特集 PR

雨のパレード・福永、「人を救える歌を書く」と決めた背景を告白

雨のパレード・福永、「人を救える歌を書く」と決めた背景を告白

雨のパレード『You』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子
2016/07/21
  • 156
  • 0

雨のパレードのニューシングル『You』は、表題曲を筆頭に、収録曲すべてがラブソングとも捉えられる内容になっている。闇に脅かされ続けた日々のなかで、本当に大切な「あなた」という存在の大きさに気づき、その人を守るために強く生きていくことを誓う。

海外のインディーサウンドを参照点に、日本で鳴るべき最新のポップスとして昇華する――そういったバンドのアティチュードとアートフォームに則った音楽性の美学はそのままに、“You”の歌詞の筆致は、福永浩平というフロントマンでありソングライターが、これまで以上に聴き手に対して踏み込んでいくという意志を強く感じさせる。

福永が資料に寄せているコメントには「辛い状況にある人を救える曲を書きたいとずっと思ってました」と記されてある。その背景には、これまで福永が語っていなかった幼少期の体験が大きく影響していた。

他の誰かがつらい精神状態になったときに、心打たれるような曲を書いてみたいって、ずっと思ってたんですよね。

―まず、“You”は歌詞がかなりストレートな筆致じゃないですか。歌に対して踏み込んだなと思いました。

福永:そうですね。みんなに「歌詞が素直だね」って言われます(笑)。

―自覚してないんですか?

福永:あまり自覚はしてないですね……そもそも素直な歌詞を書こうという意識はなくて。“You”はサウンド的に結構攻めてると思ったから、メロディーと歌詞を、リスナーに対する入口にできたらいいなという思いはあったんですけど。“You”の歌詞は、歌録りの前日に書いたんですよ。14時間半くらい書き続けて、10分くらい寝て、歌録りみたいな(苦笑)。

福永浩平
福永浩平

―ハードですね。

福永:ギリギリまで自分の思いを文字に起こしたくないという気持ちがどこかにあって。ホントに書きたい言葉を自分のなかに集め、溜めて、いよいよというタイミングで書きたかったんです。結局ギリギリになってしまったのは反省しなきゃいけないと思うんですけど、時間がなかったからストレートな感じになってしまったのかなというのもあるし。

―ストレートに「なってしまった」と言う必要はまったくないと思いますけどね。

福永:“You”の歌詞に関しては、いろいろな思いがあって。僕がずっと前から書いてみたかった曲なんです。玉置浩二さんの“田園”とかキリンジの“Drifter”って、精神的につらい思いをした経験のある人が聴いたらグッときて、救われるような感覚を覚えると思うんですね。“田園”の<生きていくんだ それでいいんだ>というフレーズって、究極の答えだと思っていて。僕もそういう曲を書いてみたいと、ずっと思っていたんです。

―“田園”や“Drifter”みたいな曲を書きたいと思っていた具体的な理由はあるんですか?

福永:理由というか、どういうふうに話したらいいのかな……。

―福永くんが話しやすいように語ってもらえたら。

福永:これはいつか言わなきゃいけないと思ってたんですけど……。小さい頃に、身近な人が精神的につらい状況になったことがあったんです。人間の狂気のようなものを間近で感じることがあって。そういう状態を見ると、自分も引き込まれちゃって、やばくなった時期が2回くらいありました。だから、他の誰かがつらい精神状態になったときに、心打たれるような曲を書いてみたいって、ずっと思ってたんですよね。

福永浩平

―そういうつらい時期はなにをしていたんですか?

福永:ずっと家で映画を見たり、漫画を読んだりしてましたね。たぶん、現実逃避だったんでしょうね。

―どのくらいから持ち直したんですか?

福永:高校にはちゃんと行きました。中3のときに「ここで高校に行かなきゃマジで今後の人生がダメになるな」と思って、高校は1日も休まずに皆勤賞で。その学校は、PhotoshopとかIllustratorとか打ち込みの曲作りを学べるような学校で、高校卒業後は音楽の専門学校に行ったんです。でも、授業内容にちょっと違和感があって、1年で辞めました。

―いや、でも、よくそこまで持ち堪えられましたね。友達には恵まれていた?

福永:そうですね。それは本当にありがたかったです。

Page 1
次へ

リリース情報

雨のパレード『You』初回限定盤
雨のパレード
『You』初回限定盤(CD+DVD)

2016年7月20日(水)発売
価格:1,944円(税込)
VIZL-1005

[CD]
1. You
2. In your sense
3. morning
[DVD]
『Live at clubasia 2016.4.9』
1. epoch
2. Tokyo
3. Petrichor
4. bam
5. new place

雨のパレード『You』通常盤
雨のパレード
『You』通常盤(CD)

2016年7月20日(水)発売
価格:1,080円(税込)
VICL-37188

1. You
2. In your sense
3. morning

イベント情報

『雨のパレード ワンマンライブツアー「You&I」』

2016年9月15日(木)
会場:愛知県 名古屋 CLUB UPSET

2016年9月17日(土)
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

2016年9月22日(木・祝)
会場:大阪府 阿倍野 ROCKTOWN

プロフィール

雨のパレード
雨のパレード(あめのぱれーど)

福永浩平(Vo)、山崎康介(Gt)、是永亮祐(Ba)、大澤実音穂(Dr)。2013年に結成。2015年にリリースしたmini Album『new place』の表題曲“new place”がSSTVのローテーション「it」に選出され、同年10月に開催された『MINAMI WHEEL』では初出演ながら入場規制となる動員を記録するなど、インディーながら耳の早い音楽ファンの間で注目を集める。3月2日、1stフルアルバム『New generation』でメジャーデビュー。Vo.福永浩平の声と存在感、そして独創的な世界観は中毒性を持ち、アレンジやサウンドメイキングも含めまさに「五感で感じさせる」バンドとして注目されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)