特集 PR

あなたはどっち派?社会と自分の関係性 ぬQ×アベキヒロカズ対談

あなたはどっち派?社会と自分の関係性 ぬQ×アベキヒロカズ対談

川崎市市民ミュージアム『&(アンパサンド)がカタチをひらくとき』
インタビュー・テキスト
飯嶋藍子
撮影:豊島望

人間は、純粋に「自分」を表現することができるのだろうか。というか、社会と接していない「自分」ってなんなんだろうか。考えれば考えるほど、思考の渦にはまっていく問答だが、現代の芸術作品は、作家の自己表現から、外部との関わりによって生み出されるものへと変容してきたという。そんな、自身と自身を取り巻く現実との「間=&(アンパサンド)」に意識的な6作家を紹介する『&(アンパサンド)がカタチをひらくとき』が川崎市市民ミュージアムで開催されている。

今回、同展に参加するアニメーション作家・ぬQと、グラフィックデザイナー・アベキヒロカズに、「誰のため」に作品を作るのか、二人と作品、他者との関わり方について語ってもらった。アイデアの着想も創作の道のりも、全く真逆といっていい二人が語る「デザインの可能性」に接すると、日常を見る視点が広がるかもしれない。

クライアントワークの中で、自分を満足させるにはどうする?

―今回「間=&(アンパサンド)」がひとつのテーマになっていますが、出展にあたって、どういったことを意識されましたか?

ぬQ:映像って今はYouTubeやスマートフォンのアプリでいくらでも無料で見ることができますよね。そんな中、わざわざ会場に足を運んでもらって、ここへ来て良かったと思ってもらうためには、「ここでしか見られないもの」が必要だと思いました。

ぬQ
ぬQ

―「ここでしか見られない」というと、ただ単に新作だとかいうわけではなく?

ぬQ:映像を普通に投影するだけだと、手持ちのデバイスで見る映像と比べて、スクリーンの大きさの違いしかないので、展示空間でしか見せられない立体感や質感を大切にしています。今回は川崎市市民ミュージアムにある馬形の埴輪をお借りして、そのおしりに映像を投影したり(笑)、場所に合わせたことをやっています。

『&(アンパサンド)がカタチをひらくとき』 / 木戸龍介の出展作品。お香やろうそくなどもろく壊れやすい身近な素材を用いて会場の環境に合わせたインスタレーションを行う。
『&(アンパサンド)がカタチをひらくとき』 / 木戸龍介の出展作品。お香やろうそくなどもろく壊れやすい身近な素材を用いて会場の環境に合わせたインスタレーションを行う。

アベキ:あれは本当に面白いですよね。穴にシュッと映像が入っていくところに唸らされました(笑)。

アベキヒロカズ
アベキヒロカズ

―アベキさんはご自分で編集された本を展示していますよね。

アベキ:はい、あれは『アベッキータイムズ』という題名で、昨年の春まで1年間留学していたサンフランシスコで起こったことを、新聞仕立てにまとめたものです。

もともとは帰国したときに、お世話になった方々へのお土産として作ったんですが、グラフィックデザイナーの自分がライターもこなして、エディトリアルの領域にも片足をつっこみ、旅行記のようなガイドブックのような写真集のような「ジャンルの狭間」で生まれたへんてこな本なので、ある種のアートとしてこういうミュージアムで展示すると面白いんじゃないかと思って。

アベキが留学中にFacebookに投稿した1年間の出来事を写真と文章でまとめた『アベッキータイムズ』
アベキが留学中にFacebookに投稿した1年間の出来事を写真と文章でまとめた『アベッキータイムズ』

―展示の紹介文には、「今日、芸術が純粋に『私』を表現したものとしてではなく、『私』以外の他者、場所、時間といった取り巻く現実との関係性によって生み出されるものへと変容してきた」と書いてあります。『アベッキータイムズ』は、かなりパーソナルな作品だと思うのですが、最初はお土産にしようという、他者の存在があるから生まれたものなわけですよね。そこで「純粋な『私』」って一体なんだろうと思って。

ぬQ:そもそも「純粋に『私』を表現する」っておかしいですよね。山奥で完全に自給自足生活をしていない限りは、他者と関わり合わないことなんてないですし、そういう意味でみんな社会的だと思うんです。でも、他者が関わる比率が上がるか下がるか、というのはあると思いますね。

―他者の比率が上がったほうが刺激的だったりするんですか?

ぬQ:アウトプットの内容によると思います。「自分」が100%出ていてもつまらない作品もあるし、かといって人の満足のためだけに作られた作品も魅力がないと思うんですよね。

アベキ:そうですよね。僕は、10年ぐらいグラフィックデザイナーをやっている中で心がけていることがあって。それは、「三人のクライアント」を満足させるというものなんですけど。

―「三人のクライアント」ですか?

アベキ:はい。一人目は直接お仕事をくださった「クライアント」が満足すること。二人目は「自分」が満足すること。自分自身をいかにわくわくさせられるかということですね。三人目は、唐突ですけど「神様」。デザインとか芸術の神様がいるとしたら、その人が「うんうん」って笑って頷いてくれるものがあると思うんですよね。「クライアント」を満足させるのは当然として、「自分」も「神様」も喜ばせることができたら、それが理想だと思います。

アベキヒロカズ

―色々な目線をそれぞれ満足させるという。ぬQさんは、そういう感覚的に信じているものはありますか?

ぬQ:私は学生時代に教わった先生たちの存在ですかね。「こんなのだったら先生に怒られる」とか「これならきっと先生もいいと思ってくれる」とか、そういう基準がまだ少し心の中にあるかなと思います。それもまた、自分を支えるものが自分の外側にあるということですよね。

―アベキさんのいう神様みたいなものに近いかもしれないですね。でも、クライアントワークで自分をしっかり満足させるのって難しくないですか?

ぬQ:私の場合は、「ぬQの作風」を尊重していただいた上でお仕事をいただくので、クライアントワークもアートワークもあまり変わらないです。オーダーされたことを想像しながら、上空を見ていると何かしらのアイデアが出てくるんですよ(笑)。

アニメーション制作はすごく体力を使うので、ランニングして体を鍛えているんですけど、クライアントのオーダーと私のアイデアのストックが、走る振動に合わせてミックスされてかたちになってくるんです。

左から:ぬQ、アベキヒロカズ

アベキ:すごい技ですね……。真似できない(笑)。僕の場合は、「自分の世界」ってたかが知れていると思っているから、行き詰まったら他の誰かになりきります。「イメージプレイデザイン法」って名付けてるんですけど、例えば自分が憧れているデザイナーならこの時何を考えるか、どう捉えるかとか、勝手に想像するんです。そうすると通常自分が考えるものと全く違う表現が出てくる。駆け出しの頃、まだ自信がなかったときに、自分がどうデザインのフィールドで戦えるかという中で編み出したひとつの方法ですね。

―でも、たくさん想像するためにも知識の蓄積が必要ですよね。

ぬQ:そうですよね。アベキさんはどういうふうにインプットをされているんですか?

Page 1
次へ

イベント情報

『&(アンパサンド)がカタチをひらくとき』

2016年8月4日(木)~9月25日(日)
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム アートギャラリー1、2、3
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
出展作家:
アベキヒロカズ
大原崇嘉
木戸龍介
桑田恵里
ぬQ
柳川智之
休館日:月曜(9月19日は開館)、8月12日、9月20日、9月23日
料金:一般300円 大学生・高校生・65歳以上200円
※中学生以下無料

プロフィール

アベキヒロカズ

1979年、福岡県出身。東京造形大学メディア造形専攻アート・アンド・メディアテクノロジー・コース卒業。2002年から2010年までデザイン事務所に所属。2010年、アベキノデザインを設立。2012年、こまつ座『井上ひさし生誕77フェスティバル2012』アートディレクション、2013年、川崎市市民ミュージアム『新世代アーティスト展in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク』選定グラフィックデザイナー。情報編集という視点から、企業やプロジェクトのロゴをはじめ、多くの展覧会や劇場公演の宣伝美術、書籍のアートディレクション、デザインを手掛ける。2014年アメリカ・サンフランシスコに留学。

ぬQ(ぬきゅー)

1987年、東京都出身。アニメーション作家。修了制作のアニメーション『ニュ~東京音頭』が第18回学生CGコンテスト最優秀賞を受賞、第16回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出されるなど、国内外で上映多数。pixivZingaro(東京)やシブカル祭(バンコク)など国内外の展覧会で作品発表をしながら、チャットモンチーのミュージックビデオや、ローソンのキャンペーン広告などクライアントワークも手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも