特集 PR

志磨遼平×コムアイ フロントマン対談「ライブは恥を晒すこと」

志磨遼平×コムアイ フロントマン対談「ライブは恥を晒すこと」

ドレスコーズ『SWEET HAPPENING ~the dresscodes 2015 “Don't Trust Ryohei Shima”JAPAN TOUR~』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:野村由芽

ウダウダ言っているよりも、「実際にやる」ってことが一番強いんだなって。(コムアイ)

―ドレスコーズが毎回バンドメンバーを変えてライブやツアーをするのも、「特別な何か」が起きるひとつの要素になっていそうですよね。

志磨:そういう面もあるかもしれません。例えば、一緒にやったOKAMOTO'Sのメンバーとは歳も離れているので、毛皮のマリーズ時代のライブに来てくれていたって言うんですよ。それが今、期間限定とはいえ、同じバンドをやっている状況って不思議だなと。

志磨遼平
志磨遼平

コムアイ:不思議ですよね。それにOKAMOTO'Sの演奏なのに、ちゃんとドレスコーズっぽくなっているのも面白いなって。

志磨:でもね、僕はコンスタントにいいライブをやるっていうのはできないタイプ。

コムアイ:私もできない。

志磨:だから、僕らは純粋なミュージシャンとかバンドマンというよりは、ちょっと違う職業なんじゃないかな。

コムアイ:でも、表現者としてはすごく純粋だと思います。毎回ちゃんといいライブをする人って、結局最後の方は飽きちゃったりしませんか? やっぱり本人がそのときの状況に揺さぶられちゃってる人の方が、最後まで見ちゃうけどなあ。

―二人とも「パッケージされたいいライブ」よりも、もっとプリミティブな、ある種の儀式的なものに惹かれるっていうことでしょうね。

コムアイ:そういう部分でドレスコーズに共感するところがあります。

―コムアイさんのパフォーマンスは今でこそ定評がありますが、初期のカンパネラのライブはかなり手探り状態だったのではないですか?

コムアイ:最初の頃はホントにつらかったですね。通っていた学校がお嬢ちゃんお坊ちゃんばっかりで、そういう人たちと育ったらプライドが高くなってしまって傷つくのが怖くなってしまいました。たまたま誘われて水曜日のカンパネラを始めて、自分ができることをプロジェクトにチューニングしていく作業を2年くらいやっていたんですが、最初はとにかくライブの場数を踏んでいたので、「何で私が叩き上げで頑張んなきゃいけないの?」って……。

コムアイ

志磨:ああ……。

コムアイ:でもそれで性格はマシになった気がします。謙虚になったわけじゃないし、根がオラオラなのは変わらないんですけど(笑)、「実際にやる」ってことが一番強いんだなってわかりました。ウダウダ言っているよりも、やっちゃって、失敗して、その映像を見て反省して、「ここを直そう」ってやっていくのが大事なんだなと。

―そうやっていく中で、「水曜日のカンパネラのライブはこういうもの」っていうのは、いつ頃掴めたのでしょうか?

コムアイ:今でもあんまり掴めていない気がして、毎回違うことをやっています。ただこの間、アメリカの『SXSW 2016』(アメリカ・テキサス州オースティンにて開催される、世界最大規模の音楽・映画・ITのコンベンション&フェスティバル)に出たときは、一度きりのライブで「水曜日のカンパネラのライブってこういうものなんです」ってプレゼンしなきゃいけなくて。日本のライブだと、YouTubeとかを見て知ってくれている人が多いと思うし、毎回違うパフォーマンスをしていろんなライブを見てもらいたい気持ちもあるのですが、チャンスが一度しかないとなると、「これが水曜日のカンパネラなんだ」って思われる、自分が納得できるものはどれなんだろう? って。

3月15日(現地時間)に「WEDNESDAY CAMPANELLA」として「Cheer Up Charlies」ステージに出演

志磨:もし僕が1回しかライブを見せられないとしたら、「志磨遼平の本質的なところを全部出そう」って考えると思う。「そんなに完璧ではない」ところとか、わがままなところとか、そういうところも正直に出すっていう。

コムアイ:それは私も同じですね。自分を表現するときにストッパーはないです。「これはカンパネラじゃないから」って、自分を出し惜しみする部分はひとつもない。他のメンバーの二人が見守ってくれるような感じもあるから、まったく遠慮はしない。

パフォーマーであるはずの僕らがホントに興奮するのって、自分もリスナーになっている瞬間なんです。(志磨)

―歌についてはどんなことを意識していますか?

志磨:歌についてはそんなに語ることないかなあ。

コムアイ:言い切りましたね(笑)。

志磨:体の方に正解がある気がするというか、音楽が導く体の動きってきっとあるし、そっちを見せることの方がライブでは大切な気がするんですよね。

コムアイ:ああ、わかるかも。懺悔すると、私は嘘で踊ってるときがあるんです(笑)。

志磨:ほう。

コムアイ:いい音響で音が空間に散らばって、自分が好きな感じで聴こえると、どうしても踊りたくなって、体のパーツが全部繋がって順番に動くけど、その感覚が来る前に踊っちゃうと、ぎこちなくなっちゃうんです。その状態が恥ずかしいのも、きっとちょっと顔に出てるんですよね(笑)。でも、最近はそれもダメではないと思えるようになって。というのも、プロレスが面白いのと同じで。

―プロレス?

コムアイ:プロレスは、お決まりの展開があって、どちらかといえば「フィクション」なんだけど、ヒートアップしてきて、本当の乱闘に見える瞬間があって、そういうときって本人たちも嘘か本当かわかっていない状態だと思うんです。それに息を飲む。ライブで面白いのもそういうときで、嘘かもしれない動きの中でも妙な真実味が出てきたり、「その日しか見られないものを見た」ってお客さんに思ってもらえれば、すごくありがたいし、ちゃんといいものを見せられたなと思うんです。

志磨:すごくわかります。ライブって、嘘をついている時間の方が長いかもしれない。

コムアイ:懺悔大会になってきた(笑)。

志磨:だって、プロレスでマジで切れる瞬間なんてほんの一瞬でしょ? ライブもそういうことなんだろうなって。

左から:志磨遼平、コムアイ

コムアイ:でも、みんなそこに熱狂していますよね。

志磨:そうそう、いろんな意味で、お客さんは目の前の状況を嘘だと思って見ているわけではなくて、その場を熱狂させる力がレスラーたちにはあるから、生で見ちゃえばみんな興奮する。ライブもそうで、たぶんパフォーマーであるはずの僕らがホントに興奮するのって、自分もリスナーになっている瞬間なんです。

コムアイ:ホントにそう。そういうときって超楽しいんですよね。

志磨:自分の作った音楽や、自分がやったことに対して心底テンションが上がることがたまにあるんですけど、それって実はライブそのものではなく、むしろライブからこぼれた瞬間ですよね。自分が客席に回ってしまったような瞬間で、そうなったら修正するでしょ? 「いかん、いかん」って。

コムアイ:座ってヘターってしていたいんだけど、でも「あ、やんなきゃ」ってなって、嘘で踊るっていう(笑)。確かに、超楽しいときは、「一番このライブを楽しんでる人」みたいな感じで、自分もステージ上にいる。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

ドレスコーズ『SWEET HAPPENING ~the dresscodes 2015 “Don't Trust Ryohei Shima”JAPAN TOUR~』(Blu-ray)
ドレスコーズ
『SWEET HAPPENING ~the dresscodes 2015 “Don't Trust Ryohei Shima”JAPAN TOUR~』(Blu-ray)

2016年5月11日(水)発売
価格:5,616円(税込)
KIXM-230

1. HEART OF GOLD
2. スローガン
3. ボニーとクライドは今夜も夢中
4. jiji
5. もあ
6. 愛さなくなるまでは愛してる(発売は水曜日)
7. Lily~ダンデライオン
8. それすらできない
9. トートロジー
10. あん・はっぴいえんど
11. ゴッホ
12. 愛する or die
13. 犬ロック
14. ビューティフル
15. みなさん、さようなら
16. 愛に気をつけてね
※特典映像『“LOVE & HAPPENING” D.T.R.S. JAPAN TOUR DOCUMENT』収録

ドレスコーズ『SWEET HAPPENING ~the dresscodes 2015 “Don't Trust Ryohei Shima”JAPAN TOUR~』(DVD)
ドレスコーズ
『SWEET HAPPENING ~the dresscodes 2015 “Don't Trust Ryohei Shima”JAPAN TOUR~』(DVD)

2016年5月11日(水)発売
価格:4,104円(税込)
KIBM-563

1. HEART OF GOLD
2. スローガン
3. ボニーとクライドは今夜も夢中
4. jiji
5. もあ
6. 愛さなくなるまでは愛してる(発売は水曜日)
7. Lily~ダンデライオン
8. それすらできない
9. トートロジー
10. あん・はっぴいえんど
11. ゴッホ
12. 愛する or die
13. 犬ロック
14. ビューティフル
15. みなさん、さようなら
16. 愛に気をつけてね

イベント情報

ドレスコーズ
『Barbate Rock 5th Anniversary ~Hige Mirage~Powered by QUATTRO MIRAGE』

2016年5月26日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
出演:
ドレスコーズ
大森靖子
料金:4,500円(ドリンク別)

2016年5月27日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 梅田CLUB QUATTRO
出演:
ドレスコーズ
大森靖子
料金:4,500円(ドリンク別)

リリース情報

水曜日のカンパネラ
『UMA』初回限定盤(CD)

2016年6月22日(水)発売
※オリジナルTシャツ付

水曜日のカンパネラ
『UMA』通常盤(CD)

2016年6月22日(水)発売

イベント情報

水曜日のカンパネラ
『未確認ツアー』

2016年6月25日(土)
会場:東京都 新木場 STUDIO COAST

2016年7月2日(土)
会場:福岡県 嘉穂劇場

2016年7月6日(水)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE24

2016年7月9日(土)
会場:岡山県 YEBISU YA PRO

2016年7月10日(日)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2016年7月16日(土)
会場:愛知県 名古屋 DIAMOND HALL

2016年7月18日(月・祝)
会場:京都府 萬福寺

料金:各公演 前売3,800円(ドリンク別)
※福岡、京都公演のみドリンクなし
※京都公演は別途拝観料が必要

プロフィール

ドレスコーズ
ドレスコーズ

毛皮のマリーズのボーカルとして2011年まで活動、翌2012年1月1日にドレスコーズ結成。同年7月にシングル『Trash』(映画『苦役列車』主題歌)でデビュー。12月に1stアルバム『the dresscodes』、2013年8月には2ndシングル『トートロジー』(フジテレビ系アニメ『トリコ』エンディング主題歌)、同年11月に2ndアルバム『バンド・デシネ』を発表。2014年4月、キングレコード(EVIL LINE RECORDS)へ移籍。日比谷野音でのワンマン公演を成功させたのち、9月にリリースされた1st E.P.『Hippies E.P.』をもってバンド編成での活動終了を発表。以後、志磨遼平のソロプロジェクトとなる。12月10日、現体制になって初のアルバム『1』をリリース。2015年10月、4thアルバム『オーディション』をリリースした。2016年5月11日に、LIVE Blu-ray&DVD作品となる『SWEET HAPPENING ~the dresscodes 2015 “Don’t Trust Ryohei Shima”JAPAN TOUR~』をリリース予定。

水曜日のカンパネラ
水曜日のカンパネラ(すいようびのかんぱねら)

2012年の夏、初のデモ音源“オズ”“空海”をYouTubeに配信し始動。「水曜日のカンパネラ」の語源は、水曜日に打合せが多かったから……と言う理由と、それ以外にも、様々な説がある。当初グループを予定して名付けられていたが、現在ステージとしてはコムアイのみが担当。「サウンドプロデュース」にKenmochi Hidefumi、その他、「何でも屋」のDir.Fなどが、活動を支えるメンバーとして所属。以降、ボーカルのコムアイを中心とした、暢気でマイペースな音楽や様々な活動がスタートしている。2016年6月22日、ワーナーミュージック・ジャパンからのメジャーデビュー第一作目となるニューアルバム『UMA』をリリース予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る