特集 PR

思考停止のススメ。大駱駝艦・田村一行が語る「空っぽ」の重要性

思考停止のススメ。大駱駝艦・田村一行が語る「空っぽ」の重要性

あうるすぽっと+大駱駝艦プロデュース『はだかの王様』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:田中一人 編集:飯嶋藍子

「舞踏」もしくは「暗黒舞踏」という踊りをあなたは知っているだろうか? 1950年代に土方巽という振付家が創出した舞踏は、バレエやモダンダンスのような飛んだり跳ねたりする身体ではなく、地面に倒れ伏してしまうような身体のあり方に、踊りの新しい可能性を発見し、世界中のダンサーたちに大きな影響を与えた。

土方の遺志を受け継ぎ、現在も多くの表現者が新たな舞踏を発表しており、麿赤兒(まろ あかじ)が主宰する「大駱駝艦」は、その代表的なカンパニーの一つである。男女が全身を白塗りして踊る世界観は、一種異界的なものにも映る。だが、そこには人間の身体・社会に対する鋭い洞察と、人間讃歌とも言うべきメッセージが込められている。

今年の夏、そんな大駱駝艦がユニークな作品を発表する。中心メンバーの田村一行が振付・演出を務め、自らも出演する『はだかの王様』は、なんと家族で楽しめる舞踏作品になるという。前衛というイメージが強い大駱駝艦が、子どもたちに届ける舞台とは、いったいいかなるものだろうか? 稽古後の田村に聞いた。

『はだかの王様』には元になった説話集があってその内容は僕らが知っているものとだいぶ違うんです。中世ヨーロッパの社会制度を揺るがすような仕掛けが込められていた。

―大駱駝艦というと、全身白塗りにした男女が登場するアングラな舞踏……というざっくりとした印象があります。それが今回、子ども向けの作品、しかも『はだかの王様』を作るということにまずびっくりしました。「大駱駝艦って、そもそも裸じゃないか!」と。

田村:約1年前にあうるすぽっとからの依頼で制作を始めたのですが、たしかに「最初から裸だよ!」というのはちょっと思いました(笑)。そこであらためて「裸とは?」と考えてみたら、裸って奥深いものなんですよ。

田村一行
田村一行

―裸は奥深い。それは例えばどういうことでしょう?

田村:僕は田村一行という40歳の日本人の男ですが、例えば「自己紹介してください。あなたは何者ですか?」と問われたら、名前とか、国籍とか、父親の仕事とか、いろんな視点で自分のことを説明しようとしますよね。要するに、自分の周りにある物事でしか、自分っていう存在は表現・説明できないんです。じゃあ、もしも「本当の自分」を露わにするために、自分を説明する外的な要素をどんどんはぎ取っていくとしたら、最後には何が残るのか? それは僕にとっての関心でもあるんです。

―それは、どういった部分に関心を抱かれているんでしょうか?

田村:自分のほとんどが外側のものから作られているとしたら、自分という存在は空っぽの空洞である。周囲のものにかたち作られて、動かされ、立っている、という考えが大駱駝艦のやっている舞踏の根本にあるんです。その点で、大駱駝艦と『はだかの王様』がぱっとつながった感じがします。この作品を僕が演出して踊るとすれば、身振りとか、それまでの経験を全部失った王様がどんな動きを生み出すことができるのかについて考えたい……それがスタート地点でした。

―なるほど。

田村:そうやって考えていくと、裸になることは、逆に「裸を着る」こととも言えると思います。身体に白塗りするという行為は、何かを足していることでもあり、個人というものを削いでいく行為でもあると思うんです。そういう意味で、大駱駝艦=白塗り&裸という既成概念を考え直す機会が、『はだかの王様』なのかもしれないです。

『はだかの王様』ポスタービジュアル
『はだかの王様』ポスタービジュアル

『はだかの王様』メインビジュアル(撮影:園田昭彦)
『はだかの王様』メインビジュアル(撮影:園田昭彦)

―今回の『はだかの王様』は、原作であるアンデルセンの『皇帝の新しい服』の物語に忠実な内容になるのでしょうか?

田村:基本的には忠実です。アンデルセンの『皇帝の新しい服』には元となった説話集があって、その内容は僕らが知っているものとだいぶ違うんですよ。「バカには見えない服」はもともと説話集では「自分の父親と血がつながっていないと見えない服」という設定で、世襲制で王位が継承されていった中世ヨーロッパの社会制度を揺るがすような仕掛けが込められていた。それに、最後に「王様は裸だ!」って叫ぶのも、子どもではなくて、自分は失うものを持たない身分だと言っている馬丁で、それに対して王様は怒り狂うんです。そういった話も参考にしています。

―通常知られている『はだかの王様』よりも、かなり政治的で恐ろしい話なんですね。

田村:そう、とても血生臭いです。着るものによって属性を得た人が身につけるものをはぎ取られることで、全部のアイデンティティーを剥奪されてしまう、という内容なんです。

田村一行

―大駱駝艦には「天賦典式(てんぷてんしき)」という、「この世に生まれ入ったことこそ大いなる才能とす」という意味の、全てを肯定する様式がありますが、そこにも『はだかの王様』との接点がある気がします。

田村:別の演出家が作れば、もっと違うところに関心を向けると思うのですが、僕が一番リアリティーを持てるのは、そういうところなんですよね。すべてを失ってしまった人間が、何もない更地に立たされたときにどうなるんだろう、とか。地球が滅んじゃって、最後の一人になった人が素っ裸でポツンと立っているとしたら、その人は本当に存在しているのかな、とか。今回の『はだかの王様』は、ある種の孤独さがテーマになると思います。

Page 1
次へ

イベント情報

あうるすぽっと+大駱駝艦プロデュース
『はだかの王様』

2016年8月25日(木)~8月28日(日)
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
原作:アンデルセン(『皇帝の新しい服』より)
振付・演出:田村一行
監修:麿赤兒
出演:
田村一行
我妻恵美子
松田篤史
高桑晶子
塩谷智司
湯山大一郎
若羽幸平
小田直哉
阿目虎南

関連企画
『はだかの王様ってどんな服?』

あうるすぽっとでは、新しい服が大好きな「はだかの王様」に、王冠と服を描いて投稿するぬりえ企画を実施中。応募いただいたぬりえは、特設の「はだかの王様ギャラリー」に掲載されるほか、応募者の中から抽選で5名様に特製王冠バッジがプレゼントされる。

プロフィール

田村一行(たむら いっこう)

舞踏家・俳優・演出家。1998年大駱駝艦に入艦。舞踏家・俳優である麿赤兒に師事。2002年より大駱駝艦のスタジオ「壺中天」にて、自らの振付・演出作品の創作を開始。2008年文化庁新進芸術家海外留学制度により、フランスを拠点に活躍する振付家、ジョセフ・ナジの元へ留学。小野寺修二、宮本亜門、白井晃、渡辺えりの舞台など客演も多数。2016年8月25日(木)よりあうるすぽっとにて『はだかの王様』を上演する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影