インタビュー

島健が語る、桑田佳祐が歌謡曲を歌う意義「警鐘を鳴らす意味も」

島健が語る、桑田佳祐が歌謡曲を歌う意義「警鐘を鳴らす意味も」

インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

2月26日に60歳の誕生日を迎えたサザンオールスターズの桑田佳祐。その還暦を祝うべく、各界の著名人に「桑田佳祐」に対する熱い思いを語ってもらう企画。その第5弾にご登場いただくのは、ストリングスアレンジをはじめとする、サザンオールスターズや桑田佳祐の楽曲、さらにはWOWOW特別番組『桑田佳祐「偉大なる歌謡曲に感謝~東京の唄~」』で演奏された全20曲中18曲のアレンジと演奏を手掛けるなど、桑田とは20年来の付き合いになるというジャズピアニスト / 作・編曲家、島健。

桑田より6歳上であり、サザン以外にも数々のポップソングを手掛けている、J-POP屈指のアレンジャーである彼にとって、桑田佳祐とは、果たしてどのような存在なのか? そして、アレンジの際、桑田とどんな会話を交わしているのか? 出会いから現在へと至るさまざまなエピソードともども、大いに語ってもらった。

どんどん「桑田流のジャズ」というものができていきました。そのときは、「ああ、さすがだな」って思ったし、すごく嬉しかったですね。

―島さんが初めて桑田さんとお仕事をしたのはいつ頃ですか?

:最初にお仕事をしたのは、1996年の『Act Against AIDS』(以下、『AAA』)でやった『夷撫悶汰(いぶもんた)レイト・ショー』という、桑田さんがジャズのスタンダードばかりを歌ったイベントですね。そのときに、「ジャズならば」ということで僕にお話をいただいて、ピアノを弾かせてもらったのが最初の出会いです。

島健
島健

―実際にお会いする前は、桑田さんにどんなイメージを持っていましたか?

:それはもう、一般の方々が持っているイメージと同じですよ(笑)。もちろん、デビューの頃から知っていましたし、すごい人だというのは当時から思っていて。だから、『AAA』のお話をいただいたときは、すごく嬉しかったことを覚えています。「おおっ、桑田さんと一緒にできるんだ!」って。

―企画の内容自体もすごかったですよね。イブ・モンタン(1921年にイタリアで生まれ、フランスで活躍したシャンソン歌手 / 俳優)を想起させる謎のシンガー「夷撫悶汰」に扮した桑田さんがジャズを歌うという。

:そのあたりは、さすが桑田さんですよね(笑)。「夷撫悶汰」というネーミングも、すごく面白いなと思ったし。そのときはジャズのスタンダードナンバーばかりを演奏したんですけど、桑田さんはそれまでジャズのスタンダードを、ほとんど歌ったことがなかったみたいなんです。だから、リハーサルが始まってからも、最初のうちは「いやー、やっぱり難しいなー」って、ちょっと悩んでいたようでした。

島健

―そうだったんですか?

:きっと最初はいわゆるジャズボーカルというか、オリジナルに近づけようという思いがあったのかもしれません。でも、リハーサルをやっていて、あるときからふっといつもの桑田さんらしい歌になったんですね。そして、そこからどんどん「桑田流のジャズ」というものができていきました。そのときは、「ああ、さすがだな」って思ったし、一緒にやっていてすごく嬉しかったですね。

―そんな過程があったのですね。

:はい。「桑田流ジャズ」ができあがるまでの過程をずっと見ていて、この人は音楽に対して、ものすごく真摯に取り組む人だし、努力家だし、やっぱりすごいなと思って。それで桑田さんという人の印象が、また一段と高まったというか、非常に好感を持ちました。

Page 1
次へ

プロフィール

島健(しま けん)

ピアニスト、作・編曲家、プロデューサー。1978年に渡米。L.A.にてアレンジを学びながらジャズシーンで活躍。86年に帰国後は、スタジオプレイヤーとして数千曲に及ぶレコーディングに参加する一方、サザンオールスターズ、浜崎あゆみ、中島美嘉、ゴスペラーズ、GLAY、平原綾香、JUJU、森山良子、加藤登紀子など幅広いジャンルのアーティストのアレンジやプロデュースを手掛け、サザンオールスターズ“TSUNAMI”(弦編曲)、浜崎あゆみ“Voyage”(編曲)はレコード大賞を受賞。また、テレビドラマやミュージカル、芝居の作曲、音楽監督など、その活動の範囲は多岐にわたり、ミュージカル『PURE LOVE』の作曲では読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞している。最近ではJUJUのジャズアルバム『DELICIOUS』『DELICIOUS 2nd Dish』のサウンドプロデュース、サザンオールスターズ『葡萄』弦・管編曲、ピアノ等を担当。自身のアルバムには『BLUE IN GREEN』『Shimaken Super Sessions』、夫人の島田歌穂とのデュオアルバム『いつか聴いた歌』などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く