特集 PR

規制に縛られずもっと自由に。バブルな社会派ベッド・インの表現

規制に縛られずもっと自由に。バブルな社会派ベッド・インの表現

ベッド・イン『RICH』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:田中一人 編集:山元翔一

このド派手なボディコン姿の2人組を見て、あなたは一体何を思うだろうか。2012年の結成以降、セルフプロデュースの活動を通して徐々に認知度を上げてきた「地下セクシーアイドル」ベッド・インが、アルバム『RICH』と共にメジャーデビューを果たす。既に深夜番組やCMにも出演する彼女たちの注目度を考えれば納得のデビュー。確実に、時代はベッド・インを求めている。

当時の文化に対する深い敬意と理解、そして今の社会やカルチャーの在り方に対する明確な批評性のもとで「過去を参照し、現在を更新する」ことは、優れたポップアクトの正攻法でもある。この数年間、tofubeatsのようなトラックメイカーによって1980年代~90年代の歌謡曲やJ-POP文化がレアグルーヴ的に発掘 / 再評価されてきたことを考えれば、ベッド・インが標榜する「バブル」というコンセプトにも、今の日本で暮らす若者の何かしらの意志――それは「理想」か、「ノスタルジー」か――が投射されていると考えることだってできる。高潔なほどに猥雑であろうとするベッド・イン。彼女たちの生き様には、今の時代にこそ必要な「懐かしくて新しい」価値観がある。発言の一つひとつまでバブリーな世界が貫かれたインタビューをお届けしたい。

「処女性を重んじる世の中にパツイチ(一発)ぶっこもう!」っていう気持ちからベッド・インは始まったので、メジャーデビューした途端大人しくなってしまうのは違うと思っていて。(かおり)

―ベッド・インにとって、今回のメジャーデビューはどのような意味を持つことなのでしょうか?

かおり(Vo):ウチらは今までずっとセルフプロデュースで活動してきて。おギグ(ライブ)や作品はロンモチのこと、CDジャケットやグッズのデザイン、世に出る文章一言一句まで二人でチンキングし(考え)ながら、自分たちのGスポットに当たるカッコイイと思うこと、楽しいことだけを追い求めてきたんです。

まい(Gt,Vo):たまたまそれを面白がってくださる方が増えて、「ぶっとびぃ~ッ!」な状態のまま今に至るので、いざメジャーデビューのお話をいただいたときは「ナニかを変えなくてはいけなくなるのか……?」っていう不安は若干ありましたね。Twitterでも好き勝手に下ネタを交えたバブルジョークで「お嬢だん(お冗談)」をかましていたので。

かおり:バブル時代のセクシーアイドルさんたちに憧れて「処女性を重んじる世の中にパツイチ(一発)ぶっこもう!」っていう気持ちからベッド・インは始まったので、メジャーデビューした途端大人しくなってしまうのは違うと思っていて。今までやってきたことの筋は、絶対に変えたくなかったんです。

かおり:そうしたら、キングレコードさんが「セルフプロデュースのままでいいから、マル金パパとして協力するよ」って言ってくれて。「当時のオマージュ的な表現や下ネタに規制がかかっちゃうのかな?」っていう不安もあったんですけど、今のところ、まったく何も言われることなく。

むしろ「もっとヤレ!的」なイキフンすら感じて心強いくらいなので(笑)、ありがたいことにウチらがずっと大事MANにしてきたことは変わらず、ただ、日本にバブルの嵐を起こす強度がマル金パパたちの力によって増したっていう感じですね!

益子寺かおり
益子寺かおり

―信頼関係が成り立ったうえでのメジャーデビューである、と。

まい:信頼できるオトナたちに出会えたなって思ってます。やっぱり、今の世の中は規制ばかりで、テレビも、音楽業界も、自由の範囲が狭まっていると思うんです。でも、私たちを見た人が「うわ、ヤバい!」って思っちゃうようなことを、にこにこにゃんにゃんヤっていきたいんです♡ ポロリはしないけど、パンチラくらいは許してほしいですよ! 具を見せてるわけじゃないんだから(笑)。

問題発言もどんどんしてイキたいし、「昨日のベッド・イン見た?」みたいな感じで、みんなの話題になれたらいいなと思うんです。ウチらが家族や友達、恋人同士の会話の糸口になればマンモスうれPな♡

中尊寺まい
中尊寺まい

かおり:これまで応援してくれてた性徒諸クン(ベッド・インのファンの総称)も、メジャーデビューするにあたって規制の部分を結構心配してくれてたみたいなんですけど、そこは「大丈ブイ♪」なので、安心してついてきてほしいですね。むしろマル金パパたちのマンパワーを得て、もっと自由にヤリたいことをヤレるようになったので……! ヤリマンが、さらにヤリマンになっちゃった……みたいな?♡

―なるほど(笑)。ただ、お二人はベッド・インの活動を始める以前から、それぞれバンド活動をされていたんですよね。バンド活動をしてきた自分とベッド・インとしての自分の間に軋轢はないですか?

まい:ない……と言ったら嘘になりますね。特に、私は真逆と言っていいようなバンドを組んでいたので。一旦、自分が元々やっていた活動は止めたんですけど、そのとき、ベッド・インに対して覚悟を決めたのかもしれないです。昔は「硬派でなければいけない」とか「ロックをやるなら舐められちゃいけない」とか、凝り固まった気持ちもあったけど、ベッド・イン一本になったタイミングで「もう、どう受け止められても大丈夫になろう」って。

かおり:たぶん、ベッド・インの活動をするうえで、ウチらは二人とも「バンドマン」から「アイドル」になるという意識をどこかで持ったと思います。

Page 1
次へ

リリース情報

ベッド・イン『RICH』
ベッド・イン
『RICH』(CD)

2016年7月27日(水)発売
価格:3,240円(税込)
KICS-3404

1. GOLDの快感
2. ♂×♀×ポーカーゲーム
3. Summer Dream
4. GIVE ME! ~哀・してる~
5. 成りアガり VICTORY(ベッド・イン×サイプレス上野とロベルト吉野)
6. 太陽を信じて...
7. ROSA -魅惑のバリライト-
8. V.H.S.
9. SEXY HERO
10. C調び~なす!
11. 真夜中のディスタンス
12. 白黒つかない(feat.アンジャッシュ)

イベント情報

『祝!“RICH”発射記念ツアー ~そこのけ そこのけ バブルが通る~』

2016年11月3日(木・祝)
会場:北海道 札幌COLONY

2016年11月5日(土)
会場:新潟県 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE

2016年11月12日(土)
会場:広島県 広島BACK BEAT

2016年11月13日(日)
会場:福岡県 福岡DRUM SON

2016年11月19日(土)
会場:愛知県 名古屋RAD HALL

2016年11月20日(日)
会場:大阪府 大阪FANJ TWICE

2016年12月4日(日)
会場:宮城県 仙台HOOK

2016年12月18日(日)
会場:東京都 赤坂BLITZ

プロフィール

ベッド・イン
ベッド・イン

益子寺かおり、中尊寺まいによる地下セクシーアイドルユニット。日本に再びバブルの嵐を起こすべく、80年代末~90年代初頭へのリスペクト精神により完全セルフプロデュースで活動中。2012年、お互い別のバンドで活動していた二人が、猫も杓子もロリロリ重視の現代のアイドルシーンに殴り込みにイクかと一念勃起。バンド歴の長い二人による、ロック姐ちゃんなライブパフォーマンスと『おやじギャル』的な発言やTwitterが話題となり、日本各地を毎度おさわがせします中! かおりの逞しいドヤ顔ヴォイスと、まいの下心をつん裂くギタープレイによる「ボディコンロック」に酔いしれろ!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年