特集 PR

決定的瞬間の概念が覆る。いくしゅんに学ぶスマホカメラ講座

決定的瞬間の概念が覆る。いくしゅんに学ぶスマホカメラ講座

Galaxy S7 edge
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:豊島望 編集:野村由芽

昨年、初の写真集『ですよねー。』が話題を呼んだ、写真家・いくしゅん。日常で暮らす無名の人々や、身近な動物たちの一瞬の表情や面白い風景を切り取ったいくしゅんの作品は、クスッと笑いやニヤリ笑いを伴いながら、じわじわと心に染みこんでくる不思議な魅力にあふれている。そんないくしゅんが、Androidスマートフォンの最新機種「Galaxy S7 edge」での写真撮影に挑戦。日常スナップを撮るには最適なスマートフォンカメラと、便利&オモシロ機能を使って「日常スナップのプロ」は何をどう撮り、どう見せてくれるのか?

筋肉ムキムキの犬に、ハクビシン。「夜の不思議なシーン」をクッキリ激写

―ふだんはデジタルカメラをお使いだと思いますが、スマートフォンで写真を撮られることはあるんですか?

いくしゅん:まだ作品として世に出したことはないですけど、最近は撮るようになってきました。今まではデジカメを家に置き忘れたらわざわざ取りに戻っていたんですけど、最近はスマホで撮っちゃうので、引き返さなくなりました。

―今回は、「Galaxy S7 edge」のスマホ内蔵カメラの機能を試してもらいながら、スナップ写真のプロとしてスマホで面白い写真を撮るコツや、ご自身の写真家としてのお話をお聞きしたいなと思いまして……。

いくしゅん:……恥ずかしいなぁ。

―え?

いくしゅん:いや、最近、写真の話を誰ともしてなかったので、インタビューってどんな感じやったっけなぁと思って……(笑)。

いくしゅん
いくしゅん

―えーと、ちょっとずつ思い出していっていただければ(笑)。今回「Galaxy S7 edge」のカメラを使っていろいろなシチュエーションで撮影をしていただいたんですが、まず最初にいいなと思ったのが夜景の写真でした。このスマホは夜の写真がずいぶんキレイで。

いくしゅん:最新鋭のスマホだからってオーバーリアクションで絶賛すると、テレビショッピングみたいな胡散臭い感じになるので控えますが(笑)、暗い場所でもかなり明るく撮れますよね。

―いわゆる「F値1.7」。

いくしゅん:夜の写真といえば昨日の夜、近所でへんな置物見つけたんですよ。筋肉モリモリの2匹の犬がテニスラケットを構えてるっていう謎の状況なんですけど、ポーズもツボで、見た瞬間に心奪われて撮影しました。

いくしゅんによる作品解説:ホームセンターの置物コーナーでずっと売れ残ってそう。(F値1.7レンズ搭載でうす暗い場所でも明るく撮れる)
いくしゅんによる作品解説:ホームセンターの置物コーナーでずっと売れ残ってそう。(F値1.7レンズ搭載でうす暗い場所でも明るく撮れる)

―夕景~夜景だと、ハクビシンが電線を歩いている様子を捉えた写真も、すごくインパクトがありますね。

いくしゅんによる作品解説:尻尾でうまくバランスとってた。
いくしゅんによる作品解説:尻尾でうまくバランスとってた。

いくしゅん:これは、僕が住んでるアパートの目の前の電線です。今まで何回もここでハクビシンがウロウロするのを見ていたのですが、なんとなく撮ってなかったんですよ。でも、今回はたまたまこのスマホを持っていたので、まず離れたところから1枚撮って、ちょっと先回りして木の枝の間からフラッシュを使って2枚目を撮りました。

―この……カップルの後ろで男の人たちがはしゃいでいる写真も、タバコの火がすごくキレイに写っていますね。

いくしゅんによる作品解説:ちょっと真面目な話と、だいぶエッチな話をしてた気がする。
いくしゅんによる作品解説:ちょっと真面目な話と、だいぶエッチな話をしてた気がする。

いくしゅん:手前にいる男二人は友達です。向こう側のカップルの世界とこっちの世界とが、くっきりわかれていていいなと思って撮影したと思います。ここ、けっこう薄暗い場所なんですが、だいぶ明るく撮れていますね。

いくしゅんによる作品解説:近所の顔見知りの猫。なで肩と猫背がたまらん。
いくしゅんによる作品解説:近所の顔見知りの猫。なで肩と猫背がたまらん。

いくしゅんによる作品解説:枝にピント合わせて猫のボケ感はなりゆきで。
いくしゅんによる作品解説:枝にピント合わせて猫のボケ感はなりゆきで。

いくしゅんによる作品解説:そこにいるのはわかっている。
いくしゅんによる作品解説:そこにいるのはわかっている。

見慣れた景色を別世界に変える、「パノラマ」のポテンシャル

―びっくりしたといえば、「パノラマ写真」です。普通、パノラマ写真というと360度に広がる雄大な大自然! などを撮るのが王道かなと思ったんですけど……道ですね(笑)。

いくしゅんによる作品解説:正面の道の奥もいい感じのY字路になってる。 (パノラマモードで撮影)
いくしゅんによる作品解説:正面の道の奥もいい感じのY字路になってる。 (パノラマモードで撮影)

いくしゅんによる作品解説:『ちびまる子ちゃん』とか『ドラえもん』みたいな町並み。
いくしゅんによる作品解説:『ちびまる子ちゃん』とか『ドラえもん』みたいな町並み。

いくしゅん:そう。もともとパノラマに興味がなくて、撮るとしたらベタに「大自然」かな? と思ったのですが……遠いし(笑)。近所に前々から気になっていた交差点、というかY字路みたいなのがあったので、試しにパノラマで撮ってみたらいい感じになりました。

いくしゅんによる作品解説:細い道が入り組んでいて迷路みたいになってる。(パノラマモードで撮影)
いくしゅんによる作品解説:細い道が入り組んでいて迷路みたいになってる。(パノラマモードで撮影)

いくしゅんによる作品解説:公園の森の中で若者2人が言い争い。よく聞いたら漫才の練習でした。(パノラマモードで撮影)
いくしゅんによる作品解説:公園の森の中で若者2人が言い争い。よく聞いたら漫才の練習でした。(パノラマモードで撮影)

―ふだん見慣れた交差点が、360度繋がると別の世界のように見えてすごく面白いです。パノラマに興味がなかったのは、なぜなんですか?

いくしゅん:なんでだろう……? 特殊なこと、変わったことはやらないようにしてるんですよね。普通のものをただ普通に撮りたいというか。

―変わったことをやると、手法だけに目がいくのが嫌、みたいな?

いくしゅん:いや、一番シンプルな機材と手法がまず基本だなと、写真を始めた頃に思って、そのまま現在に至ってしまっただけです。書道でいうと、ずっと「氷」の練習をしている感じです。中華料理でいうと、ずっとチャーハンを作っています。

Page 1
次へ

製品情報

いくしゅん『ですよねー』
Galaxy S7 edge

発売中
価格:オープン価格

書籍情報

いくしゅん『ですよねー』
いくしゅん
『ですよねー』

2015年11月30日(月)発売
著者:いくしゅん
価格:1,944円(税込)
発行:青幻舎

プロフィール

いくしゅん

1980年、奈良県生まれ。オシリペンペンズと友達になりたくて写真をはじめ、現在に至る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー