特集 PR

はみ出し振付家ダレン・ジョンストン「音楽的ダンス人生」を聞く

はみ出し振付家ダレン・ジョンストン「音楽的ダンス人生」を聞く

『ZERO POINT / ゼロ・ポイント』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:田中一人 編集:佐々木鋼平

Aphex TwinやSquarepusher、映像作家のクリス・カニンガム、そして初音ミクまで。異なるジャンルの表現者との積極的な共同制作や、先端テクノロジーの舞台への導入によって、コンテンポラリーダンスの枠組みの拡大をリードしてきたイギリスの異色振付家、ダレン・ジョンストン。エレクトロニックミュージックにおけるリズムへの陶酔や、音響への同化、それが人にもたらすトリップや無心状態。彼が「瞑想」や「静けさ」の世界へと関心を持った一つのきっかけは、そんなクラブカルチャーの光景だった。

ダンス教育の名門「ラバンセンター」を卒業したエリートでありながら、ヒップホップやレイヴカルチャーをルーツに持つ彼は、1980年代以降のイギリスの若者文化から何を学び、どのように作品へ活かしてきたのか。そして、そんな彼が子ども時代から抱いていたという、「日本の静けさ」に対する親しみとは? 世界に先駆け6月に高知で初演される新作『ZERO POINT / ゼロ・ポイント』を控え、ダンスのみならず、音楽や美術の世界からも注目される気鋭の表現者を訪ねた。

高知の市場で新鮮なカツオを食べながら、酔っぱらった人と会話するのが楽しかった。

―今回の作品『ZERO POINT / ゼロ・ポイント』は、2013年の高知県での滞在制作をきっかけに生まれたそうですね。高知の印象はどのようなものでしたか?

ジョンストン:とにかく静かな場所で、制作にピッタリの環境だと感じました。2003年に初めて日本を訪れて以来、東京や京都、埼玉に行ったことはあったのですが、高知はそうした都市からほどよく離れており、ある意味で孤立している点が良かった。とてもリラックスした雰囲気がありました。自然と触れ合いながらアイデアを練り、また地元の人たちとワークショップも行いました。

―現地ではカツオにハマっていたとお聞きしました。

ジョンストン:そう、ぼくはカツオ中毒者です(笑)。高知ではいたるところで新鮮なカツオが食べられるんですね。そのなかの「ひろめ市場」というフードコートのような場所で、酔っぱらった人たちと会話するのが楽しかった。高知の人はフレンドリーなんです。宿舎とスタジオと街中、この3つを行き来するシンプルな暮らしがとても制作向きでした。東京もそうですが、ぼくが暮らしてきたロンドンやベルリンは、どんな文化にもアクセスしやすい。もちろん良い面でもあるけど、不要な刺激も多すぎます。

―創作活動には静けさが必要ということですか?

ジョンストン:『ZERO POINT』に関して言えば、高知のような場所でなければ生まれませんでした。この作品は、要素をそぎ落とす「ミニマリズム」の考え方や、瞑想的であることを大事にしています。こうした指向を持つようになったのは、2009年にロンドンからベルリンへ引越し、現地のミニマルアートやエレクトロニックミュージックに影響を受けたことも大きいです。

ダレン・ジョンストン
ダレン・ジョンストン

―瞑想も音楽の流れから興味を持ち始めたのですか?

ジョンストン:同じ時期でしたね。瞑想は思考から不要なものを取り除く作業ですが、それを始めたことで、散らかったスタジオにストレスを感じたり、モノをよく捨てるようになりました。高知にも最低限のモノしか持って行かなかったし、お遍路に興味を持って、県内のお寺を1週間かけて巡ったのも、アシスタントと二人だけの静かな旅でした。

―お遍路や瞑想など、東洋的な文化への関心をお持ちなんですね。

ジョンストン:子ども時代に柔道をやっていた影響かもしれません。お辞儀などの規律や、儀式的な身振りに興味があったんですが、それがいまの振付にも活きている。初めて日本に来たときは、静けさの感覚や、直接的ではない微妙な所作によって成立する感情表現に感銘を受けました。イギリスにも同じように、伝統を重んじる行儀の良い部分があるのですが、西欧社会では常に意見を求められるので、ただ黙っていることはなかなかできません。でも自分は内向的だったので、子どものころから静かな場所を求めていた。高知はまさにそんな場所だったんですね。

―そうした理想的な環境で、今回の作品の着想を得たと。

ジョンストン:ぼくが触れてきたパンクやアシッドハウス、スケートボードなどのサブカルチャーは、基本的に既存の権威を壊していこうとするものです。そこでは、たとえ他人の領域を侵してでも、アートを成立させることが良しとされますが、日本人は周囲の人々や環境との連続性を非常に大切にしますよね。そのような感性に惹かれるんです。

―今作のテーマ「Rebirth」も東洋的なイメージを連想させます。

ジョンストン:もともと輪廻や円環的な周期に関心があって、どこかで日本文化にも関連していると思っていました。それで高知を訪れたとき、プロデューサーに「お遍路文化」の存在を教えてもらい、実際に体験してみると、まさに浄化であり、生まれ変わりの儀式だった。そこで得た経験から、今回の作品は構想されたんです。

Page 1
次へ

イベント情報

高知パフォーミング・アーツ・フェスティバル 2016
日英豪国際共同製作 世界初演
『ZERO POINT / ゼロ・ポイント』

2016年6月25日(土)、6月26日(日)
会場:高知県 高知県立美術館ホール
振付・演出:ダレン・ジョンストン
作曲:ティム・ヘッカー
出演:
酒井はな
島地保武
近藤美緒
浅井信好
飯島望未
大手可奈
辻田暁
中間アヤカ
鈴木奈菜
水野多麻紀
安岡由美香
料金:
一般 前売2,500円 当日3,000円
学生 前売1,500円 当日2,000円

プロフィール

ダレン・ジョンストン

振付家、ビジュアルアーティスト。ヨーロッパ最大のコンテンポラリーダンス教育機関ラバンセンターにて『最優秀振付賞』を受賞し卒業。以降12年以上に渡り、ジャンル横断型の革新的なパフォーマンス作品を発表し続けており、テクノロジーと実験的な手法による、相互作用や知覚、没入型の体験が作品の重要な要素となっている。『Ren-Sa』(2005)は、『エディンバラ・フェスティバル』で『ヘラルド・エンジェル賞』を受賞。サウスバンク・センターやザ・プレイス、ラウンドハウスといったロンドンの主要劇場でのアーティストインレジデンスや、パルコ・デッラ・ムジカ音楽堂(ローマ)、『フェスティバルVEO』(バレンシア)など国際的な劇場やフェスティバルでの委嘱、上演を行なっているほか、Aphex Twin、Squarepusherなど、著名なミュージシャンとのコラボレーションも実現させている。近年では、ビデオインスタレーションの発表や、『CTMフェスティバル』(ベルリン)での初音ミクを題材としたコラボレーションへの参加など多岐に渡り活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで