特集 PR

ホリエアツシ×最上もが対談 どうやったら社会とうまくやれる?

ホリエアツシ×最上もが対談 どうやったら社会とうまくやれる?

ストレイテナー『Step Into My World TOUR』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:豊島望 編集:飯嶋藍子

1998年、ホリエアツシ(Vo,Gt)とナカヤマシンペイ(Dr)の二人によって結成されたストレイテナー。音源からライブに至るまでをたった二人で行い――しかし、そのソリッドなサウンドと迫力は、他のバンドたちに勝るとも劣らない。そんな「己が道を貫く」彼らの存在は、まさしく「孤高」で「異質」だった。その後、日向秀和(Ba)、大山純(Gt)が加わり、4人体制となった彼らは、ロックバンドとしてのアンサンブルに磨きをかけながら、ライブの覇者と化していった。一方、初期から一貫する彼らの魅力として、ホリエが生み出すメロディーの美しさがある。ストレイテナーの新作『COLD DISC』は、バンド史上最もその部分が開花した作品と言うことができる。

今回の対談で、ホリエアツシが対談相手として指名したのは、意外にもでんぱ組.incの「宇宙を駆ける金色の異端児」こと、最上もが。隆盛するアイドルシーンの中にありながら、独自の存在感を示しているでんぱ組.incの中でも、歯に衣着せぬ発言や、ブログなどでの正直かつ真摯な心情吐露など、まさしく「異端児」な彼女。ロックバンドとアイドル――ジャンルは異なれど、オルタナティブな姿勢を貫くという意味では、二人には確かに共通点があるのではないだろうか。それぞれのライブにかける情熱からファンとの関係性まで、さまざまなトピックについて歯に衣着せず語り合ってもらった。

アイドルの曲を作っているのって、前にバンドをやっていた人が多いから、どうしても負けたくないって思いますね。(ホリエ)

―今回の対談は、ホリエさんが最上さんを指名した形になりますが、意外な二人ですよね?

ホリエ:そうですね(笑)。フェスのバックヤードとかで話すことはあるんですけど、こうやってガッツリ話す機会は、あまりなかったですね。

左:ホリエアツシ
左:ホリエアツシ

最上:去年、初めてでんぱのツアーにお誘いして、そこでちゃんとご挨拶させていただいた感じですよね。でも、ギリギリでお誘いしたから、コラボとか考える時間も全然なくて、特に会話もせず、お互いライブをやって、そのまま急いで東京に帰るっていう。

ホリエ:そういう感じだった(笑)。ただ、ストレイテナーのiPhoneケースを使ってくれているって話を聞いて、「でんぱ組を応援しよう」みたいな雰囲気は、バンドの中にあったんですよね。

―ホリエさんは、でんぱ組.incについて、どんなイメージを持っているのですか?

ホリエ:最初に聴いた時から、曲にパンチがあるなって思っていて。ロックバンドにはできない展開があるというか、曲のスピードが速くて情報量が多いのが、すごく印象的でしたね。

最上:でも、みんな、どうやってでんぱ組を楽しんでいるのかわからなくなってきたんですよね。フェスにも出させていただけるようになって、年々アウェイ感は薄れてきたんですけど、やっぱり不安はあって。歌詞なんて、ライブでは絶対聴き取れないじゃないですか。それに、ロックとはやっぱり全然違うし……わけわかんなくないですか?

ホリエ:わけわかんなくはない(笑)。むしろ、いろんなジャンルを取り込んでいる自由さが、ちょっとうらやましいけどね。

最上:まあ、そのへんは自由ですよね。この4月に出したアルバム『GOGO DEMPA』は、ジャズっぽい曲、ラップ、BPM240くらいの曲とか特にいろんなジャンルが入っていて、とりあえず、ぶっ飛んでるとは思います。

ホリエ:そういう曲を作ってるのって、前にバンドをやっていた人が多かったりするから、そこはどうしても負けたくないって思いますね。

楽曲は僕たちが作っているわけではないけど、ライブの楽しさでは、負けたくない。(最上)

最上:楽曲は僕たちが作っているわけではないから、そこは僕が戦うところではないんですよね。だけど、ライブの楽しさでは負けたくない。

ホリエ:そこは、ライブなんだね。

最上:ライブですね。ただ、ロックフェスって、ロックバンドがやるからこそ観にきている人が多いし、アイドルに偏見がある人もいっぱいいると思うんですよ。でも、僕たちはそれに負けないような楽しさやインパクトを残せるライブをしたいと思っていて。だから、でんぱ組をアイドルという括りで観てほしくなくて、バンド編成にしたり……とにかく「何だ、こいつら?」って思ってもらえるようなライブがしたいんです。

でんぱ組.inc
でんぱ組.inc

―なるほど。

最上:やっぱり、固定概念をぶち壊せたらいいなっていう。「こうあるべき」じゃなくて、好きに楽しんでほしいし、観てもらったら絶対楽しいからって思うんですよね。観てもらったら、あなたには勝ちますよっていう。

Page 1
次へ

イベント情報

ストレイテナー
『Step Into My World TOUR』

2016年6月9日(木)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

2016年6月11日(土)
会場:長崎県 DRUM Be-7

2016年6月12日(日)
会場:大分県 DRUM Be-0

2016年6月14日(火)
会場:大阪府 BIG CAT

2016年6月16日(木)
会場:愛媛県 松山 W Studio RED

2016年6月23日(木)
会場:長野県 松本 Sound Hall a.C

2016年6月25日(土)
会場:福島県 郡山 CLUB#9

2016年6月29日(水)
会場:島根県 松江 canova

2016年6月30日(木)
会場:岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM

2016年7月2日(土)
会場:静岡県 浜松 Live House窓枠

2016年7月9日(土)
会場:北海道 旭川 CASINO DRIVE

2016年7月10日(日)
会場:北海道 函館 club COCOA

2016年7月13日(水)
会場:群馬県 高崎 club FLEEZ

2016年7月15日(金)
会場:秋田県 Club SWINDLE

2016年9月23日(金)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2016年9月24日(土)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2016年9月29日(木)
会場:東京都 品川ステラボール

2016年10月1日(土)
会場:新潟県 LOTS

2016年10月2日(日)
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2016年10月8日(土)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2016年10月10日(月・祝)
会場:北海道 札幌 ペニーレーン24

2016年10月15日(土)
会場:熊本県 B.9 V1

2016年10月16日(日)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2016年10月22日(土)
会場:沖縄県 那覇 桜坂セントラル

2016年11月4日(金)
会場:大阪府 NHK大阪ホール

2016年11月10日(木)
会場:東京都 三軒茶屋 昭和女子大学 人見記念講堂

料金:各公演4,200円

リリース情報

ストレイテナー『COLD DISC』初回限定盤
ストレイテナー
『COLD DISC』初回限定盤(CD+DVD)

2016年5月18日(水)発売
価格:3,888円(税込)
Virgin Music / TYCT-69101

[CD]
1. 原色
2. シーグラス
3. Curtain Falls
4. Alternative Dancer
5. Dark City
6. DAY TO DAY
7. NO ~命の跡に咲いた花~
8. The Place Has No Name
9. Goodnight,Liar Bird
10. Force
11 .覚星
[DVD]
・「EMOTION PICTURE SOUNDTRACK 4」
・Super Magical Illusion
・冬の太陽
・The World Record
・The Place Has No Name
・NO ~命の跡に咲いた花~
・DAY TO DAY
・シーグラス

ストレイテナー
『COLD DISC』通常盤(CD)

2016年5月18日(水)発売
価格:3,024円(税込)
Virgin Music / TYCT- 60080

[CD]
1. 原色
2. シーグラス
3. Curtain Falls
4. Alternative Dancer
5. Dark City
6. DAY TO DAY
7. NO ~命の跡に咲いた花~
8. The Place Has No Name
9. Goodnight,Liar Bird
10. Force
11. 覚星

でんぱ組.inc『GOGO DEMPA TOUR 2016』
でんぱ組.inc 『GOGO DEMPA TOUR 2016』(Blu-ray)

2016年6月22日(水)発売
価格:6,458円(税込)
MEME TOKYO / TOY'S FACTORY / TFXQ-78139

[2016/03/03 NHKホール]
1. アキハバライフ♪
2. バリ3共和国
3. なんてったってシャングリラ
4. W.W.D
5. まもなく、でんぱ組.incが離陸致します♡
6. とんちんかんちん一休さん
7. ちゅるりちゅるりら
8. おつかれサマー!
9. 永久ゾンビーナ
10. Dem Dem X' mas
11. サクラあっぱれーしょん
12. NEO JAPONISM
13. でんぱれーどJAPAN
14. 破!to the Future
15. VANDALISM
16. FD2 ~レゾンデートル大冒険~
17. Future Diver
18. でんでんぱっしょん
19. あした地球がこなごなになっても
20. STAR☆ットしちゃうぜ春だしね
21. ファンファーレは僕らのために
[2016/02/17 Zepp Tokyo]
1. W.W.D
2. Dear☆Stageへようこそ♡
3. ブランニューワールド
4. あした地球がこなごなになっても
5. でんぱーりーナイト
6. 冬へと走りだすお!
7. 破! to the Future
8. Future Diver
9. ファンファーレは僕らのために

でんぱ組.inc『GOGO DEMPA TOUR 2016』
でんぱ組.inc
『GOGO DEMPA TOUR 2016』(2DVD)

2016年6月22日(水)発売
価格:5.378円(税込)
MEME TOKYO / TOY'S FACTORY / TFBQ-18183

[2016/03/03 NHKホール]
1. アキハバライフ♪
2. バリ3共和国
3. なんてったってシャングリラ
4. W.W.D
5. まもなく、でんぱ組.incが離陸致します♡
6. とんちんかんちん一休さん
7. ちゅるりちゅるりら
8. おつかれサマー!
9. 永久ゾンビーナ
10. Dem Dem X' mas
11. サクラあっぱれーしょん
12. NEO JAPONISM
13. でんぱれーどJAPAN
14. 破!to the Future
15. VANDALISM
16. FD2 ~レゾンデートル大冒険~
17. Future Diver
18. でんでんぱっしょん
19. あした地球がこなごなになっても
20. STAR☆ットしちゃうぜ春だしね
21. ファンファーレは僕らのために
[2016/02/17 Zepp Tokyo]
1. W.W.D
2. Dear☆Stageへようこそ♡
3. ブランニューワールド
4. あした地球がこなごなになっても
5. でんぱーりーナイト
6. 冬へと走りだすお!
7. 破! to the Future
8. Future Diver
9. ファンファーレは僕らのために

プロフィール

ストレイテナー
ストレイテナー(すとれいてなー)

1998年、ホリエアツシ(Vo,Gt)とナカヤマシンペイ(Dr)によるベースレスで結成された。スプリット音源や自主レーベル『ghost records』からのシングル『SILVER RECORD』などで高い評価を獲得。2003年には日向秀和(Ba)をサポートに迎え、シングル『TRAVELING GARGOYLE』でメジャーへ進出。2004年に日向、2008年に大山純(Gt)が正式に加入。以降、コンスタントに作品を発表し高い人気を維持している。2014年10月、8thアルバム『Behind The Scene』をリリース。2016年5月18日に9thアルバム『COLD DISC』を発表し、6月9日より全国ツアー『Step Into My World TOUR』を開催する。

でんぱ組.inc
でんぱ組.inc(でんぱぐみ いんく)

古川未鈴、相沢梨紗、夢眠ねむ、成瀬瑛美、最上もが、藤咲彩音の6人組ユニット。ディアステージ所属。メンバーはもともと、アニメ・漫画・ゲームなど、自分の趣味に特化したコアなオタクでもある。東京コレクションやミキオサカベをはじめ、様々なクリエイターとのコラボレーションを展開し、国内のみならず海外からも注目を集める。2013年には日本代表として、『JAPAN EXPO』に出演。2014年度は東アジア文化都市2014横浜親善大使を務めた。TOY'S FACTORYの新レーベルMEME TOKYOに所属し、シングル『W.W.D / 冬へと走りだすお!』をリリース後、日本武道館で1万人を動員、国立競技場代々木第一体育館2days単独公演を成功させた。2016年月27日に最新アルバム『GOGO DEMPA』を発表、6月22日には映像作品『GOGO DEMPA TOUR 2016』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)