特集 PR

HINTO×group_inou 同じクラスにいそうな型破りな男たち対談

HINTO×group_inou 同じクラスにいそうな型破りな男たち対談

HINTO『ゴールデンタイム vol.9』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:山元翔一
2016/06/28

自分たちの作ったものやライブで人の価値観を変えられたら、それが一番痺れますね。(imai)

―改めて、歌詞にしてもサウンドにしてもどちらも独特ですよね。ちょっと話を広げると、いまの時代って同調圧力が強くて、若い子が自分の「物差し」で物事を判断することが難しくなっている気がして。そういうなかで、HINTOやイノウのような自分の「物差し」を持って活動しているミュージシャンの存在は重要だなって思ったりするんですよね。

imai:それはアートとか音楽ではなくて、マーケティングの話だと思うんですけど、インターネットって、自分で選んでいる気になってるけど全然選べてないんですよね。みんなが同じ方を向くように巧妙に作られているものなので、小さい頃からネットにどっぷりつかっていたら、自分で物事を考えられなくなる人もいるかもなって思います。まあ、そういう操作とは関係ないところで面白い人は山ほどいるから、自分の意識次第で抜け出せるとは思うんですけど。

―imaiさん自身もかつては、選んでいるようで選ばされていた経験ってありましたか?

imai:若い頃なんて、みんな結構そうなんじゃないですかね? でも、それこそ高校生のときにeastern youthのライブとか見て、「全然違う」って気づいて価値観が大きく変わりましたから。

安部:新しい価値観が自分のなかに入ってきて、全部を変えるような感覚って、一番たまらんときよね。

imai:ぶっ飛ぶよね。自分たちの作ったものとかライブで人の価値観を変えられたら、それが一番痺れますね。

楽曲に対しての集中力とか、「もっとこの曲をよくしたい」とか「もっとライブをよくしたい」っていう気持ちは、いまが人生一かも。(安部)

―そして、7月にHINTOの自主企画で2年ぶりにクアトロでの2マンがあるわけですが、このタイミングでイノウを誘ったのは何か理由があったのでしょうか?

安部:夏だったからです。夏といえば、俺たちとイノウしかいねえじゃん。

imai:やべえ、急に音楽雑誌みたいになってきた(笑)。

―2年前の対バンのときと、バンドの状態はどう変わっていますか?

安部:変わらないかなあ……ダラダラしてる。なかなか人間変わらないですね。

imai:いや、HINTOはよりよくなっていますよ。前に対バンしたときはベースの(安部)光広くんが入ってからまだ1年くらいだったけど、そこから見るたびによくなってる。新曲もすごくかっこいいし、だから、いま言ったのは絶対嘘です。せっかく強気のスイッチが入ったのに、逃がさないよ(笑)。

左から:伊東真一、安部コウセイ、cp、imai

―とのことなので、コウセイさん再度お願いします(笑)。

安部:そうですね……確かに、楽曲に対しての集中力とか、「もっとこの曲をよくしたい」とか「もっとライブをよくしたい」っていう気持ちは、いまが人生一かも。なぜかはわかんないけど、でもそういう気持ちになってて、しかも無理してる感じじゃなくて、楽しくてそうなってるというか、やればやるほど楽しいんですよ。だから、30代前後の停滞感を脱してリハビリが完了したのかもしれないです。最初に言った学祭のときの「もう疲れた」っていう気持ちを経て、少しずつやっていて。いまはすごいね、ノってますよ。

imai:改めて絶好調って言ってよ。

安部:いま絶好調。はっきり言える。

―いつ頃からですか? 『NERVOUS PARTY』(2014年)以降?

安部:そうですね……3日前くらいから(笑)。

imai:また! 最後まで走り切らない(笑)。

安部:なんかさあ、途中で心折れちゃうんだよ。これが売れない原因かもしれない(笑)。

imai:コウセイくんはこうやって照れちゃうんで僕がはっきりと言いますけど、ホントに「いま絶好調」って言ったことが、最近のライブは伝わってくるんですよ。「この人たち今とにかく音楽を作ることに夢中なんだろうな」って。他のことは考えてないというか、ホントに音楽に没頭してて、音楽でお客さんを沸かせている。当たり前ですけど、そういうすごくいい状態なんだろうなって。

―ここ何年かって、「ミュージシャンもセルフマネジメントできないとダメ」みたいなことが言われていたと思うんですけど、それよりも「やっぱりまずはいい音楽作ることでしょ」っていうところに戻ってきてる気がするんですよね。

安部:あんまり何も考えなくなっちゃいましたね。僕、セルフマネジメントできなくて、血迷って「ハウツー本」とか読んでたんですよ(笑)。でも結局読んでも、面白かったって思うだけで、バンドには反映させられないんですよね。もちろん、ご飯を食べていくって意味では勉強するのも大事だし、自分たちの音楽を自分たちでわかりやすくプレゼンすることも大事だと思うんですけど、やっぱり向いてないんです。だったら、「音楽を作る」っていう、自分が一番できることを、ものすごい濃さでやろうと思ったんですよね。過去の自分がハードルになってくると思うんですけど、そこに何馬身も差をつけるようなアルバムを作りたい。それくらいの集中力でやれれば、それでいいじゃんって思っちゃいました。

左から:伊東真一、安部コウセイ、cp、imai

imai:かっこいい音楽を作ることが、どう考えても一番のプロモーションですよね。どんな無名のやつだって、音楽が超かっこよければ絶対売れますから。

―イノウは2年前との変化で言うとどうですか?

imai:モードは別に変わってなくて……一緒かもしれないです(笑)。

安部:ずりいなあ(笑)。

imai:でもホントそうですよ。話を聞いて、自分らもHINTOみたいに音楽にだけに集中していたいなって思います。余計なことを考えちゃうときって、あんまりよくないんで、音楽に没頭してればそれでいいんです。だから、自分たちが楽しいことをやるっていう、そこに変化はないですけど、新しい出会いもあるなかで、また対バンできるっていうのはすごく嬉しいですね。

―cpさんはいかがですか? 7月に向けて。

cp:お互い刺激し合える仲っていうのは、素晴らしいことだなって。

imai:その台詞どっかで2億回くらい読んだことあるよ(笑)。

安部:ど真ん中過ぎて逆にかっこよかった。でもさ、ホントに歌詞書いてんの?(笑)

Page 3
前へ

イベント情報

『ゴールデンタイム vol.9』

2016年7月3日(日)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO
出演:
HINTO
group_inou
料金:前売3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume86』

2016年6月30日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
チーナフィルハーモニックオーケストラ mini
HINTO
戸渡陽太
Tempalay
料金:無料(2ドリンク別)
※会場入口で音楽アプリ「Eggs」の起動画面を提示すると入場時のドリンク代1杯分無料

プロフィール

HINTO
HINTO(ひんと)

元SPARTA LOCALSの安部コウセイと伊東真一が中心となり2010年結成。2013年に元SPARTA LOCALSで安部コウセイの実弟である安部光広が加入し現体制となる。2016年 2年ぶりとなる新作を絶賛制作中。

group_inou
group_inou(ぐるーぷいのう)

2003年結成。2006年自主レーベル「GAL」を設立。これまでに4枚のアルバムを発表。その音楽性はエレクトロ・ミュージックやヒップホップ、ハードコア、ポップス等の要素やアティテュードを内包しながら、どこにも属さないサウンドとグルーヴを確立している。活動初期から国内外の様々なアーティストとの共演を重ね、日本全国の大型フェスにも多数の出演歴を誇る。4thアルバム『MAP』収録“EYE”のMVが『文化庁メディアアート芸術祭新人賞 / アジアデジタルアート大賞展優秀賞』を受賞。音楽シーンだけに留まらず、グラフィックから映像作品に至るまで、各界のクリエイターと呼応した自由で多彩な活動にも注目が集まる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催