インタビュー

島健が語る、桑田佳祐が歌謡曲を歌う意義「警鐘を鳴らす意味も」

島健が語る、桑田佳祐が歌謡曲を歌う意義「警鐘を鳴らす意味も」

インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

2月26日に60歳の誕生日を迎えたサザンオールスターズの桑田佳祐。その還暦を祝うべく、各界の著名人に「桑田佳祐」に対する熱い思いを語ってもらう企画。その第5弾にご登場いただくのは、ストリングスアレンジをはじめとする、サザンオールスターズや桑田佳祐の楽曲、さらにはWOWOW特別番組『桑田佳祐「偉大なる歌謡曲に感謝~東京の唄~」』で演奏された全20曲中18曲のアレンジと演奏を手掛けるなど、桑田とは20年来の付き合いになるというジャズピアニスト / 作・編曲家、島健。

桑田より6歳上であり、サザン以外にも数々のポップソングを手掛けている、J-POP屈指のアレンジャーである彼にとって、桑田佳祐とは、果たしてどのような存在なのか? そして、アレンジの際、桑田とどんな会話を交わしているのか? 出会いから現在へと至るさまざまなエピソードともども、大いに語ってもらった。

どんどん「桑田流のジャズ」というものができていきました。そのときは、「ああ、さすがだな」って思ったし、すごく嬉しかったですね。

―島さんが初めて桑田さんとお仕事をしたのはいつ頃ですか?

:最初にお仕事をしたのは、1996年の『Act Against AIDS』(以下、『AAA』)でやった『夷撫悶汰(いぶもんた)レイト・ショー』という、桑田さんがジャズのスタンダードばかりを歌ったイベントですね。そのときに、「ジャズならば」ということで僕にお話をいただいて、ピアノを弾かせてもらったのが最初の出会いです。

島健
島健

―実際にお会いする前は、桑田さんにどんなイメージを持っていましたか?

:それはもう、一般の方々が持っているイメージと同じですよ(笑)。もちろん、デビューの頃から知っていましたし、すごい人だというのは当時から思っていて。だから、『AAA』のお話をいただいたときは、すごく嬉しかったことを覚えています。「おおっ、桑田さんと一緒にできるんだ!」って。

―企画の内容自体もすごかったですよね。イブ・モンタン(1921年にイタリアで生まれ、フランスで活躍したシャンソン歌手 / 俳優)を想起させる謎のシンガー「夷撫悶汰」に扮した桑田さんがジャズを歌うという。

:そのあたりは、さすが桑田さんですよね(笑)。「夷撫悶汰」というネーミングも、すごく面白いなと思ったし。そのときはジャズのスタンダードナンバーばかりを演奏したんですけど、桑田さんはそれまでジャズのスタンダードを、ほとんど歌ったことがなかったみたいなんです。だから、リハーサルが始まってからも、最初のうちは「いやー、やっぱり難しいなー」って、ちょっと悩んでいたようでした。

島健

―そうだったんですか?

:きっと最初はいわゆるジャズボーカルというか、オリジナルに近づけようという思いがあったのかもしれません。でも、リハーサルをやっていて、あるときからふっといつもの桑田さんらしい歌になったんですね。そして、そこからどんどん「桑田流のジャズ」というものができていきました。そのときは、「ああ、さすがだな」って思ったし、一緒にやっていてすごく嬉しかったですね。

―そんな過程があったのですね。

:はい。「桑田流ジャズ」ができあがるまでの過程をずっと見ていて、この人は音楽に対して、ものすごく真摯に取り組む人だし、努力家だし、やっぱりすごいなと思って。それで桑田さんという人の印象が、また一段と高まったというか、非常に好感を持ちました。

Page 1
次へ

プロフィール

島健(しま けん)

ピアニスト、作・編曲家、プロデューサー。1978年に渡米。L.A.にてアレンジを学びながらジャズシーンで活躍。86年に帰国後は、スタジオプレイヤーとして数千曲に及ぶレコーディングに参加する一方、サザンオールスターズ、浜崎あゆみ、中島美嘉、ゴスペラーズ、GLAY、平原綾香、JUJU、森山良子、加藤登紀子など幅広いジャンルのアーティストのアレンジやプロデュースを手掛け、サザンオールスターズ“TSUNAMI”(弦編曲)、浜崎あゆみ“Voyage”(編曲)はレコード大賞を受賞。また、テレビドラマやミュージカル、芝居の作曲、音楽監督など、その活動の範囲は多岐にわたり、ミュージカル『PURE LOVE』の作曲では読売演劇大賞・優秀スタッフ賞を受賞している。最近ではJUJUのジャズアルバム『DELICIOUS』『DELICIOUS 2nd Dish』のサウンドプロデュース、サザンオールスターズ『葡萄』弦・管編曲、ピアノ等を担当。自身のアルバムには『BLUE IN GREEN』『Shimaken Super Sessions』、夫人の島田歌穂とのデュオアルバム『いつか聴いた歌』などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く