特集 PR

『せか猫』永井監督×HARUHI対談「音楽は人間関係のブリッジ」

『せか猫』永井監督×HARUHI対談「音楽は人間関係のブリッジ」

HARUHI『ひずみ』
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:豊島望 編集:山元翔一

映画『世界から猫が消えたなら』で監督を務めた永井聡は、デモ音源を1小節聴いた瞬間に、エンドロールで流れる主題歌をHARUHIが歌う“ひずみ”に決めたという。それほどに際立った歌声を持つ彼女は、アメリカで生まれ、現在は日本のインターナショナルスクールに通うバイリンガルの17歳。同映画の音楽も担当した小林武史のプロデュースにより、5月11日にデビューする。多くの関係者が絶賛する彼女は何者なのか。その才能に惚れ込み、“ひずみ”のMVも手掛けた永井にも加わってもらい、HARUHIというアーティストの背景に迫った。

デモを録ったときも、「ちょっといま歌ってみる?」っていう感じで、急に歌うことになって。日本語で歌ったのは、そのときが初めてだったんです。(HARUHI)

―今回は映画『世界から猫が消えたなら』(以下『せか猫』)の監督と主題歌の歌手ということで、まずお二人の出会いから訊かせてください。

永井:実際に会ったのは今年の1月にあったライブのときだったんですけど、先に彼女の声と出会っていて。“ひずみ”を歌ったのは何歳のとき?

HARUHI:確か2年前だったから、15歳だったと思います。

永井:本当はいろんな歌手や曲を提案してもらう予定だったんですけど、音楽担当の小林武史さんから最初に聴かされた候補がHARUHIちゃんの歌った“ひずみ”で。声に衝撃を受けて、もう一発で「これでいきたい!」と思ったんですよね。撮影中にデモが送られてきて、その場でみんなに聴かせたら「これはすごい!」って。でも、HARUHIちゃんはそのとき、そんなにやる気なかったんだっけ?

HARUHI:いやいやいや! やる気がどうってことじゃなくて、突然電話が来て、「2年後に映画の話があるんですけど、どうですか?」って言われたんですよ。でも、2年後なんて「本当にあるのかな?」と思うじゃないですか。そのデモを録ったときも、話を聞いて、「ちょっといま歌ってみる?」っていう感じで、急に歌うことになって。日本語で歌ったのは、そのときが初めてだったんです。

HARUHI
HARUHI

永井:えっ、そうだったんだ!?

HARUHI:そのときは漢字もあんまり読めなかったから、「これなんて読むの?」みたいな状態で。英語で歌うときとはギャップがあったし、声も子どもっぽくて、その声が本当に嫌だったんです。まさかそれが永井さんに送られているとは思わず。

永井:それは納得いかないかもね。でもね、そのちょっと不安定なところがよかったんだよ。僕は小林さんに、「映画の最後に流れる曲は、猫からの気持ちを歌ったものにしてほしい」とお願いしていて。HARUHIちゃんの声は、男の子にも女の子にも聴こえるし、年代も感じさせないから、本当に劇中の猫がメッセージを言ってくれているように聴こえて、すごく感動的だったの。それで、この子しかいないなと思って。実際に会うまでは、もっと暗い子かなと思ってたけど。

HARUHI:ははははは(笑)。意外でした?

永井:歌声を聴いただけでは、全然しゃべらなくて、部屋の隅っこにいそうな暗い子なのかなと思ってたんです。まさかこんなに明るいとは思わず(笑)。ずっと一人でしゃべってる。そのギャップも素敵でしたね。

映画のエンディングに流れる歌としては、たどたどしい始まり方も素敵じゃないかと思ったんです。(永井)

―実際に映画で使われている音源は、歌い直したわけですよね?

HARUHI:歌い出しの部分は、最初に録ったデモのままなんです。だから、そこは15歳の私の声です。あとの部分は、16歳の自分がいたり、17歳の自分がいたり、いろいろ混ざってて。

永井:いま、めちゃくちゃうまくなっちゃってるんですよ。あのときの素朴な感じというか、やっと日本語をしゃべり始めたみたいな感じではなくなっていて。それはそれで、アーティストとしては素晴らしいんですけど、映画のエンディングに流れる歌としては、たどたどしい始まり方も素敵じゃないかと思ったんです。

―昔の声を残したのは、永井さんからのリクエストだったんですか?

永井:僕も言いましたし、みんな言いましたね。僕はとにかく最初に聴いたときの衝撃がすごくて。だから小林さんに対して、イントロもいらないから、HARUHIちゃんのブレスで始めてほしいと言ったんです。いま考えると、怖いもの知らずだったなと思いますけど(笑)。

―確かに、小林武史さんにそんなこと言えないですよね(笑)。映画のエンドロールで流れてくるという部分では、どういったことを意識しましたか?

永井:映画は主人公が死に向かっていく話なので、エンディングテーマは、希望に満ちて、やさしい感じがいいなと。お客さんが悲しい涙を流すのではなくて、気持ちのいい涙を流してほしいなと思ってて。そういう意味でもエンドロールは、ただ単に曲を流してスタッフの名前を見せる場所じゃなくて、本当の意味でのラストシーンだと考えているんです。最後にHARUHIちゃんの歌を聴くと、みんな癒やされて帰ってくれるというか。でも、あの曲でまた泣いちゃうんだよね(笑)。

左から:HARUHI、永井聡
右:永井聡

―HARUHIさんは、どういう気持ちで歌っていたんですか?

HARUHI:一番最初は本当にわからないまま歌っていました。台本や原作も見てなくて、小林さんから『せか猫』のストーリーを聞いたくらいで。でも映画を見てから、曲に込められた意味がさらにわかってきたんですよね。コンプレックスやいろんなメッセージが入っているから、ライブではそういう場面を思い浮かべるんですけど。自分のポイント的には、「ありがとう」という言葉の大切さを考えながら歌っていますね。

Page 1
次へ

リリース情報

HARUHI『ひずみ』初回生産限定盤
HARUHI
『ひずみ』初回生産限定盤(CD+DVD)

2016年5月11日(水)発売
価格:1,500円(税込)
AICL-3104/5

[CD]
1. ひずみ
2. あたたかい光
3. Empty Motion
4. The Lion is Calling Me
[DVD]
・ひずみ Music Video

HARUHI『ひずみ』通常盤
HARUHI
『ひずみ』通常盤(CD)

2016年5月11日(水)発売
価格:1,200円(税込)
AICL-3106

1. ひずみ
2. あたたかい光
3. Empty Motion
4. The Lion is Calling Me

作品情報

『世界から猫が消えたなら』

2016年5月14日(土)からTOHOシネマズ渋谷、新宿バルト9ほか全国で公開
監督:永井聡
脚本:岡田惠和
原作:川村元気
音楽:小林武史
主題歌:HARUHI“ひずみ”
出演:
佐藤健
宮崎あおい
濱田岳
奥野瑛太
石井杏奈
奥田瑛二
原田美枝子
配給:東宝

プロフィール

HARUHI
HARUHI(はるひ)

1999年2月25日、ロサンゼルス生まれ。現在17歳。12歳のとき、学校のミュージカルの主役に抜擢され、数ヶ月間の練習と本番を経て歌手への志を持つ。13歳から楽曲制作を開始。ルーツミュージックからオルタナティブロックまで、膨大な幅の音楽を吸収し、即興性を含む柔軟で鋭敏な歌唱表現力や楽曲制作力は、関係スタッフに、次世代の真の女性アーティストの誕生を予感させる。その後、ライブやレコーディングで、ミュージシャン達とのコラボレーションを通して柔軟さを身につけ、楽曲によって英語と日本語のバランスを取りながら、自身のスタイルを確立する。映画『世界から猫が消えたなら』の主題歌に“ひずみ”が決定し、2016年5月11日デビューを果たす。

永井聡(ながい あきら)

CMディレクター。武蔵野美術大学を卒業後、映像コンテンツ制作会社・葵プロモーション(現AOI Pro)に入社し、数々のCMを監督する。ダイハツ工業やサントリー『グリーンDAKARA』のCMが評価され、全日本シーエム放送連盟(通称ACC)が主催するACC CM Festivalでクラフト賞テレビCM部門のディレクター賞を2012年と2013年の2年連続で受賞。2005年公開のオムニバス映画『いぬのえいが』の一編『犬語』でメガホンをとり、2013年、テレビCM業界を舞台にしたコメディ映画『ジャッジ!』で長編監督デビュー。2016年5月公開の川村元気原作による映画『世界から猫が消えたなら』で自身2作目となる長編監督を務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開