特集 PR

成果主義の日本人へ アルバレス・ブラボの人生を神里雄大と探る

成果主義の日本人へ アルバレス・ブラボの人生を神里雄大と探る

世田谷美術館『アルバレス・ブラボ写真展―メキシコ、静かなる光と時』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:田中一人 編集:飯嶋藍子

時代の空気を一身に引き受けて、センセーションを巻き起こすアーティストと、そうした大きな流れとは距離を取りながら、自身の表現を淡々と追い続けるアーティスト。作り手にとって幸せなのは、いったい、どちらの立場なのだろう。現在、世田谷美術館で大規模回顧展が開催されているメキシコの写真家、マヌエル・アルバレス・ブラボの作品を見ると、そんなアーティストと人生の関係に思いを馳せたくなる。モダン写真の代表者として世界的に評価されつつも、2002年に100歳で没するまで「アマチュアリズム」を貫いた控えめな性格の彼は、その長い人生をどのように生きたのだろうか。

今回、この回顧展『アルバレス・ブラボ写真展―メキシコ、静かなる光と時』を、劇団「岡崎藝術座」を主宰する演出家の神里雄大、そして同展を担当した学芸員の塚田美紀と一緒に回った。神里にとってメキシコは、自身のルーツがあるペルーと同じラテンアメリカの国であり、近作『+51 アビアシオン, サンボルハ』や『イスラ!イスラ!イスラ!』でも取り上げた、特別な土地だ。成果主義が強くなる日本とは異なった、ラテンアメリカ社会の豊かさ、そしてアルバレス・ブラボの人生に見る、長く表現を続けるうえでの大切な姿勢とは何なのか? 鑑賞後の会場で、二人に語ってもらった。

いまだに「演劇なんてしていていいのか」と悩む時があるんですが、アルバレス・ブラボにはそうした焦りを感じなかった。(神里)

―神里さんと展示を回ってきたわけですが、あらためてアルバレス・ブラボとはどういう写真家だったんでしょうか?

塚田:アルバレス・ブラボは、1920年代に頭角を現し、亡くなる100歳近くまでずっと写真を撮り続けた、メキシコを代表する写真家です。面白いのは、彼は金儲けや時代を代表することには興味がなく、実際に作品にも、特定の被写体やテーマへの強いこだわりが見られないことですね。

―それだけ写真を撮り続けていて、こだわりがないというのもすごいですね。

塚田:ぼんやりとした、グレーの微妙なトーンを好んだという表現上の特徴や、謎めいた詩性に定評はあるのですが、一言では魅力が語りにくい。今回の展示では、彼の作品を年代順に並べ、その魅力をじんわりと浮かび上がらせたいと思ったんです。

左から:神里雄大、塚田美紀
左から:神里雄大、塚田美紀

―展示は20代の作品から始まりますが、彼が青年期を送った20世紀前半のメキシコは、革命後の激動の時代ですよね?

塚田:そうですね。1910年に始まったメキシコ革命の影響で、国全体が盛り上がっていた時代でした。ただ、アルバレス・ブラボは政治的な動向とは距離を追いていた。そして、10代で出会った写真に対する「世界が写ることがすごい!」という純粋な喜びを失わないよう、創作を続けたんです。何かをひたすらに「愛する」という、本来の意味での「アマチュアリズム」を貫いた人だったと言えますね。

―神里さんは、展示の全体的な印象はいかがでしたか?

神里:自分が今30代ということもあると思うんですけど、『見えるもの / 見えないもの』と題されていたアルバレス・ブラボが30代の頃のエリアが、一番面白いと感じました。

塚田:その時代の部屋に入った途端、「一気に面白くなった」とおっしゃっていましたね(笑)。

『見えるもの / 見えないもの』のセクションに展示されている『舞踏家たちの娘』(1933年 マヌエル・アルバレス・ブラボ・アーカイヴ蔵 ©Colette Urbajtel / Archivo Manuel Álvarez Bravo, S.C.)
『見えるもの / 見えないもの』のセクションに展示されている『舞踏家たちの娘』(1933年 マヌエル・アルバレス・ブラボ・アーカイヴ蔵 ©Colette Urbajtel / Archivo Manuel Álvarez Bravo, S.C.)

神里:最初に展示されていた20代の頃の写真は、頭が固い感じがしました(笑)。誰に言われたわけでもないのに、自分で決めたルールに縛られている印象があったんです。それが30代に差し掛かると、コンセプトと演出のバランスが良くなったと感じました。

1927年の作品『マットレス』(上)と『マットレス(ネガ)』
1927年の作品『マットレス』(上)と『マットレス(ネガ)』

塚田:たしかに、20代の頃の彼は模索を始めたばかりでしたから、当時のヨーロッパやアメリカ合衆国の最先端、つまりモダニズムの写真表現を真面目に追っています。そんな中でも、彼らしい温かみはすでに現れているんですけれど。その後、あるコンクールで賞をとって、初めて小さな個展を開いたあたりから自分の色を自覚し始めたようです。ネガとボジを反転させたり、裏焼きにすることで日常の裏の不可思議さをそっと感じさせる写真なんかも残していて、「シュルレアリスムの法王」と呼ばれた文学者のアンドレ・ブルトンにも評価されるなど、一定の地位を築いていきました。

神里:僕も20代までは、人を意識した焦りが強かったんです。というか、30代の今ですら「演劇なんてしていていいのか」と悩んでしまう時があるんですが、アルバレス・ブラボにはそうした焦りをほとんど感じなかった。

塚田:ひとつの対象を突き詰めるタイプじゃないんですよね。「撮りに行くぞ!」ではなく、カメラを持って街をぶらつき、ピンとくるものに出会った時だけ撮る。受け身な人、何かの訪れを待つ人だったのだと思います。でも、だからこそ生まれる謎めいた「余白」が、彼の作品の特徴になっている。長生きして表現をするには、それくらいゆるくないともたないのかもしれません(笑)。

神里:たしかに、「この1点!」と呼べるような代表作がないですよね。それが表現の延命装置になっていたのかもしれない。「この作品」というイメージがある作家だと、それ以前と以後が図らずも意識されてしまう。多くの作家はそうやって過去の仕事に苦しめられがちですが、彼はそれをうまく回避し、興味を持続した。だから、死の直前までやれたんだと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『アルバレス・ブラボ写真展―メキシコ、静かなる光と時』

2016年7月2日(土)~8月28日(日)
会場:東京都 世田谷美術館 1階展示室
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜(祝休日の時はその翌平日)
料金:一般1,000円、65歳以上800円、大高生800円、中小生500円
※障がい者の方は500円。ただし小・中・高・大学生の障がい者は無料、介助者(当該障害者1名につき1名)は無料

プロフィール

神里雄大(かみさと ゆうだい)

作家・演出家。1982年、ペルー共和国リマ市生まれ。神奈川県川崎市で育つ。2003年に岡崎藝術座を結成。日常と劇的な世界を自由自在に行き来し、俳優の存在を強調するような身体性を探求するアプローチが演劇シーンにおいて高く評価される。2006年『しっぽをつかまれた欲望』で『利賀演出家コンクール最優秀演出家賞』を最年少受賞。『ヘアカットさん』(2009年)、『(飲めない人のための)ブラックコーヒー』(2013年)が『岸田國士戯曲賞』候補にノミネート。また『亡命球児』(『新潮』2013年6月号)で、小説家としてもデビュー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ファントム・スレッド』予告編

もしかしてファッションの世界を描いた、華やかでおしゃれなだけの映画だと思っていませんか? 確かに、映像は全編息を呑むほど美しいのですが、本作の最大の見どころは、男女のいびつな愛と欲望の形。画面に緊張感を与える「音」の演出が、エレガントな衣装のダニエル・デイ=ルイスとビッキー・クリープスの心を裸にしていきます。(久野)

  1. ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生 1

    ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生

  2. 山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も 2

    山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も

  3. 今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も 3

    今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も

  4. 『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る 4

    『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る

  5. 綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM 5

    綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM

  6. 大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える 6

    大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える

  7. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 7

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  8. 『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組 8

    『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組

  9. 『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加 9

    『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加

  10. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 10

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎