスに管理されながら、貧困のもとで生きる旧人類「キュリオ(骨董的存在)」だ。

2011年、「劇団イキウメ」によって初上演された舞台を映画化した本作。神木隆之介と門脇麦という若手実力派俳優を主演に擁するこの映画は、入江監督が「ずっと作りたかった」という初の本格的なSF作品でもある。SF作品がもたらす、思索的な醍醐味とは? 映画と演劇を横断する作品作りの意義とは? 入江悠と劇団イキウメの主宰・前川知大、気鋭のクリエイター同士ならではの刺激的な会話が繰り広げられた。

メジャー映画を撮ってみて良かったのは、日本映画でできることの限界がなんとなく肌感覚でわかったこと。(入江)

―まずは本作の経緯から教えてもらえますか?

入江:今から3、4年前、『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』の公開が終わったぐらいの頃、次は何をやろうか漠然と考えていたんです。そんなとき、映画のプロデューサーから「劇団イキウメの『太陽』という芝居が面白いんだけど、これを映画化できないか?」という話をいただいて。戯曲も公演のDVDも「うわっ、面白い!」と思って、そこから映画用の脚本を開発し始めました。

―入江監督は、この戯曲のどんなところに惹かれたのでしょう?

入江:『ターミネーター』とか『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が全盛だった頃のハリウッド映画を見て育ったので、もともとSFが好きだったんです。あとは、『マッドマックス』みたいに、世紀末感のある近未来SF映画とか。いつかそういう映画を撮ってみたいと思っていたんですけど、同じことを日本映画でやるのは難しいだろうなって悶々としてたときにこの原作に出会って、「こういう話なら、実現できるかも」って思ったんですよね。

前川:はじめに入江監督にお会いしたときも、「日本映画にはあんまりSFがないけれど、これならできるんじゃないか」と言ってくださったんですよ。実は演劇でSFをやろうとすると、ちょっとネタものになりやすいところがあって、僕が演劇を始めた頃は、シリアスなSFの芝居があまりなかったんです。だからこそ、僕はSFの芝居をやりたかったのですが、入江さんが映画界に抱いてる思いと自分が演劇界に感じてることが近いような気がしたんですよね。

―たしかに日本映画の環境で、ハリウッドのようなスケールのSF作品を撮るのは、なかなか難しいところがありますよね。

入江:ただ、この映画って、最初に脚本を書き始めてから実際に撮影するまで、2年ぐらいかかっていて。そこで意外と良かったのは、その間に『日々ロック』と『ジョーカー・ゲーム』というメジャーの映画をやれたことなんですよね。メジャーの映画は、日本映画のなかで予算があるとされているんですけど、そこでできることとできないことが自分のなかで相対化できて、メジャーに対してぼんやりと抱いていた夢みたいなものがクリアになったんです。

入江悠
入江悠

―というと?

入江:端的に言ってしまえば、日本映画でできることの限界がなんとなく肌感覚でわかった。だから、この『太陽』を映画化する際に、過剰な期待をせず、できるだけロケーションやセットを限定していく方向にシフトしていきました。そういうふうに考えられるようになったのは、この映画にとって、すごく大きいことでしたね。

前川:それって、ちょっと演劇的ですよね? 演劇も物理的な制約が多い分、そのなかでどうするかってことをすごく考えるので。

入江:そうですね。だから多分、あのときにメジャー映画をやらずに『サイタマノラッパー』のテンションのままで映画を作り続けたら、僕は日本映画というものに過剰な期待を持って、『ガタカ』(1997年のアメリカ映画。遺伝子操作に寄って「適正者」と「非適正者」に分けられた近未来の社会を描いたSF作品)みたいなことをやろうとして、挫折したかもしれない。この作品の場合、映画にしようとしてから、もう一度演劇の良さを再発見するような手順を踏んで、また新しい映画の作り方に挑戦できたような手応えがありますね。

Page 1
次へ

作品情報

『太陽』

2016年4月23日(土)から角川シネマほか全国公開
監督:入江悠
脚本:入江悠、前川知大
原作:前川知大『太陽』
出演:
神木隆之介
門脇麦
古川雄輝
綾田俊樹
水田航生
高橋和也
森口瑤子
村上淳
中村優子
鶴見辰吾
古舘寛治
配給:KADOKAWA

プロフィール

入江悠
入江悠(いりえ ゆう)

1979年生まれ。神奈川県出身、埼玉育ち。日本大学藝術学部映画学科在学中から映画祭で注目を集める。短編映画がゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター・コンペティション部門に2年連続入選し、2006年に初の長編映画『JAPONICA VIRUS』が全国劇場公開。埼玉でくすぶるヒップホップグループの青春をリアルに描いた『SR サイタマノラッパー』は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2009オフシアター・コンペティション部門グランプリをはじめ数多くの賞を受賞。その後、『SR サイタマノラッパー』は続編が2作制作された。2010年に第50回日本映画監督協会新人賞を受賞。2011年には『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』で高崎映画祭若手監督グランプリを受賞。オリジナル作品から大作まで手掛ける、日本映画界に欠かせない若手監督の一人。

前川知大
前川知大(まえかわ ともひろ)

劇作家・演出家。1974年生まれ。2003年に結成した、劇団イキウメを拠点に、脚本と演出を手がける。イキウメは、「日常に潜んでいる不思議なこと、その理屈や答えを舞台ででっち上げてみよう」、という会。SFやホラー、オカルトなど、市民生活の裏側にある異界を、超常的な世界観で描く演劇作品を作っている。読売演劇大賞、芸術選奨新人賞、紀伊國屋演劇賞など国内の演劇賞を多数受賞している。映画の脚本を手がけるのは今回が初。舞台「太陽」の脚本は第63回読売文学賞 戯曲・シナリオ賞を受賞。脚本とは別に小説「太陽」を執筆、2016年2月KADOKAWA刊。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露